携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> インタビュー> バンプレストとモノリスソフトが生み出す新たなRPG!『無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ』【映像インタビューつき】

バンプレストとモノリスソフトが生み出す新たなRPG!『無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ』【映像インタビューつき】

2008/1/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

『スーパーロボット大戦 オリジナルジェネレーション』シリーズのDNAを受け継ぐRPG!!

 バンプレストとモノリスソフトが共同で開発中の、新感覚RPGが登場! 本作の舞台は、2007年に発売された『スーパーロボット大戦OG オリジナルジェネレーションズ』の世界と密接な関係がある、エンドレス・フロンティア。プレイヤーはこの世界のバウンティハンター、ハーケンを操り、多くの仲間たちとともに冒険することになるのだ。

 また、週刊ファミ通2008年1月25日・2月1日合併号(2008年1月11日発売)で、バンプレスト、モノリスソフト両社の開発陣4名のインタビューを掲載するぞ! 今回は、その4名からのコメントを映像でお見せするぞ!

インタビュー動画はこちらのページから!

再生には、Windows Media Playerが必要です。

 

無限のフロンティア

無限のフロンティア

株式会社バンプレソフト
本作の担当:スーパーバイザー
寺田貴信(てらだ たかのぶ)

株式会社バンプレスト
プロデューサー
塚中健介(つかなか けんすけ)

無限のフロンティア

無限のフロンティア

株式会社モノリスソフト
開発プロデューサー
石谷浩二(いしたに こうじ)

株式会社モノリスソフト
開発ディレクター
森住惣一郎(もりずみ そういちろう)

 

 

主人公 バウンティハンター
ハーケン・ブロウニング
(声:檜山修之)

無限のフロンティア

本作の主人公。"ロストエレンシア"出身のバウンティハンター(賞金稼ぎ)で、地上戦艦"ツァイト・クロコディール"の艦長でもある。銃、ブレード、パイルバンカーが内蔵された武器"ナイトファウル"と、拳銃"ロングトゥーム・スペシャル"を使いこなす。クールでニヒルな、23歳の青年だ。

 

"神楽天原"のお姫様
楠舞神夜(なんぶ かぐや)
(声:ゆかな)

無限のフロンティア

本作のヒロインで、"神楽天原(かぐらあまはら)"の皇族、楠舞家の姫。歳は18歳。家のしきたりにより、全国行脚をしていたところ、ハーケンと出会う。身の丈ほどもある巨大な霊刀、"護式・斬冠刀(ごしき・ざんかんとう)"と花札を使って戦う。

 

鬼一族の姫
錫華姫(すずかひめ)
(声:能登麻美子)

無限のフロンティア

"神楽天原"に棲む、鬼一族の姫。神夜のお目付け役として、彼女と行動をともにする。戦闘時は、"戦術からくり"と呼ばれるロボット"邪鬼銃王(ジャキガンオー)"を操って戦う。

 

戦闘用アンドロイド
アシェン・ブレイデル
(声:清水香里)

無限のフロンティア

"ロストエレンシア"出身のアンドロイド。主人公ハーケンの部下で、彼と行動をともにする。ショットガン内蔵の足を使った蹴り、ロケットパンチなどの格闘攻撃が得意。熱暴走すると、額、胸、腿の部分が露出され、顔つきや性格が別人のように変わってしまうぞ。

 

仲間たちと出会いながら、エンドレス・フロンティアを冒険せよ!

プレイヤーは、主人公であるハーケンを操り、複数の世界で構成されているエンドレス・フロンティアを冒険するのだ。機械工学が発達した"ロストエレンシア"、魔法技術が進んでいる"エルフェテイル"など、まったく毛色の異なる多彩な世界を歩むことになるぞ。

無限のフロンティア

無限のフロンティア

移動は、このようなマップ画面で行うのだ。意味深なオブジェが立ち並んでいるが……?

街での一場面。どの場所を訪れるのかを選択しながら、シナリオを進めていくのだ。


     

アクション性の高い戦闘システム!!

本作の特徴のひとつが、ボタン入力でつぎつぎと技をくり出していく、アクション要素が満載の戦闘システムだ。キャラクターの音声やカットインとともに、迫力のバトルが展開するぞ。ここではそんな戦闘シーンをご紹介!

無限のフロンティア

無限のフロンティア

フィールドを歩いていると敵と遭遇する、ランダムエンカウント方式を採用。敵と出会うと、マップ画面から戦闘シーンに移行する。

簡単操作の爽快なコンボで、立ちはだかる敵を撃破していこう! ふたり同時の攻撃も行えそうだが……?

無限のフロンティア

無限のフロンティア

敵を高く浮かせてから空中コンボで追い討ちといった、アクロバティックな戦いが楽しめるぞ。

ゲーム中には、謎のロボットが登場することも判明! "援護攻撃"とあるので、これは味方なのだろうか!?

 

 

無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
バンプレスト ニンテンドーDS

発売日

2008年春発売予定

価格

価格未定

テイスト/ジャンル

ファンタジー・ロボット/RPG

備考

プロデューサー:塚中健介、開発プロデューサー:石谷浩二、開発ディレクター:森住惣一郎、スーパーバイザー:寺田貴信、メインキャラクター・メカデザイン:斉藤和衛、キャラクターイラスト:河野さち子、開発:モノリスソフト


※詳しくは週刊ファミ通2008年1月25日・2月1日合併号(2008年1月11日発売)をチェック!

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『エースコンバット7』発売直前インタビュー! マルチプレイ要素のコツは? 勲章を埋めるには? 気になることを3人のキーマンに直撃

2019年1月17日、プレイステーション4版とXbox One版が発売を迎える『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』。ゲームの発売を祝して、ブランドディレクター・河野一聡氏を始めとする3人のキーマンにインタビューを実施した。

『ラグナロクオンライン』スパノビ、拳聖、リンカー上位職の実装が見えてきた! 2019年のアップデート計画を運営チームに訊く

正式サービス16周年を迎えたPC用オンラインRPG『ラグナロクオンライン』。2019年のアップデート計画に関するインタビューを実施した。

『御城プロジェクト:RE』に“ラボメン”が登場! 『シュタゲ』のキャラクター出現率がアップする“コラボ招城”が開催

DMM GAMESは、『御城プロジェクト:RE』について、本日(2019年1月15日)より、『STEINS;GATE』×『御城プロジェクト:RE』コラボキャンペーンを開催することを発表した。

『キングダム ハーツIII』渋谷駅や新宿駅に巨大キーブレードなどの“STATION GALLERY”が登場! 19日からは、カウントダウン動画も公開

スクウェア・エニックスは、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『キングダム ハーツIII』において、2019年1月16日から渋谷駅や新宿駅に“STATION GALLERY”の掲出と、発売6日前からは、カウントダウン動画を公開することを発表した。

“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018年間大賞”は『ゾンビランドサガ』に決定!

ドワンゴは、同社が運営する動画サービス“niconico”で、2018年アニメ年間大賞を選ぶニコニコアンケート“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙 2018年間大賞”を2019年1月13日に実施。138080人の回答の結果、年間大賞は秋アニメの『ゾンビランドサガ』となった。

『エースコンバット7』誰でも飛べる攻略企画で初めてでも安心! クルビットのやりかたも教えます【先出し週刊ファミ通】

フライトシューティング最新作『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』。週刊ファミ通2019年1月31日号(2019年1月17日発売)では、本作の発売記念特集をお届け!

『バイオハザード RE:2』“The 4th/豆腐 サバイバー”の情報もお届け! 本作の魅力をお伝えする発売直前特集【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年1月31日号(2019年1月17日発売)では、カプコンのサバイバルホラー『バイオハザード RE:2』の続報をお届け!

『ホラーSENSE 〜だるまさんがころんだ〜』PS VR専用ホラーゲームが1月25日配信開始! “だるまさんがころんだ”で、動いたら死ぬ!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年1月31日号(2019年1月17日発売)では、プレイステーション VR専用配信タイトル『ホラーSENSE 〜だるまさんがころんだ〜』を紹介。

『釣りスタ ワールドツアー』人気アプリが本格派釣りアクションゲームになってNintendo Switchで登場!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年1月31日号(2019年1月17日発売)では、Nintendo Switchの配信専用タイトル『釣りスタ ワールドツアー』を紹介。

2018年発売・配信の優良作品がここに!“クロスレビュー殿堂入り ソフトカタログ 2018年下半期(7月〜12月)”【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年1月31日号(2019年1月17日発売)では、2018年に発売および配信されたソフトの中から、本誌週刊ファミ通の“新作ゲーム クロスレビュー”のコーナーで見事殿堂入りを果たした優良作品をピックアップ! 第2弾は、2018年下半期(7月〜12月)にリリースされ、クロスレビューで扱ったゲームが対象です。