酒缶さん
ゲームコレクターの酒缶が、大好きなゲームを世の中に紹介するために、ゲームを作っている人、ゲームを集めている人、何かしらゲームに関わって生活している人に、ゲームの話を訊きにいくブログです。
→このブログについて
ゲームコレクター・酒缶 official website
【酒缶のゲーム通信】



最新エントリー

話題にしたゲーム

タグ

月別アーカイブ

最近のコメント


【和田俊輔氏】9.「ザ・裏ワザ」の今後

 

 今回のゲスト:和田俊輔氏 

アスミック・エース エンタテインメント 新機能開発本部GM。「裏ワザ」を通して過去の名作ゲームを紹介するDVD『ザ・裏ワザ』シリーズのプロデューサー。


 

酒缶 「ザ・裏ワザ」の第2弾の特典DVDに収録されているゲームコレクター鼎談(※1)で『惑星アトン外伝』(※2)のことを説明されていましたよね。相当レアモノあつかいされていますけど、どのくらいレアなんですかね。

 

(※1) ゲームコレクター鼎談 「ザ・裏ワザ」シリーズは第1弾も第2弾も2タイトルずつ発売され、それぞれ同時購入すると特典DVDを手に入れることができる。「ゲームコレクター鼎談」はその特典DVDに収録されているコンテンツのひとつでゲームコレクターが集まって昔の話に花を咲かせる。第1弾の特典DVDには酒缶も登場している。

(※2) 『惑星アトン外伝』 1990年の税金展の会場でプレイできたシューティング&クイズゲーム。

 

 

和田 ここ数年の間にコピーが流通したみたいで、相当増えてるようですね。6、7年くらい前は中古買取のお店の方と話をしたら、「もし現物を持っているのならば、即金30万円で買い取ります」と言われてましたけど。

 

酒缶 これで全部揃った状態なんですか? これの説明用の紙マニュアルとかは?

 

和田 聞いたところによるとこれで完品みたいです。説明書はどうなんでしょう? イベント用のモノなので通常の形式のものというよりは、試遊台向けにパネル化されたものなどだったんではないですかね? 勝手な推測ですが。

 

酒缶 元々これは国税庁のどういったものなんですか?

 

和田 1990年に国民に税金について啓蒙する税金展というイベントがあったらしいんですよ。その中で当時流行りのファミコンで子供にも税について知ってもらうという趣旨だったらしいですね。元々国税局が作った「惑星アトン」というアニメがあり、そのキャラクターが出てくるので『外伝』らしいです。

 

酒缶 今ならダウンロードでコストを抑えてやれそうですけどね。やればいいのになぁ。『ポケモン外伝』とかで。

 

和田 当時はバブルだったから、結構な金額を掛けて作っていたんじゃないでしょうかね?

 

酒缶 ディスクの方がカートリッジよりもコストが安かったんでしょうね。どのハードにも非売品ってあるから、そういう意味では見つけてもらえたラッキーなタイトルなのかも。

 

和田 ディスクというと何年か経つとデータが消失するなんて噂話もありましたね。20年以上経った今でも問題無く遊べてますけどね。

 

酒缶 「ザ・裏ワザ」の話をもっと聞きたいんですけど、第1弾の「ファミコン編1」と「メガドライブ編1」が出て、今年の2月に第2弾の「ファミコン編2 ディスクシステム」、「PCエンジン編1」が発売されて、今後はどうなるんですか?

 

和田 「ファミコン編1」が1985年までの名作を取り上げ、「ファミコン編2」が1986年以降のディスクシステム名作タイトルを取り上げたので、希望としては次があるとしたらファミコン拡大期の1986年ROMカセット編ですね。『スーパーマリオ』が火付け役になってファミコンブームが加速し、各メーカーがすごい数のソフトを投入したので、当時プレイしていた人の記憶に残るゲームがたくさんあると思うんですよね。だから1986 年だけで一つ作りたいな、と思っています。それから、製作にあたりゲームの歴史を感じられるよう、時系列を気にしてきた部分がありまして、「メガドライブ編」はメガドラ自体は90年代ですけど、一緒に収録している「マークIII編」はファミコンと同時期、そこから第2弾を「ディスクシステム編」と「PCエンジン編」という80年代ハードで固めたので、全体的にユーザーの年齢性が高めだったんです。

 

酒缶 まあ、そうなりますよね。アラフォーとかになりますよね。

 

和田 ご意見として「気になるけどちょっと俺たちの世代じゃないな」という20台の方が多いようなので、出来ればスーパーファミコンをやりたいなぁ、と。だから、「スーパーファミコン編」と「ファミコン編3」をやれれば、広く楽しんでいただける内容になるのではとは思っています。ただ、営業的にもうちょっと第一弾、第二弾が売れてくれないとなぁというところです。会社とはシビアなものですから(笑)。

 

酒缶 今後、盛り上げていくにはどうすればいいんですか?

 

和田 そうですね。やはりみなさんによるご購入(笑)。それから友人へのオススメ。という2つの流れをお願いしたいところですね。今、DVDってあんまり買うというマインドになりにくいのかもしれないですけど、このDVDを購入することでゲームという文化を残していくことにちょっとでもつながる…とご賛同いただければなと。皆さんのご支持があれば少しずつでも進めていきたいと思っています。もちろん内容についても広くご意見を募っております(※3)ので、ぜひお聞かせいただきたいですね。

 

(※3) ご意見を募っております 「ザ・裏ワザ」の公式サイトにはアンケートページがあるので、御意見のある方はぜひコメントしよう! http://the-urawaza.net/?page_id=9

 

 

酒缶 店頭イベントとかはないんですか。

 

和田 第一弾、第二弾と秋葉原のお店でやらせていただきました。次が発売される時にはさらに大きくやりたいですね。どこかの会場を借りて何かできればいいな、とは思っています。なので、今はケータイの仕事に力を割かれているところなので、裏ワザの方に引き戻すくらいみなさまのご協力があれば(笑)。

 

酒缶 難しいですね。

 

和田 ただ、アンケートやネット上のご意見を聞くとほとんどの方から好意的なご意見を頂いてますね。「ファミコン世代で集まって飲みながら観るのが最高!」と聞いています(笑)。そんな感じでつまらんという意見はほとんどなくてありがたいんですけど、もうちょっと広がってくれれば(笑)。あと、今の「ザ・裏ワザ」はゲームの歴史でいうとコンシューマの黎明期からをDVD化してますけど、次世代機と呼ばれたハード達も十分にレトロになっているので、その辺もフォローできればいいな、と考えています。なにしろあのPS2も発売したのは10年以上前ですからね。

 

酒缶 バーチャルコンソールという意味ではアーケードもありますけど。

 

和田 そうなんですよね。自分のゲーム人生はアーケードから始まっているので、ぜひ取り組みたいと思っているんですが。特に経年劣化が進む初期アーケードゲームの補完は差し迫っているジャンルだと思っています。

 

酒缶 レトロなアーケードゲームは色々とコンシューマに移植されていますけど、アーケードでプレイしている方は移植に対して厳しいですよね。

 

和田 やはり初見のインパクトは強いですからどうしてもアーケード原理主義的になってしまうんじゃないですかね。無意識に違いを探してしまうというか。アーケード編をやりたいというのは、やっぱり基板って寿命があるものなので、何かしら映像として残しておきたいんですよね。各メーカーさんのご賛同が必要なので、そこを得つつ、という感じなんでしょうけど。

 

酒缶 バーチャルコンソールでアーケードを扱っているメーカーは少ないので、ラインナップできるタイトルは限られてきますよね。

 

和田 そうですね。限られますね。でもアーケードゲームでやるのであれば、現在では会社が存在しないメーカーさんのモノも含めてガッチリやりたいと思いますね。権利がどこにあるか、というところから始めないといけない訳で大変でしょうけど、アーケードの場合は今プレイできることにこだわらず、ゲームの歴史の中でこれはエポックメイキングなタイトルだったというものを、きっちりと残していきたいなぁ、と。

 

酒缶 まずはジャレコさんに『ノーティーボーイ』を見せて、とお願いしないと。

 

 

和田 (笑)永久パターンありをお願いしたいですね。途中から永久パターンなしバージョンが出回っているので。

 

酒缶 会社によっては権利が転々としている物もありますから難しいですね。

 

和田 そうですね。そのあたりは業界内のスゴい方たちの助けが必要でしょうね。もし権利的にOKをいただいたとしても、撮影にあたっては基板コレクターの方々からお借りするような形になるでしょうね。でも、各方面のゲーム系マニアの方からも好意的なご意見を頂いていて、協力を惜しみませんとも言っていただいているので、いざプロジェクト的に行けるなというところまでくれば、なんとかなるんじゃないかな?と、楽観的に思っています。

 

酒缶 あとは「ザ・裏ワザ」の知名度を上げるってことですかね。

 

和田 そうですね。どうすればいいんでしょうね? まぁ、徐々に広がって行っているのかな? 割引込みで1巻2,000円台という価格もあってかネットショップが根強くて、毎日売れている感じにはなってますので。普通、DVDって最初の1?2ヵ月が過ぎるとピタッと動きが止まってしまうんですが、「ザ・裏ワザ」はダラダラいってますね。そういう意味ではゲーム好きの方に見ていただいたら、それなりにご満足いただいているのかな、とは思っています。さきほど言いましたようにアンケートも好反応ですしね。ということで……こちらを見ているあなた!ぜひとも「ザ・裏ワザ」のサポーターとしてご協力お願いします!(笑)

 

次回の更新は、7月1日(金)の予定です。

2011年6月28日 12:03