海江田哲朗
(かいえだ てつろう)
1972年、福岡県生まれ。獨協大学卒業後、フリーライターとして活動。東京ヴェルディを中心に、日本サッカーの現在を追う。おもな寄稿先に『季刊サッカー批評』『週刊サッカーダイジェスト』『スポーツナビ』など。『サカつく』との出合いは、'99年のドリキャス版。当時、新婚だったにも関わらず、とことんやり込み過ぎて、家庭不和になりかける。自制して一時期離れたが、やっぱりやりたくてPSP版から復帰。いまのところ、そこそこ家庭円満。2011年秋、東京ヴェルディの育成組織にフォーカスしたノンフィクション『異端者たちのセンターサークル』(サッカー小僧新書/白夜書房)を上梓。


ポン助(ぽんすけ)
三流ゲーム系フリーライター。20年前にセガハード専門誌の編集に従事し、10年前にフリーに転身。以後ゲーム誌の記事、攻略本などに携わりつついまに至る。世間一般ではいわゆる「オタク」と呼ばれる人種に分類され、アニメ、特撮、ゲーム、プラモデルなどに造詣が深い……と本人は思っている。ロボットが登場するゲームが大好物のほか、歴史物以外のシミュレーションゲームを愛する。しかし、『サカつく』シリーズは今回が初挑戦となる。


柚野真也(ゆの しんや)
1974年、大分県大分市生まれ。大学卒業後、専門紙の記者を経て、フリーランスのライターとして活動を開始。スポーツをメインに「週刊サッカーダイジェスト」「J’sGOAL」などサッカー専門媒体や、「フットサルナビ」「Fリーグモバイル」などフットサル専門媒体にも執筆。ゲーム歴は、小学校のころに『ゲーム&ウォッチ』をサンタさんからプレゼントされ、そこから『スーパーマリオブラザーズ』に熱中し、『ドラゴンクエスト』、『バーチャファイター』、『ときめきメモリアル』など喰いついた。ハヤりモノが大好物。


最新エントリー

話題にしたゲーム

タグ

月別アーカイブ

最近のコメント

柚野真也/【第6回】ようやくJ1昇格するも…、こんなオチあり??

快調連載中の『サカつく7』リレーブログ、今回の登場は、大分愛でクラブを育てる、大分在住のサッカーライター・柚野真也氏です。

※本文中、青文字の部分は、ゲーム中ではなく実際のJリーグクラブや選手の情報となります。

 


 7年目にして悲願のJ1昇格を達成!

 ようやくこのコメントができることに安堵している。3人のライターのなかでもっとも遅い昇格(ポン助氏3年目、海江田氏5年目)ではあるが、けっこううれしいもんである。どれくらいうれしいかって? それは今年の嬉しいことサッカー・ランキングの3本の指に入っているのは間違いない。ひとつは「なでしこたちが世界一」、もうひとつは「大分出身の清武弘嗣が代表デビュー」。そのつぎに「クアトロ大分がJ2優勝を果たし、J1昇格」って感じである。

 

●昇格メンバー

 

 

林陵平
柏レイソル


金崎夢生          内村圭宏
名古屋グランパス)  (コンサドーレ札幌)  

 
東慶悟           大沼巌
大宮アルディージャ)                    

 

益田幸男      井上裕大
              (大分トリニータ


川田広夫                宇佐美辰巳


三木隆司
ヴォルティス徳島


中橋範男


 この喜びを伝えたくて、今回はクアトロ大分の遥凛三郎全権監督へのインタビュー形式でお届けしたい。(※注 あくまでもフィクションです)

――優勝おめでとうございます。

「ありがとうございます」

――まず、いまの率直な感想を。

「5年目から『J1昇格3ヵ年計画』を実施し、最終年となる今年に結果が出てホッとしています。昨年は15位に終わり、今年昇格できないなら辞めようかと思っていました。それだけに昇格できただけではなく、優勝までできてホントにうれしいです」

――今季は開幕白星スタートとなりましたが、その後に2連敗と苦しみましたね。

「開幕戦は1年目の途中から背番号10を託し、これまでチームを引っ張ってくれた内村圭宏(コンサドーレ札幌)のハットトリックでいいスタートを切ったと思ったんですが、ライバルクラブのレアルタ奈良に敗れテンションが下がってしまった。もしかしたら今季も下位争いをするのかと頭をよぎりました」

――そういうなかで、どのようにチームを建て直したのでしょうか。

「シーズンを通して、どんなチームでも調子の波があると思っていたので、 コンディションのいい選手を優先して出場させました。ころころ選手を入れ換えるとメンバーのポリシーがフィットしにくいのですが、6年目にミーティングルームを設置したことで戦術理解が徹底できたのがよかったと思っています」

――5月は負けなしの5勝1分で3位に浮上してから、J1昇格圏内の3位を維持できるようになりましたが、何かキッカケがあったのでしょうか

「金崎夢生(名古屋グランパス)の急成長ですね。もともと能力としては『世界に出ることも夢でない、戦力として期待できる攻撃的MF』でしたから。5月の6試合でハットトリック2回を含む10得点は圧巻でした。これでチームは完全に勢いに乗りました。金崎はJ2のMVPを獲得し、チーム唯一のベストイレブンに選ばれ、37得点で得点王にも輝いた。さすがワタシのマイ・ベスト・プレイヤーのひとりです」

――金崎選手がこれだけ活躍できた要因はなんだったのでしょうか。

「とにか特別練習を行い覚醒ポイントが溜まると覚醒練習をしました。また、秘蔵っ子設定によって忠実度を上げたのがよかったのかと思います。彼は3年目に当時平均年俸1000万円以下の選手ばかりのチームが5000万円の破格のお金を積んで獲得した選手ですから。ようやく費用対効果に見合うコストパフォーマンスを見せてくれました」

――さて、来季はJ1での勝負になります。来季以降、伸ばしていきたいと思うことは?

「さらなる核となる選手を育てることと、マイ・フェイバリット・プレイヤーを獲得することです。あとは名将と呼ばれるために勝つことに徹することですかね」




 ……なんて、名監督ぶっていいたら、身の毛もよだつような事件が起きた。それはまさにその年、昇格を決め、シーズンの戦いをすべて終えた12月の4週目のこと。30勝4分8敗でJ2優勝を達成し、ニューイヤーカップでクラブ初のベスト8に進出させたにも関わらず、秘書が

 

凛三郎さん! 大変です! 解雇条件に当てはまったため、解雇となってしまいました

 

と言うではないか!

 

 

えっ!!

 

 

 事態が理解できず、とりあえずバチ切りしてリセット。恐る恐る12月3週目からリスタートし、「公約・解雇条件」を見てみると解雇条件に「ライバルクラブに全敗」と書いてあった。

 

 

えっ!!!!

 

 そ、そう言えば、そんな条件もあったのだと思いだし、必死にライバルクラブであるレアルタ奈良との試合を思い出す。確かに1巡目の対戦では負けたが、2巡目は引き分けだったような……。絶対に引き分けたはずだと自分とゲーム機に言い聞かせてみても、当然判定は変わることなく、何度かリセットしても判定は覆ることはない

 

 嘘だろ、クラブを昇格した監督だぞ。「なんでJ2優勝監督を解雇するんだ、このオーナー(怒)」と毒づいてみたが何の解決もできなかった。

 も、もしかして、この「リレーブログ」はクビ?? そんな殺生な(涙)。こうなったら編集部に直談判するしかない。

 そうだ、編集部に行こう! て気楽なノリではないが、大分から離れ東京に行くことを決意。どうなるクアトロ大分!? どうなる遥凛三郎を操る俺?? ※この様子は、12月2日(金)の更新でお届けします!

 

 

 

次回更新予定は11月29日(火)、ゲームライター、ポン助氏が登場します。サッカーの知識ゼロだったポン助氏が、光の速さで頂点へ……!?

 

 

 

『J.LEAGUE TM プロサッカークラブをつくろう! 7 EURO PLUS』 

(C)SEGA

 

2011年11月25日 14:15