携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> インタビュー> クリエーターインタビュー【2】 『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』

クリエーターインタビュー【2】 『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』

2007/10/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●秘められし目覚めの物語

 『キングダム ハーツII ファイナル ミックス』のシークレットムービーで描かれた者たちの戦いを描くRPG、『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』。本作は、プレイステーション・ポータブルで綴られる『キングダム ハーツ』という壮大な物語のひとつだ。

 本誌週刊ファミ通2007年10月12日号(2007年9月28日発売)では、同作のディレクター野村哲也氏、Co.ディレクター安江泰氏、Co.プロデューサー吉本よういち氏にインタビューを行った。今回は、そのインタビューの完全版を掲載するぞ。


――開発は『キングダム ハーツ Re:チェイン オブ メモリーズ』(以下『Re:COM』)に引き続き大阪のチームが手掛けていますね。

野村哲也(以下、野村) じつは、かなりまえから開発自体はスタートしていて、『Re:COM』が当初の予定よりかなりボリュームアップしたため、いったん中断していたんです。

――では、かなりまえからプロットはできていて、そのイメージが『キングダムハーツII FM』のシークレットムービーのあの映像だと。

野村 はい。

――本作は、1作目の『キングダム ハーツ』の直前の物語、というわけではないんですよね?

野村 直前ではないですね。といってもかなり昔の話でもないです。

――テラたち3人のキャラクターの名前には何か意味があるんですか?

野村 名前の由来はテラは大地、ヴェンは風という感じです。ただ、ヴェンは通称で本名はもっと長いんです。


――マスター・ゼアノートと呼ばれている老人は、『キングダム ハーツII』のゼアノートとは、容姿も年齢も違います。また、ロクサスに似た人物は、ロクサスとは何か関係が?

野村 それぞれのキャラクターが何者なのかという謎は、物語のキモでもありますので、いろいろ想像していただければと思います。

――3人が師事するキーブレードマスターも、いままでのシリーズで登場したことのない人物ですか?

野村 はい。

――物語は、この3人を中心に進んでいくことになるんですよね?

野村 はい。物語的にはかなり複雑でシリアスになります。これはシナリオを担当した渡辺(大祐)が得意としているところです。ちなみに、その渡辺が他の2タイトルのシナリオも監修しています。また、システム的には、本作は3人それぞれの視点で物語が進んでいくということにも挑戦しています。

――個々の物語がそれぞれ、つまり3本のシナリオで展開していく、と?

安江泰(以下、安江) はい。それぞれ個性や能力が違うので、プレイ感覚も違うと思います。3つのゲームを作っているような感じです(笑)。

――『キングダム ハーツ チェインオブ メモリーズ』ではソラ編とリク編で2本のシナリオがありましたけれど、そんなイメージですか?

安江 順番に個々のシナリオを進めていくだけではなく、このキャラクターだと進めないとか、このキャラクターじゃないと謎が解けないといった要素があります。

――ザッピングのような?

安江 それとも違います。いままでのゲームにはないシステムです。

吉本よういち(以下、吉本) ちょっと説明しづらいですね。今後の情報をお待ちください(笑)。

――ワールドの構成はどのようになっているのですか? そもそもディズニーワールドを巡っていくような冒険になるんでしょうか?

安江 そうですね。ディズニーワールドへの関りかたは、いままでのシリーズに近い感じになると思います。もちろん、皆さんが驚くような新しいワールドも複数ありますよ。

――それは楽しみですね。

野村 物語的には、『キングダム ハーツ』以前を描いたものなので、ワールドの時系列もいままで採用したワールドも異なります。

――今回、公開された中に、ハートレスでも、ノーバディでもない敵がいるようですが、これは……?

野村 ハートレスでもノーバディでもありません。新しいタイプの敵です。それらより昔の存在であって、原点をイメージしているので、少し野生的な感じになっています。

安江 といっても単にワイルドになっただけ、というわけでもないんです。けれども、これまでにいなかったような動きをしますね。

――ハートレスとノーバディは、人が心を失ったときに生まれますが、この新しい敵は、それとは違った生まれかたを?

野村 はい。違う要素によって出現します。



――バトルシステムはどんなものになりそうですか? シークレットムービーや“留まりし思念”は、かなりスゴイことになっていましたが(笑)。

安江 ヒントにしている部分もありますが、あれはあくまでイメージですので(笑)。『キングダム ハーツ』シリーズ特有の爽快感は大切にしつつ、新しいシステムを構築中です。 

野村 操作感覚も今回発表した3作品のなかで、いちばんいままでのシリーズに近いかもしれません。成長システムはいままでにない斬新なアイデアを採用しています。

安江 「なんじゃこりゃ!?」っていう(笑)。かなり斬新で衝撃的です。

吉本 並大抵の斬新さではないうえに、かなりおもしろい成長システムです。これは画面写真を見るとわかっていただけると思うので、楽しみにお待ちください。

野村 この成長システムだけでも、1作品作れるほどです。

――ヒントだけでも!

安江 何人かで成長するような……。

――!? PSPを持ち寄って遊べるような仕掛けもあるということですか?

吉本 まだまだ模索中ですが協力し合ったり、競い合ったり……まだそれ以上の要素も入れる予定です。そういったPSPどうしをつなげて遊べる要素は多数考えています。

野村 『キングダム ハーツ 358/2 Days』のマルチプレイとはまったくコンセプトが違うものです。

――物語的にもいろいろ仕掛けがありそうですが、ゲームシステムもさらに盛りだくさんな内容になりそうですね。楽しみです。

吉本 いろいろアイデアが出てきて、どんどんハードルが高くなるのですが、それは『キングダム ハーツ』シリーズの伝統で、その苦労も楽しく思えるほどになってきました(笑)。

野村 そんな調子で、たとえ物語的な謎がすべて明らかになっても、まだまだ遊べるようなバラエティーに富んだゲームになっています。

安江 これから、まだまだクオリティーは上がっていきます。システムそうですし、ストーリーも盛りだくさんなので、長いあいだ楽しめるゲームになると思います。これまでの『キングダム ハーツ』で楽しめた操作感のよさ、というのも味わえますし、そういう意味でも期待していただけるタイトルです。

吉本 いろいろワールドが本作でもあるので、ディズニーファンの方々にとっても満足していただけるのではないでしょうか。サプライズなワールドも用意していますし。ストーリーはシリアスですが、「こんなシステムで、こんなことさせるのか!?」といったギャップもかなりおもしろいと思います。

――ちなみに、同時に発表された『キングダム ハーツ 358/2 Days』と『キングダム ハーツ コーデッド』は気になりますか?

安江 ストーリーもシステムもすべてとても気になりますね(笑)。PV(東京ゲームショウ2007のクローズド メガ シアターで上映された映像)を観ましたけれど、「けっこう出来てるなぁ」と思いました。

野村 本作は、3作の中では、最後に発売されることになると思いますが、期待して待っていてください。

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『シャドウ・オブ・ウォー』幽鬼の力を始めとするさまざまなゲームの要素が公開

ワーナー ブラザース ジャパンより2017年10月12日発売予定のオープンワールドアクションRPG『シャドウ・オブ・ウォー』。同作にて幽鬼の力を始めとするさまざまなゲームの要素が公開された。

ミリタリー大好きおじさん&お姉さんが絶賛! 映画『ダンケルク』×Wargamingサバイバル試写会トークショーリポート

2017年8月17日、映画『ダンケルク』とWargamingがコラボした試写会イベントが開催。試写会に先駆けて実施されたディープなトークショーの模様をお伝えする。

日本一ソフトウェア設立25周年施策として“プリンセスカフェ”とのコラボが実施決定、描き下ろしイラストを使用した限定グッズも

日本一ソフトウェアは設立25周年の取り組みとして、全国の“プリンセスカフェ”にてコラボカフェを開催する。このカフェで販売される、描き下ろしイラストを使用した缶バッジ・キーホルダー・アクリルスタンドの商品イメージが公開された。

『ストリートファイターII』とOUTDOOR PRODUCTSのコラボバッグが発売、キャラクター総柄の全4種展開

カプコンの『ストリートファイターII』とOUTDOOR PRODUCTSのコラボバッグが発売。“Back Pack”、“Kid‘s Day Pack”、“Flap Day Pack”、“Travel Shoulder”の全4種展開で、『ストリートファイターII』のキャラクター総柄になっている。

『GET EVEN』、『リトルナイメア』、『インパクト・ウインター』 3タイトル合同キャンペーン開催決定 Web&リアルの謎ときコンテンツが本日より実施

バンダイナムコエンターテインメントは、『GET EVEN』、『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』、『Impact Winter インパクト・ウインター』について、本日より、ナムコが運営する謎とき体験ポータルスタジオ“なぞともCafe”と、ランシステムが展開する“スペースクリエイト 自遊空間”とのコラボレーションによる3タイトル合同キャンペーンを開催することを明らかにした。

『戦国BASARA』のラッピングバスが8月26日より静岡県浜松市内で運行、井伊直虎の音声ガイダンスが聴ける

2017年8月26日(土)より、静岡県浜松市内を走る循環まちバス“く・る・る”が、『戦国BASARA』ラッピングで運行。運行開始日の8月26日(土)には、出発式も実施される。

第3回ポケモン竜王戦、2018年1月14日に開催決定! 今回より参加者を全年齢に拡大

ポケモンは、2018年1月14日(日)に第3回ポケモン竜王戦を実施することを発表した。これは将棋界最高のタイトル“竜王”の名を冠した、ポケモンバトルの最強プレイヤーを決定する大会で、ゲーム部門とカードゲーム部門に分かれて戦う。

『コールオブ デューティワールドウォーII』ハリウッドタレント起用の裏側に迫るキャストインタビュー映像が公開

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、『コールオブ デューティワールドウォーII』について、ハリウッドタレントを起用した“ゾンビモード”のキャストインタビュー映像を公開した。

山本さほ先生描き下ろしも! ファミ通1500号記念イベントTシャツがebtenにて予約受付中

ECサイト“ebten”にて、ファミ通1500号記念Tシャツの予約を受付中。山本さほ先生Ver.、ファミ通ロゴVer.の2種類をラインアップ。

『FIRE PRO WRESTLING WORLD』Steam版アーリーアクセスで大型アップデートを実施 音楽取り込みやS-1ルールなどを実装

スパイク・チュンソフトは、現在開発中のプレイステーション4、PC用ゲーム『FIRE PRO WRESTLING WORLD』について、PC(Steam)版アーリーアクセスの大型アップデートを、本日(2017年8月18日)に実施した。