携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> インタビュー> 『機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威』人気シミュレーションの最新作が登場!!【映像インタビューつき】

『機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威』人気シミュレーションの最新作が登場!!【映像インタビューつき】

2007/11/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●『ギレンの野望』シリーズ、待望の最新作

 テレビアニメ『機動戦士ガンダム』の世界設定を忠実に再現した、人気シミュレーションゲーム『ギレンの野望』シリーズ。5年の歳月を経て、シリーズ最新作となる『機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威』が登場するぞ!! シナリオ、ユニットともに追加され、大幅にボリュームアップした本作の魅力をお届け! 

 また、週刊ファミ通12月14日号(11月30日発売)で、『ギレンの野望』シリーズを手掛けるプロデューサー・牛村憲彦氏のインタビューを掲載。今回、そのインタビューの一部をピックアップして映像で配信するぞ。ここでしか見られない特別な映像なので、ぜひともご覧あれ!

インタビュー動画はこちらのページから!

再生には、Windows Media Playerが必要です。


牛村憲彦

『ギレンの野望』プロデューサー
牛村憲彦
(うしむらのりひこ)

初代『ギレンの野望』から、いままでの全シリーズの製作を手掛けているプロデューサー。『ギレンの野望』を誰よりも深く知る人物だ。


新たに2作品のシナリオが追加

前作の『機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜』では『機動戦士Zガンダム』までが収録されていた。今回は、『機動戦士ガンダムZZ』と『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のシナリオが追加。ユニットの種類も大幅に増えているぞ。

バウ

『機動戦士ガンダムZZ』より。『機動戦士Zガンダム』で描かれた"グリプス戦役"の直後、宇宙世紀0088年。地球圏の制圧を目論むアクシズ(ネオ・ジオン)と、彼らの侵攻を阻止せんとするエゥーゴとの争いが描かれる。劇中では、アクシズは内紛によってふたつに分裂したが……!?

ギレンの野望

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より。宇宙世紀0093年、ネオ・ジオンの総帥として決起したシャアは、小惑星アクシズを地球に落下させようとするのだ。シャアを止めるため、アムロたちロンド・ベル隊が出撃。シャアとアムロの宿命の戦いに決着がつく!

  

5つの陣営が選択可能!

前作では、ゲーム開始時は連邦軍とジオン軍のどちらかしか選べなかったが、今回は始めから5つの軍勢が選択できるのだ。ZZガンダムなどを早く拝みたければ、グリプス戦役からプレイしよう!

一年戦争  連邦軍

ギレンの野望

南米のジャブローに総司令部を置く、地球の軍隊。組織としての規模は非常に巨大で、物量ではジオン軍を圧倒しているのだ。

一年戦争 ジオン軍

ギレンの野望

サイド3というコロニーを本拠とする国家。モビスルーツという画期的な兵器を開発し、地球連邦に対して独立戦争を挑む。

グリプス戦役 エゥーゴ

ギレンの野望

連邦軍のブレックス准将を中心に立ち上がった、反ティターンズの組織。ハヤト・コバヤシの所属するカラバと協力関係にある。

グリプス戦役 ティターンズ

ギレンの野望

ジャミトフが、ジオン残党狩りを名目に設立した、連邦軍のエリート組織。目的のためならば手段を選ばない非情な集団だ。

グリプス戦役 アクシズ

ギレンの野望

小惑星に手を加えた基地アクシズを拠点とする組織。ジオンの血を引くミネバを擁し、ハマーンが摂政として実権を握る。

  

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威
バンダイナムコゲームス プレイステーション・ポータブル

発売日

2008年2月7日発売予定

価格

6090円[税込]

テイスト/ジャンル

アニメ・ロボット/シミュレーション

備考

プロデューサー:牛村憲彦


※詳しくは週刊ファミ通2007年12月14日号(2007年11月30日発売)をチェック!

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

闘いの神が集う! 対戦ゲームの祭典“闘神祭”ブースリポート【闘神祭2017】

タイトーが主催する、アーケードゲームを中心とした対戦ゲームのナンバーワンプレイヤーを決める“闘神祭 2017 CHAMPIONS CARNIVAL”がついに開催。本記事では、会場となった東京ビッグサイトTFTホールの出展ブースの模様をリポートする。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナル DAY2リポート eiNsは韓国チームに圧勝

2017年10月22日(日)、オーストラリアにて“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals”の最終日・DAY2が開催された。DAY1を勝ち抜いた日本のチーム“eiNs”の奮闘を中心に、その激戦の模様をお伝えしていく。

『BBCF』、『GGXrdR2』日本最強タッグ&チームが決定! 全国各地の代表選手による決勝大会をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、東京都お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“あーくれぼ2017in闘神祭”の決勝大会が実施された。

『レインボーシックス シージ』アジア太平洋地域プロリーグで日本チーム“eiNs”が優勝! 世界大会“ワールドファイナル”、“Six Invitational 2018”出場が決定

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day2”が、オーストラリアで開催。同大会で、日本チーム?eiNs”が優勝を果たした。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。