書籍情報














津々巳あや
(漫画家)
フリー漫画家。少女漫画「花とゆめ」でデビューし、いろいろあって現在少年漫画や4コマ漫画など連載中。代表作はCR COMICS「あくまでモテる×××」、MFコミックス「女子大生の日常」。
津々巳あやオフィシャルサイト

江野本ぎずも
(編集担当)
ファミ通BOOKSの編集者。『モンスターハンター』プレイ日記 本日も逆鱗日和シリーズなどを担当。プライベートキャラのメイン武器は狩猟笛。麻痺ラブ!

リョウコ
(アシスタント)
津々巳あやの漫画アシスタント。『モンでき。』の企画でハンターデビューを果たし、ちゃっかりレギュラーに。虫が苦手。津々巳センセイが大好き。




最新エントリー

話題にしたゲーム

タグ

月別アーカイブ

最近のコメント





『モンスターハンター』プレイまんが“モンでき。” 『MH3G』第146回

  • 0
  • 0
14601

 

14602

 

 

『モンでき。』の『MH3G』第146回、全武器お試しのランス前編。

 

ロックラック時代からの念願叶って、この度サメデビューしました江野本ぎずもです。

シャークカイザー、通称サメランスについては、以前にもこの場で思い入れを述べさせてもらったことがありました。

古の鮫チケットがもらえるクエスト“古代鮫を狩りつくせ!”に挑んだ『MH3G』第43回でのことですね。

このときにはまさか、『モンでき。』でランスを使う日が来るとは思っていなかったんだけれど、全武器お試し編が始まったときから心はひとつ、ランス編ではサメを作ると決めていたのでした。

 

サメだけを見れば、完全にネタに走ったものと思われるでしょうが、じつは江野本、ランスという武器自体も大大大好き!

なにげに、『MH3(トライ)』ではいちばん使用頻度の高い武器でした。

でも、プライベートで使っている狩猟笛や太刀、『モンでき。』で使った大剣や片手剣、双剣と比べると、まったくもって「使える」とは言いがたいレベルにあります。

もちろん自分比なので実際んとこはわからないし、あくまでも感覚的なものなんだけど、ランスに対しては「もっとできるはずなのに、できてない」って気持ちが強い。

理由は単純で、ランスの多彩な攻撃パターンを使いこなせていない気がするんです。

「あ、いまのはただのガードじゃなくてキャンセル突きすべきだった!」、「ここは後ろ向きバックステップで間合いを詰めるべきだったかも!?」なんて、クエスト中は頭の中で大反省会!

選べる攻撃パターンが多いからこそ、その時々でどれを選ぶべきなのか考える余地の大きい武器なんじゃないかと思っています。

全武器お試し編ももう終盤なので言っちゃいますが、この感覚はランスとガンランスだけなんじゃないか、と個人的には思う。

江野本のメイン武器である狩猟笛は、攻撃パターン自体それほど多くなく、組み合わせはじつにシンプル。

使用感覚がこれに似ているのが大剣で、じつはどちらも「これ以上、どうやったら上手になるのかよくわからない」んですよね。

もちろん伸びしろがないわけじゃなくて、使いこなすのはそれほど難しくなく、あとは精度を高めるだけなんだけど、そこからがどうにもこうにも難儀な感じ。

逆にランスやガンランスは、精度以前に使いこなすまでが大変なんじゃないかと思うのです。

攻撃の選択肢が多くて、どの場面でどの攻撃をどう組み合わせるのか、本当に奥が深い。

ある程度使ってもまだなお、「もっと上手に扱えるはず」と探究心を持ち続けられる武器、と言えるんじゃないかなあ。

……て、エラそうに分析してみましたが、共感していただける方はいるんでしょうか??

江野本自身も、もっといろいろな武器を使いこむうちにまったく別のことを言い出すかもしれないけど、少なくともいまはそのように思っている次第でございます。

 

てなわけで、突進を教えるやそれしかしなくなった津々巳さんとリョウコちゃんを尻目に、江野本はひとり探究心と向き合い、脳内反省会をくり返してアドレナリンどばどばな時間を過ごしていました。

いやもう、サメの見た目もちょーうれしくて楽しくて、ことあるごとに「ねえねえ、見て見てー!!」と津々巳さんに“見せおねだり”していたのですが(その一部が今回の漫画本編で描かれているわけですね)、それを上回るほどにランスの立ち回りがおもしろくって楽しくって!!!

 

リオレウスの咆哮に合わせてキャンセル突き……うまくひるんでくれたので、そのまま突き、突き、突き、右にステップ、もいっちょ突き、突き、つk……どどどどどどどどどど!(突進でサメに突っ込むリョウコちゃん)

 

バックジャンプブレスに合わせて閃光玉を投げる……撃ち落としたレウス目がけて突進……スタミナゲージの終わりに合わせてフィニッシュ突き……どどどどどどどどどど!(突進でサメに突っ込む津々巳さん)

 

尻尾回転をサイドステップで回避……尻尾に向かって上段突き、突き、左にステップ……上空に飛び上がろうとするレウスの尻尾目がけて、なぎ払い……武器を納めようとしt……どどどどどどどどどど!(突進でサメに突っ込むリョウコちゃん)

 

レウスとの間に微妙な間合いが空いたのでガード前進して頭に盾攻撃、そのままの流れで突き、突き……バックジャンプブレスを予想して右にステップ……どどどどどどどどどど!(突進でサメに突っ込む津々巳さん)

 

ふたりとも、どんだけサメに突進してくるんじゃーい!!!

 

いやでもほんと、ランスって楽しい!

こうやって書いている最中にも頭の中にイメージが湧き出して、いますぐランスを担いで狩りに行きたくなります。

ちょっとその気持ちが抑えられなくなってきたので、今日のところはここまで!

ランスでひと狩り、行ってきます♪

 

 

2013年7月13日 01:58