携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> インタビュー> クリエーターインタビュー【3】 『キングダム ハーツ コーデッド』

クリエーターインタビュー【3】 『キングダム ハーツ コーデッド』

2007/10/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●携帯電話で“あの日”が語られる

 携帯電話で開発されているネットワーク対応のRPG、『キングダム ハーツ コーデッド』。物語の舞台となるのは、『キングダム ハーツ』の冒険を記したジミニーメモ(『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』でほぼ白紙に)をデータ化した世界だ。

 本誌週刊ファミ通2007年10月12日号(2007年9月28日発売)では、同作のディレクター野村哲也氏、Co.ディレクター田畑端氏にインタビューを行った。今回は、そのインタビューの完全版を掲載するぞ。


――今回発表されたほかの2作品のグラフィックと比べても遜色ないクオリティーですが、想定されている携帯電話はどのあたりを?

田畑端(以下、田畑) まだ未定なんですが、『FF アギトXIII』に近いスペックで開発しています。

――本作のコンセプトは?

野村哲也(以下、野村) 本作に限定したコンセプトではないんですがファンの遊び場を作りたかったんです。田畑はディズニーランドにしたいと言っていますけど。いろいろなアトラクション(=コンテンツ)があって、そのひとつに本作があるというイメージです。

田畑 そもそもの発端は、野村が深夜、ホワイトボードで携帯電話のコンテンツでこんな構想がある、という説明から始まったんです。

野村 その時点では、『キングダム ハーツ』シリーズでやろう、ということは考えていませんでした。ただ、こういった構想があって……みたいな話から始まって……。

田畑 その構想がすごくおもしろそうだったんです。せっかくだから、『キングダム ハーツ』でやりましょう、ということになったんです。

野村 本作は配信形式で物語が広がっていきますが、臨機応変にいろいろな要素を追加していこうと思っています。『ビフォア クライシス -FFVII-』や、『MONOTONE』で、さまざまなシステムのバトルやエピソードを追加していったように、本作ではそれらから得たノウハウと考え得る新しい試みを盛り込んで、自分のモバイルゲームの集大成にしようと思っています。


――本作には大きな構想があるんですね。設定的には、『キングダム ハーツII』のあとのお話ということですが。

野村 はい。ただ、物語のメインのデータ化されたジミニーメモが舞台なので、『キングダム ハーツ』第1作目のソラが登場しています。このソラ自身も本物のソラではなく、データ上のものです。といっても無機質な存在ではなくて、いままで冒険したソラの記憶がデータ上で過去の真実を解き明かしていきます。

――では、感覚的には本物のソラと変わりないソラで冒険を楽しめるということですね。現実世界のお話も展開していくのですか?

野村 現実世界のお話も若干されると思います。想定している物語はありますが、そこからどれだけ広がっていくかは、どれほどのユーザーが遊んでいただけるかにもよります。

――『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』も『キングダム ハーツ』で体験したワールドを巡る冒険でもありました。同じ冒険を記したジミニーメモのデータ化した世界の物語と、どこが大きく異なってくるのでしょう?

野村 『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』はソラの記憶から構成されたワールドを追体験する内容でした。それとは異なり、本作ではバグに侵食されていくデータ化された世界で、物語の新しい一面を知ることができるんです。その過程で、いままで謎になってた『キングダムハーツ』のときに王様はどこに行っていたのか、リクはどうしていたのか、といったことなどが語られます。

――“彼らの痛みを癒す”という“彼ら”とはいままで登場してきた人物たちですか?

野村 さすがにそこは現時点ではお答えできません。登場する敵もデータ化されたハートレスですが、はたして本当の敵は誰なのか、という部分も合わせて、いまはまだ話せませんね。


――バトルはどうなるのでしょう?

田畑 『キングダム ハーツ』シリーズは爽快感あるバトルが特徴ですが、携帯電話のボタン操作をシンプル化し、その感覚を出していきます。さらに新しい要素も入れようと思っています。その一例が"デバッギングモード"で、これはバグを駆逐するための、ある意味インチキができるシステムだったりします。

――通信機能を活かした要素はどんなことをお考えですか?

田畑 プレイヤーどうしの世界を行き来できるようにしようと思っています。たとえば、Aというプレイヤーの世界がバグに侵食されて、先に進めなくなったとしても、Bというプレイヤーの世界から問題を解決して、また自分の世界に戻ってくる、といった相互の干渉し合える、または、いっしょに世界を共有できるようなシステムを開発中です。

――バグによる侵食は1日ごとに広がっていくというようなイメージですか?

田畑 そうなるかもしれません。コンセプトのひとつとして、1日に1回、様子を見に来てほしいという想いもありますので。

――最後にひとことお願いします。

田畑 シリーズの中でもすごくカジュアルに遊べるゲームになりますので、初めて『キングダム ハーツ』に触れる人も楽しめると思います。

野村 本作を含め、皆さんが楽しめる遊び場を用意しようと思っています。遊べるのはもう少しさきになると思いますが、オープンの日を楽しみにしていただければと思います。

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

フィギュアとゲームが融合した新種のエンターテイメント! 『スターリンク バトル・フォー・アトラス』プレイ&ステージリポート【UBIDAY2018】

2018年10月14日に東京・ベルサール秋葉原にて開催された”UBIDAY2018”。ステージイベントでは発売日も公開され、ひときわ注目を集めていた『スターリンクバトル・フォー・アトラス』について、会場でのプレイレビューとステージイベントの模様をリポートする。

【技動画あり】クラウドのリフレッシュや、観戦機能の拡充など新情報満載! “【2018.10.15】DFFアーケード&NT合同公式生放送”速報

2018年10月15日の20時よりYouTubeにて配信された“【2018.10.15】DFFアーケード&NT合同公式生放送”。この放送で公開された、AC版『ディシディア ファイナルファンタジー』と、PS4版『ディシディア ファイナルファンタジー NT』のアップデートの情報を総括。

トレーナーたちを巻き込んだ演出で会場が熱狂の渦に! 『ウマ娘 プリティーダービー』 2ndイベント“Sound Fanfare!”リポート

2018年10月14日、千葉県・幕張メッセにて、『ウマ娘 プリティーダービー』 2ndイベント“Sound Fanfare!”が開催された。

【ストV AE】「SEAM2018」アジア地域決勝大会はガチくんが優勝!【CPT】

2018年10月13日、14日にシンガポールで開催された格闘ゲーム大会“South East Asia Major 2018(SEAM2018)”。13日に地域オープン大会が、14日にはアジア地域決勝大会が実施された。

ブラック・ジャック、アトム、火の鳥が萌えキャラに。手塚治虫キャラ美少女化プロジェクトのスマホ向け新作ゲーム『絵師神の絆』ティザーサイトオープン

コンパイルハートが制作し、フォワードワークスが配信する、iOS/Android用ソフト『絵師神の絆』のティザーサイトがオープンした。

ガストカレンダー2019年版が登場。『アトリエ』シリーズなどの描き下ろしイラスト満載!

コーエーテクモゲームスは、“ガストカレンダー2019”の予約受付を、ガストショップにて開始した。

『金色のコルダ オクターヴ』攻略対象キャラクター全22名が揃った2種類のキービジュアルやイベントスチル、リズムアクションの詳細などの最新情報が公開

コーエーテクモゲームスは、2019年2月14日発売予定のプレイステーション Vita、Nintendo Switch、PC(Steam)用ソフト『金色のコルダ オクターヴ』について、攻略対象キャラクター全22名が揃った2種類のキービジュアルなどを公開した。

『ドラゴンクエストビルダーズ2』“ビルダー体験ツアー”で新たな冒険の舞台などの新情報が明らかに!

千葉県・イオンモール幕張新都心で行われた、『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』の先行試遊イベント“ビルダー体験ツアー2018”。ここで判明した新情報などをまとめてお届け!

クッパのイメージはスッポン。任天堂のキャラクタービジュアルの礎を作った、小田部羊一氏がみずからの仕事をふり返る

2018年10月13日(土)、京都国際マンガミュージアムにて“小田部羊一氏トークショー 〜ハイジからチエ、そしてマリオへ〜”が開催された。数々の名作アニメーションを手掛けたのち、任天堂に活動の場を移し、『マリオ』を始めとしたキャラクターを監修した小田部氏の創作活動をふり返る、この貴重なイベントをリポートする。

“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙 2018 夏”人気ナンバー1アニメは『はたらく細胞』、キャラクターは“血小板”に決定!

ドワンゴは、同社が運営する動画サービス“niconico”で、2018年夏アニメ作品の中から、人気ナンバー1 アニメ作品と人気ナンバー1 アニメキャラを選ぶニコニコアンケートを2018年10月13日18時〜22時まで実施。13万7073人の回答があった本アンケートにおいて、もっともおもしろかった夏アニメは『はたらく細胞』、好きなアニメキャラクターは“血小板(『はたらく細胞』)”となった。