クロスレビュー

平均

-

2ユーザー

スコア

;">
8.5
人気アドベンチャーシリーズがシステムを一新。アクション性が増している。今年1月に他機種で発売された作品に、新シナリオなど追加要素を加えたもの。
詳細を見る

バイオハザード4(PS2)のレビュー・評価・感想情報

こけし
PS2 2007-03-29 16:08:57投稿
9

■視点
アクション戦闘という観点から見れば、面白い視点。
TPSにしては、FPS並に狙いも付けやすくて良いと思う。
が、その代償として、足元が異様に見辛い。
アイテムどこ?敵どこいった?など。
イラっとする事が結構あった。
■アクション面
平行移動できなかったり、ジャンプがなかったり。
FPSと比べると、消化不良な感覚を受ける事もある。
平行移動ができたら、簡単になり過ぎる気もするが。
■怖くない
「ひぃぃ」と言いながら?進むのがバイオハザード。
少なくとも歴代作は、私はそういう感じでプレーしていました。
操作面の変化が大きいのかもしれません。
歴代作のような人らしからぬ不自由な動き。
あの独特な操作が恐怖を煽ってくれていたような気がします。
4は閉鎖感がないのも理由かもしれませんね。
■相変わらずの弾制限
武器屋がいるなら、弾を買えるようにして欲しかった。
好きな武器で進めないのがこのゲーム最大の苦痛かと思うけど・・・
■シナリオ
ICOを少し意識したかな?と思う面もありつつ。
話自体は、ただのおっかけっこの話(略しすぎ?)。
「アンブレラどこいった・・」と思った事もしばしば。
少しは名前出てきますけどね・・・
■まとめ
非常に面白いです。
面白さとしては、バイオの中で一番かもしれないです。
ただ、バイオらしくはないので、何と言って良いか分からないとこも(笑)
少なくとも、購入前に期待していたものとはかけ離れていました。
バイオハザードと言えば、やはりアンブレラとゾンビと恐怖。
ほぼ全ての要素が欠如しています。
新シリーズとしてこのゲームとして買っていたなら、
100点つけてもいいと思う出来。
ただ、人気作の続編として、
購入前の期待と目的に答えてくれているかどうかを
落ち着いて考えると90点・・・
バイオハザードどこいった(汗)

ksk
PS2 2007-01-12 13:03:21投稿
8

 まず、筆者はこのシリーズの他作品についての経験がなく、
この作品のみのプレイに留まっていることをご留意いただきたい。
 ホラーという表現は非常に難しい分野であると思う。
原作がホラーであってもパラサイトイヴ(スクウェア/PS)
などはどちらかといえばロールプレイングとなる様に、
おどろおどろしい映像が即ホラーではないという点がある。
 個人的にはこのバイオハザードも、サスペンスを
感じることはあったが、ホラーという様な怖さ感じたことは
あまりなかった。舞台が欧米ということもあろうが、
SIREN(SCEI/PS2)や着信アリ(映画)、リング(小説)
のように日本人にも馴染み深い材料があったほうが、
ホラーとしては高めることができるのではないだろうか?
 ゲームはどちらかというとFPS的なアクションとして楽しんだ。
ストーリーもアクション洋画的にシンプルで、展開も判りやすい。
操作も難しくなく直感的に行うことができ好感触。
 また、気の抜けないゲームであった。普通ならコントローラーを
置いてしまうムービー部分にもアクション要素があり、
表現としては面白いが、落ち着かない辛さもある。
 グラフィックは文句なし、音楽は特に耳には残らず。
テキストはもう少し量があってもよかったのではないだろうか?
 全体的に、ホラーという看板のアクションゲームの印象。

クロスレビュー

平均

-

2ユーザー

スコア

;">
8.5
人気アドベンチャーシリーズがシステムを一新。アクション性が増している。今年1月に他機種で発売された作品に、新シナリオなど追加要素を加えたもの。
詳細を見る
  1. 1
    『アーマードコア6』小倉プロデューサーインタビュー。「『エルデンリング』などで得たノウハウとACシリーズのコンセプトを合わせた新しいアクションです」
  2. 2
    『新作歌舞伎 FF10』キャスト扮装ビジュアルが解禁。幼少期のティーダ役として尾上丑之助(9歳)が出演決定
  3. 3
    アニメ『鬼滅の刃』上弦の鬼役として宮野真守、古川登志夫、鳥海浩輔、置鮎龍太郎が参加決定! 新PVも公開
  4. 4
    ターン制戦略RPG『SpellForce: Conquest of Eo』(Steam)本日(2/3)発売。ハイファンタジー世界で多彩な呪文と種族を駆使して敵対者を倒せ
  5. 5
    【ポケカ】拡張パック“トリプレットビート”が3月10日発売。トリッキーな“マスカーニャex”や高火力の“ラウドボーンex”などが登場
特設・企画