ブンブン丸
子どものころから大事なことはだいたいゲームを通じて学んできたファミ通編集者。『バーチャファイター』の鉄人としてテレビやイベントに出演していたのはあまりにも有名で、格闘ゲームのイメージが強いが、アクションのみならず、FPS、シミュレーション、アドベンチャーなど、どんなジャンルのゲームもプレイする超雑食ゲーマー。こちらのブログではこれまでのゲーマー人生を振り返りつつ、ゲームに関するさまざまなことについて書きつづる予定。




最新エントリー

話題にしたゲーム

タグ

月別アーカイブ

最近のコメント

“ブンブン丸のゲーマー魂”第10回 ザンギエフ使いのお兄ちゃんの話


ハイドーモ! ブンブンです。
最近はゲーセンで『戦国大戦』。
家では『Continent of the Ninth』というPCゲームをプレイしてます。
『Continent of the Ninth』は無料で遊べるネットワークのPCゲームなので、そのうち紹介したいと思います。
アクションRPGなのに対戦が熱いゲームでおもしろいよ!
こうしてみると、いまもむかしも対戦ゲームばっかだなあ。

 

というわけで今回も、対戦ゲームばかりしていたころの話。
ゲーセンでのバイト時代の話でもしましょうか。

前々回のブログでも書いた通り、一時期は牛丼屋でバイトしながらゲーセンに通っていたんだけど、数軒ある地元のゲーセンのうちのひとつの店長と仲良くなり、気がつけばそのゲーセンでバイトをすることに。
そこは地元ではかなり大きなゲーセンで、『ストリートファイターII`(ダッシュ)』(以下、『ダッシュ』)の対戦台も完備。
筐体のメンテナンスもよくて大会も頻繁に開いていたせいか、『ダッシュ』の対戦がかなり盛り上がっていたんですね。

その店長はゲーム好きで、空いている時間があれば『ダッシュ』をプレイ。
オレがバイトで入っているときなんかは、客のいない午前中に昼飯をかけて全キャラバトル(全キャラの勝ち抜き戦)をやったもんです。
オレが圧勝すると不機嫌になってしばらくやってくれなくなるから、ほどよく負けつつ最終的には勝って昼飯を奢ってもらうっていうのがお約束の流れ。
いやー、店長強くなりましたね! なんて言って気分よくなってもらってたっけ(笑)。
このころに接待プレイってやつを覚えましたね。
さらには店長が遊びで『ダッシュ』を対戦しているとき、なんとなく自分が気に入らない客が連勝しているとそこに乱入させられるのもオレの役目。
新規のお客さんが強くてちょっと調子にのって連勝してると、乱入させられるのもオレの役目。
対戦のときは一応制服のブルゾンは脱ぐんだけど、あくまでバイト中。
なにより店長命令なわけで。
出る杭を叩く連勝ストッパーとしての仕事が確立されていたんですよ。
いまこうやって冷静に原稿にまとめてみたら、すげえ話だなこれ(笑)。

当時はベガが流行っていて、サイコクラッシャーをガードさせて投げる“サイコハメ”という、なんとなくイメージの悪い連携を使って連勝を重ねる常連がいたんです。
店長は彼がピンクのネルシャツを着ていたことから勝手に“ピンクベガ”なんてあだ名をつけていました。
『ダッシュ』をプレイしていた人ならわかると思うんですが、サイコハメは強力な連携のひとつ。
投げ間合いの狭いキャラクターがなんの対策も立てないと、それだけで倒されるなんてこともよくあったわけで。
またピンクベガもピンクベガで、それが通用する相手には徹頭徹尾サイコハメオンリー。
処理するように相手を倒すなんて試合がザラだったんですね。
やられてるほうからすると、ガードしているのに投げられちゃうもんだから納得いかず、おもしろくない。
そしてなにより、このゲーセンでは店長が法律でありジャスティス、ゴッドなわけです。
店長が気に入らないとなれば、どんなに強いお客さんだろうが“悪”と認定される。
いやー、本当にすごい店長でした(笑)。

ピンクベガが連勝をしては、オレがザンギエフやケンで乱入して倒すというのがそのゲーセンでの恒例行事のひとつとなり、ほかのお客さんもその対戦が始まるとギャラリーになっていたり。
そのうちピンクベガもオレに通用しない連携は使ってこなくなったので、ふつうにレベルの高い試合ができたんですね。
オレとしてはバイトしながらレベルの高い相手と『ダッシュ』で対戦できるわけだから、楽しくないわけがなく。
ピンクベガも連勝を止められるのをわかっていながら、なんだかんだで頻繁にゲーセンに来てたなあ。
そんな感じでつねに対戦が盛り上がっていたので、常連となるお客さんが非常に多く、楽しいバイト時代でした。
あとから聞いた話では、「あそこの店員のザンギエフの兄ちゃんがすごく強い」って噂になって、オレとの対戦目当てで来てくれたお客さんもいたそうだから、これはこれでOKだったんだろうなあ。


余談ですがこの店長、自分の趣味を店員に強要するクセがあって、早朝にラジコンやらされたり、電動ガン買ってゲーセンの中でサバイバルゲームさせたりと、そりゃまあやりたい放題でした。
筐体のインストカードをはめておくパネルはBB弾の弾痕だらけ。
オレが辞めるころにはゲーセンの中でラジコンのパーツを販売したり、イグアナやニシキヘビを飼育したりしてましたからね。
もう意味がわかりません(笑)。
そりゃまあ店が潰れてしまうのもいたしかたなかったのかなと!

皆さんも自分が行っていたゲーセンで、おもしろい店員さんやエピソードがあったりしませんかね?


2011年7月29日 22:42