聞き手
イザベラ永野
ゲーム初体験はアタリの『ポン』という、現存する女性では絶滅種ともいえるライター。元週刊ファミ通編集者にもかかわらず、自他ともに認めるゲーム下手。本人は24歳と言って聞かないが本当は違う。



最新エントリー

話題にしたゲーム

タグ

月別アーカイブ

最近のコメント

ゲスト4人目 : 負けず嫌い女/伊藤 恵【後編】

ゲストプロフィールゲストプロフィール

i0930-pro

 

 

伊藤 恵
  いとう      めぐみ
初代ゲーマーズエンジェル 
神奈川県横浜市出身。専門学校卒業後、舞台役者や、ユニットを組みライブで活動するかたわら、アクセサリーショップに勤務。2008年、週刊ファミ通誌面で募集された
「第1回ゲーマーズエンジェル・コンテスト」グランプリに輝く。以降、週刊ファミ通誌面で企画ページのモデル、USTREAM番組「ミッドナイトライブ360」のアシスタン
ト、東京ゲームショウでのコンパニオンなどを勤め幅広く活躍している。
 
 

 

  

永野 初めてプレイしたゲームって憶えてる?

 

伊藤 兄のファミコンソフトが家にたくさんあったので、小さいころにはそれで遊んでました。初ゲームはファミコンの『スペランカー』(※6))だったと思います。物心ついたときには、もう家に大量のファミコンソフトがあったのでハッキリ憶えてないんですよ。

 

※6 スペランカー 1985年にファミリーコンピューター版がアイレム(現アイレムソフトウェアエンジニアリング)から販売され、大ヒットしたアクションゲーム。

  

 

    

永野 幼少の女子に『スペランカー』は厳しいよね。すぐゲームオーバーになるし、子供心にイラっとしなかった?

 

伊藤 しました!(笑)。でも難しくてもそれがふつうなんだと思ってました。当時は上手にできなかったので、ハマることもなかったです。

 

永野 じゃあ、いつごろから本格的にゲームで遊ぶようになったの?

 

伊藤 本格デビューは、『ファイナルファンタジーVI』(以下『FF VI』)です。中学生のころです。兄に「これおもしろいよ」って勧められて……。グラフィックの美しさや映画のような演出のオープニングに引き込まれて、すっかり魅了されてしまいました。

 

永野 そうか。恵ちゃんの心のゲームは『FF VI』なんだね。

 

伊藤 はい。くり返し遊んだので、ストーリーもよく憶えています。ゲームで感動して初めて泣いたのも『FF VI』なんです。

 

永野 ゲームの入り口が、王道のファンタジー系RPGだけど、大人になったら戦場で戦う女に変貌したんだね。

 

 

 

永野 ゲーマーズエンジェルに選ばれてからの活躍は、週刊ファミ通の誌面でいつも拝見してますが、それ以外にはどんな仕事をしていたの? 

 

伊藤 東京ゲームショウで、おヘソを出した衣装で来場者のかたと『テトリス』で対戦したり、ファミ通アワードの表彰式でプレゼンターとして小島秀夫監督に花束をお渡ししたり……。エンジェルにならなかったら絶対体験できないようなことをいろいろやらせていただきました。

 

永野 そんななかでも、とくに印象的なお仕事や感激したことはありますか?

 

伊藤 とくにコレというのはなくて、ファミ通誌面でモデルとして載せていただいたことがいちばんうれしいですね。いままで一読者だったファミ通に「自分の写真が載ったぞ!」 みたいな。

 

永野 最初のうちは、読者の感覚でしょうからそりゃ興奮するよね。

 

伊藤 はい。あとは、メーカー取材の撮影で憧れのゲームクリエイターの方にお会いできたときなんか、冷静を装いつつ心のなかでは「いやっほ?い!」って小躍りしてました(笑)。

 

永野 (笑)。反対に、エンジェルになっていちばんつらかった仕事はなんですか?

 

伊藤 当時ハドソンにいらした高橋名人の「公式16連射ブック高橋名人のゲームは1日1時間」という単行本(エンターブレイン刊2009年8月発売)の企画で、「辛うま料理クロスレビュー」というコーナーに参加したときです。

 

永野 辛いもの好き要員として? 恵ちゃん辛いもの好きなんだ。

 

伊藤 はい。それまで辛いものが得意だと自負していたんですが、あのときは自分のなかの激辛の概念が覆されました。激辛と評判のラーメン、スープカレー、ハバネロパウダーがかかった手羽先に挑戦したんですが、ハバネロ手羽先がもう辛いというより痛い! 涙を流しながら途中でリタイヤしたんですよ。

 

永野 あははは。文字通り泣きながら脱落したんだ。辛さって、味覚じゃなくて痛覚で感じるって言うからね。相当痛かったんでしょうね?。高橋名人は、その“痛い”手羽先をふつうに食べていたの?

 

伊藤 はい。おいしそうに食べていて点数も満点の10点をつけていました。

 

永野 名人にとっては至福の企画だったようね。しかしエンジェルの仕事って、なんでもありでたいへんなんだね。これからも誌面やイベントでの活躍、期待していますよ。

 

伊藤 はい、ありがとうございます。がんばります!

?

?

 

 

 


 

 

 

乙女の秘密を覗いちゃおう バッグの中身チェック乙女の秘密を覗いちゃおう バッグの中身チェック

KO5_7360-re

「とにかくアナスイが大好き!」という恵ちゃん。バッグから財布、小物類までほぼアナスイで統一。ガーリーなデザインと、黒とパープルをベースにした大人っぽいカラーリングのバランスが魅力。ほかにも服や靴、コスメなど毎シーズンアナスイのアイテムを必ず買っているそうです。

1とくにお気に入りのアナスイの財布。広げるとチョウチョ型になります

2化粧ポーチ

3ティッシュケース

4PSP用ポーチは“和彩美”製。PSPには『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村G』がささっています

5茶色いがま口の小銭入れは、3年ほど前にお誕生日にお友たちからもらって愛用しているもの。だいぶ使い込んでいい味が出ていますね

6携帯に付いている白クマのストラップは北海道のお土産でもらったもので、北海道の航空会社『エア・ドゥ』のマスコットだそうです。名前は『ベア・ドゥ』。 シャレがきいていてキュートですね。 

 

2011年9月30日 18:58