「ニコニコ超会議2」で感じた時代の明確な変化

 4日27~28日に、千葉・幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議2」に取材に行ってきた。会場で痛感させられたのは、ゲーム業界にとっても、ユーザーとの関係性を変える必要性に迫られつつあるのだなということだ。    ともかく...

続きを読む | 2013年4月30日 21:53

今度こそ「モバマス」をやめるんだっ(3)?愛情はやがて傾斜し始める

 「アイドルマスターシンデレラガールズ(モバマス)」(バンダイナムコゲームズ・DeNA)の世界は、男性にとっての一つの理想郷だ。    デッキに組んだ5人の女の子はつねに自分を褒めちぎってくれる。ただし、男性諸氏には思考...

続きを読む | 2013年3月5日 18:08

今度こそ「モバマス」をやめるんだっ(2)?擬似的ハーレムの世界

 前回に引き続いて、「アイドルマスターシンデレラガールズ(モバマス)」(バンダイナムコゲームズ・DeNA)の話し(結局、まだ遊んでいる)。    特定のキャラをあまり課金しないで育てきってしまうと、あとは他のキャラを育...

続きを読む | 2013年2月25日 19:23

今度こそ「モバマス」をやめるんだっ(1)?ゲームを支配する可能性空間

 いつまでやっているんだ、とまわりの友人にも言われ、読者の方からの苦笑の声が聞こえ、ついでに開発元のCygamesさんにもばれているそうなのだけど、昨年4月にプレイを始めた「アイドルマスターシンデレラガールズ(モバマス)」(...

続きを読む | 2013年2月18日 19:54

優れたゲームデザイナーのスキルはどこまで信頼できるか??ゲームと心理学(4)

優れたゲームデザイナーのスキルはどこまで信頼できるか??ゲームと心理学(4)    ノーベル経済学賞を受賞した心理学者ダニエル・カーネマンの山ほど我々の常識に挑戦してくる『ファスト&スロー』を読んでいると、とても混乱...

続きを読む | 2013年1月15日 13:44

損失感がソーシャルゲームの継続率に関係する-ゲームと心理学(3)

 まず、直感的に考えてほしい。   問題 あなたはコインなげのギャンブルに誘われました。     表が出たら、1万円払います。     裏が出たら、1万5000円もらえます。     このギャンブルは魅力的ですか?...

続きを読む | 2013年1月8日 12:13

ソシャゲへの反感はワインの方程式が生んだ反感と同じ ?ゲームと心理学(2)

 2008年に、プリンストン大学の経済学者オーリー・アッシェンフェルターが発表した論文「ボルドーワインの質と価格を予想する(Predicting the Quality and Prices of Bordeaux Wines)」という論文は、ビンテージワインの専門家に対...

続きを読む | 2012年12月25日 20:41

1年遊び続けたのに釈然としないソーシャルゲーム?ゲームと心理学(1)

 今年1年間は、特に日本のゲーム市場は、ソーシャルゲーム全盛時代になったと考えていいだろう。世界でもソーシャルゲームは家庭用ゲームへの売り上げを押さえるほどの猛威をふるっているが、日本の市場規模の成長は、恐ろしいと感じ...

続きを読む | 2012年12月17日 20:56

戦争遺伝子の副産物として登場したゲーム ?ゲームと遺伝子(5)

 「遊び(=ゲーム)」は、人類の進化史のなかで、繰り返し登場してくることに理由があるとしたらどうだろう。   ■進化の歴史では副産物が発展していくことは少なくない    古生物学者のスティーブン・J・グールドは1979...

続きを読む | 2012年12月11日 17:20

狩猟採集社会の命を賭けた「ゲーム」?ゲームと遺伝子(4)

 アザー・ガットの「戦争と文明(上)」(中央公論社)の紹介を続けながら、狩猟採集時代の戦争が、現在のゲーム的な要素の元型を持って進められていたことの紹介を続ける。常態的な戦争が、一方で、一定のルールをもった儀礼的な側...

続きを読む | 2012年11月19日 16:38