酒缶さん
ゲームコレクターの酒缶が、大好きなゲームを世の中に紹介するために、ゲームを作っている人、ゲームを集めている人、何かしらゲームに関わって生活している人に、ゲームの話を訊きにいくブログです。
→このブログについて
ゲームコレクター・酒缶 official website
【酒缶のゲーム通信】



最新エントリー

話題にしたゲーム

タグ

月別アーカイブ

最近のコメント


【東京おもちゃショー2011リポート】その2

今年は周年記念の大事なゲームを探すため
東京おもちゃショーにやってきました。

すでに2大おもちゃメーカーの
バンダイとタカラトミーを見たので
目的のブースに行ってもいいんですけど、
ボクは昔から大事なことは最後にやりたい人間なんですよね。

いわゆる、ショートケーキを食べる時には
イチゴを最後まで取っておくタイプ
といったところでしょうか?

バースデーケーキだったら、
「Happy Birthday」と書いてあるプレートを
最後まで取っておくタイプってヤツ?
でも、あのプレートって、砂糖の塊だから
いざ食べてみると全然おいしくないんですけどね。


……で、なんでしたっけ?

そうそう、おもちゃショーって
ぶらぶらと歩いているだけでも面白いんですよ。

だから、目的のブースは後に回して、
他の気になるブースを先に回ろうと思います。


テレビゲームの界隈だと、
WiiリモコンやPS Moveといった
振るコントローラがありますけれど、
ハピネットで面白いモノを見つけてしまいましたよ。

これはわかりやすいものを振り回していますね。


株式会社ハピネット
トイ・オリジナルユニット 企画チーム
渡邉 敦司さん

渡邉 「GO!」と言ったら、タイミング良くラケットを振って下さい。

 

酒缶 ラケットを振るだけで遊べるのがいいですよね。

渡邉 音に合わせてラケットを振るとラリーが続き、ボタンを押しながら打つとスマッシュが打てます。タイミングが合うとスーパースマッシュが打てます。ラケットにスピーカーが入っていて、耳でリズムを感じとっていただきながら遊ぶゲームなので、今の時流に乗っているかと思います。

酒缶 1980円は安いですよね。

渡邉 プレゼントにもいいんですよ。シェイクハンドとペンタイプを用意しているので、お好みに合わせて選べます。

酒缶 たまに「サー」という声が出たら面白そうですよね。

渡邉 実は音取りはしたんですけど、入れなかったんです。この商品は、今までにありそうでなかったものなので、受け入れられるのか心配していたのですが、思いのほかみなさんの反応がよかったので、安心しました。

『卓球ハイテンション♪』
ハピネット、2011年10月発売予定、税込価格2,079円、税抜価格1,980円


音だけで遊ぶゲームだけど、誰でも知っている卓球なので
お手軽に遊べていいですね。
忘年会の出し物とかにも使えそうです。


そもそも玩具には、
2000年にエポック社が発売した「エキサイトスタジアム」や
2003年にスクウェア・エニックスが発売した
「剣神ドラゴンクエスト」なんてモノもありましたから
WiiリモコンやPS Moveよりも前から
テレビと振りまわすコントローラの融合はあったのですが、
『卓球ハイテンション♪』のように
テレビを使わない玩具にも、
遊びの幅の広がりを感じることができるのが面白いですよね。
いわゆる玩具業界の『リアルサウンド 風のリグレット』?
いや、今言ったことは忘れてください。

玩具らしい玩具を見たかと思うと、iPhoneのような
最先端のガジェットを使った玩具が出てくるから
玩具は本当に面白い。


株式会社ウィズ
経営企画部 広報・IRグループ 広報・宣伝担当
山田 桃さん

山田 お待ちしておりました。ぜひ遊んでいってください。画面にエイリアンが出てくるので、レーダーで敵の位置を確認して、360度回転して撃ってください。アプブラスターの銃弾がなくなったら、銃口を上に向けてリロードして下さい。

 

酒缶 3DSで『顔シューティング』とか、『ウイルスシューターXX』が出ていますけど、やっぱり銃でやると感覚が違いますよね。

山田 そうなんですよ。タッチでも遊べるんですけど、やっぱり動き回ったり、振り回したり、リロードやちょっとした小技を使いたくなるじゃないですか。9月に最初のアプリが出て、年内に3、4つアプリを出していく予定です。

酒缶 9月までに部屋の掃除が必要ですね。でも、銃口が持ち手よりも前に出てないので、振りまわしてもそんなに危なくないですよね。あとはこの銃を買ってもらうだけのソフトパワーが必要なんでしょうけど。ダウンロードコンテンツだからお店に行かなくてもアプリは手元で買えちゃうから、銃を買ってもらうのは大変ですね。

山田 そうなんですよ。ウィズには昨年発売したアプリと組み合わせて遊んでもらう別の玩具もあるんですけど、iPhoneアプリだけを入手して楽しんでいただいちゃう、ということが発生しているんですよね。アプリだけでもある程度は楽しんでいただけるので、それは否定しないんですけど、そこからモノにつなげるのって、すごく大変だな、と学んでいて、その経験をこのアプリズムシリーズでは活かしたいなと思っています。

酒缶 ありがとうございました。

『アプブラスター』
ウィズ、2011年9月上旬発売予定、税込予定価格2,800円


やっぱり、玩具心のある商品は面白いですね。
年甲斐もなく、ギャラリーがいる中で
銃を振り回して本気で遊んでしまいましたよ。
シリーズ化を本気で期待しています。


そろそろ目的のブースに行こうと思ったのですが、
ウィズさんのブースの横には、面白そうなブースがありました。

おもちゃショーの会場内では珍しく
1つのゲームの関連商品だけしか展示されていない
カプコンさんのブースがあるので、見てみましょう。


カプコン
コンシューマエンターテインメント事業統括本部
キャラクター・コンテンツ事業統括
プロダクトチーム
吉江 隆仁さん

酒缶 玩具ショーの中ではちょっと異質な空間になっていますね。今回は『モンハン』のフィギュアだけなんですか?

吉江 『モンハン』一色です。毎回、このくらいの規模でやっているのですが、ここまでフィギュアに特化したのは今回が初めてです。いつもはいろんな商品があり、雑貨も含めて御紹介させていただいているんですけど。

酒缶 あのアイルーはすごいですね。あれは売らないんですか?

 

吉江 あれはさすがにまだちょっと。一回やってみたいですね。

酒缶 あれだと10万円とか行っちゃいますよね。

吉江 そこでおさまらないでしょうね。10万円でおさまるならあるかもしれませんが。

酒缶 それにしてもフィギュアのラインナップがすごいですよね。

吉江 今後は、ハンターなどにも着手していきたいのですが、今はモンスターに注力しているところです。

酒缶 どうせハンターをやるなら、モンスターと一緒に置けるサイズのハンターが欲しいですよね。今はARとかあるので、カメラで見たらフィギュアの横でハンターが動いていたら面白いと思うんですけど。

吉江 ゲーム会社なので、将来的にはそういったアイデアにも挑戦していきたいですね。

酒缶 リアルなモノとアイルーの可愛いキャラと両方あるじゃないですか? 『モンハン』ってどっちからでも入れるのは魅力的ですよね。

吉江 今はジャンルを分けて、ターゲットを分けて、なるべく被らないように、自社内で食い合わないように調整してます。アイルーは雑貨系のお店に入っていて、リアル系はホビー系のお店の濃いお客さん向けにしています。

カプコンフィギュアビルダー公式サイト
http://www.capcom.co.jp/goods/cfb/


『モンハン』の世界の広がりはすごいですよね。
そろそろボクもちゃんと『モンハン』で遊ばないとな。


すっかり玩具の世界に浸っている中、
カプコンさんのブースに入ったことで
テレビゲームの感覚に戻ることができました。

そろそろ、今日の目的のブースに足を踏み入れましょうか。
今年が周年記念を祝うべきはずのゲームを生み出したあの会社へ。

(つづく)

2011年8月4日 15:56