桜井政博
1970年8月3日生まれ。有限会社ソラ代表。独立したゲームディレクター。代表作は『星のカービィ』シリーズ、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ。最新作はニンテンドー3DSの『新・光神話パルテナの鏡』。さまざまなジャンルのゲームを日々研究しつつ、ユーザーに新たな楽しさをもたらすゲーム開発に注力している。

最新エントリー

話題にしたゲーム

タグ

月別アーカイブ

最近のコメント

04 オレはいかさまチート野郎

週刊ファミ通2005年7月22日発売号掲載
VOL.114

収録巻はこちら!

桜井政博のゲームについて思うことDX

 

04 オレはいかさまチート野郎

 

 『マーセナリーズ』にハマっておりました。これは言わば"戦場の『グランド・セフト・オート』"。フリーの傭兵が現代兵器を自由に乗り回しながら、独裁支配下にある某国で戦うゲーム。子供にオススメできるような内容ではないけれど、しっかりと作り込まれており、評判はとても良い作品です。
 広大なマップに潜む、トランプのカードに見立てた52人の敵幹部。うち51人を捕獲するなり倒すなりして、ようやく迎えた大詰め。最後のひとり、敵の総司令をなんとかできれば、晴れてエンディングを迎えられるわけです。ここまでの道のりは長かった……。さぁ、早々にクリアーしてしまおう!!
 ……ところがその最後のひとりがクセモノで。厳重に敷かれた防衛線の奥地ででんとかまえる彼を討つのは、距離的にも戦力的にもかなりキビシイ。やみくもに突っ込めば猛火にさらされるのは間違いない。じわじわ敵戦力を削りながらやっと本拠地にたどり着いたと思ったら、カウントダウンイベントが始まりアウト。1度のミスでステージの最初からやり直し。こりゃぁたまらん。下手すればここまで2時間ぐらいかかるのに!! 何度も挑戦したけど、どうしても攻略できませんでした。楽しくないわけでも納得感がないわけでもありません。機転の利かない自分が悪い。つぎはうまくやろう。だけど、リトライまでにかかる時間が長すぎて……。
 そこでやむなく、"チートコマンド"を使うことにしました。特定のコマンドを入力すると、無敵になったり装弾数が無限になったりするというアレです。こういったコマンドを使うということは、もうこのゲームにくじけたということ。でも、いままで費やした時間をムダにしたくはない! 敗北感を味わいながらの入力です。
 で、無敵になったキャラクターでプレイ。……はっきり言って「なんじゃこりゃ」と思いましたよ。世界がうすっぺらに見える。というか、別のものに変化してしまった。歩いてきた街並が映画のセットだったとわかった瞬間というか。いや、もののたとえです。人によって作られたものだということは、当然最初からわかっていますが。
 無敵になったプレイヤーを軸に置いた世界は、ぜんぜん違う感触をはらんでました。敵戦車やヘリがゆっくりとしみ出てくる夜の闇は、色が渋いだけの画面。敵の勢力も、ただ一方的に、気まぐれに自分の破壊欲求を満たすための背景。これは、昔のファミコンゲームの無敵コマンドなどとは、本質的に違うのかも。現在のゲームは、技術だけ見ればただ"映像がリアルになった"というだけで語られがちですが、ホントウはそれによって生み出される情感などのほうが大切ですから。
 その後クリアーできました。当然ですよね。言わば、バカでも進める道を選んだのだから。我ながらあきれたヤツだ。楽しめなくてあたりまえだ。しかし、これがなければさらに大量の時間を投入することになったのだろう。そういう意味では救われたと言えるのだけど、だったらゲームを楽しむ意義ってなんなのだろう? 
 ビデオゲームという遊びの、ちょっとした矛盾なのかも。文字どおり「自己責任でお願いします」の世界なのだろうけど、それを万人に理解してもらうのはムズカシイことでしょう。あー、なんとか解決できないかなぁ。こういうの。

 

※転載にあたり、コラム本文に付随していた写真や解説、スーパーヘルプ、ふり返って思うことは割愛しております。あらかじめご了承ください。

 

新刊はこちら!!

桜井政博のゲームを遊んで思うこと
4月2日発売 1155円[税込]

息をするがごとく日々ゲームを遊ぶゲームデザイナーの思うこと

●カラーページに『新・光神話 パルテナの鏡』のプチ設定資料集を掲載!! 
●スペシャル特典として、ニンテンドー3DS用ソフト『新・光神話 パルテナの鏡』で遊べる"ARおドールカード"2枚を綴じ込み!

2012年3月29日 11:47