クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
2.0
時は1600年。ジパングにたどり着いた海賊ウィリアムが、さまざまな武将たちと関わりながら、武士や妖怪たちと壮絶な戦いをくり広げていく、ダーク戦国アクションRPG。
発売日
2017年02月09日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG
メーカー
コーエーテクモゲームス
詳細を見る

仁王(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
10

バトルのプレイ感覚は『DARK SOULS』シリーズに似ているけど、“構え”の使い分けに加えて、敵にも“気力”ゲージの概念があり、奥深い駆け引きが楽しめる。難度が高めの“死にゲー”で歯応えがあるが、回復地点の多さや、オンラインと連動した助っ人システムなど、救済措置が多く、心は折れにくい。世界観やシナリオが練られている点もさすがで、まさにコーエーとテクモのよきところが融合した作品です!

週刊ファミ通1470号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
8

『DARK SOULS』というよりは『Bloodborne』的なテンポのいいアクションが可能で、覚えたスキルの数が増えるにつれて、自在な動きが取れるようになるのは気持ちいい。なかなか歯応えがある難度だけど、全体的に遊びやすくて、丁寧に作られているという印象。とくに、ロード時間の短さはありがたい。扱う武器の種類によっては、もう少し重い感じの攻撃があってよかったかなあとも思いました。

週刊ファミ通1470号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

『DARK SOULS』シリーズなどからの影響が色濃いシステムだが、和風のダークな世界観は目新しく、敵の“気力”がゲージで可視化され、攻防の駆け引きがわかりやすいなど、独自性やコーエーテクモゲームスならではのよさも、しっかりと感じられる。“残心”が戦闘でのアクセントになっていていいし、敵がアイテムを頻繁に落とすので、歯応えがありつつも、くじけずに何回も挑戦するのを楽しめるバランス。

週刊ファミ通1470号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
9

和のテイストと“死にゲー”との融合は、新鮮かつ違和感のないビジュアル面はもちろん、アクション的な部分でも好相性。敵の動きを見極めて間合いを計りつつ、かわしたり斬り込んだりして立ち回るさまは、まるで剣劇のよう。のっけから高難度で遊び手を選びますが、そのぶん、攻略に成功したときには達成感に打ち震えます。史実と幻想が交差する物語は、歴史にそれほど興味がなくても魅力的でした。

週刊ファミ通1470号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
2.0
時は1600年。ジパングにたどり着いた海賊ウィリアムが、さまざまな武将たちと関わりながら、武士や妖怪たちと壮絶な戦いをくり広げていく、ダーク戦国アクションRPG。
発売日
2017年02月09日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG
メーカー
コーエーテクモゲームス
詳細を見る
  1. 1
    『ヴァルキリーエリュシオン』最新トレーラーが7月6日9時に公開
  2. 2
    『ヘブバン』麻枝 准氏インタビュー。今後5年の構想もラストシーンも、その先も頭の中に。完成させるまで死ねないプレッシャーと戦い続けるクリエイターの真意
  3. 3
    『焼肉シミュレーター』がSwitch、スマホにて配信決定。好きなだけ肉が焼けるシミュレーションゲーム。PC版では4つのモードをアップデートで追加
  4. 4
    きみくら×『ゆるキャン△』第3弾が発表。志摩リンが抹茶ティラミスと一緒に注文したお茶のモデル“きみくらの庵”が7/8より販売開始
  5. 5
    『ヘブバン』主題歌・劇中歌担当のやなぎなぎさんにインタビュー。楽曲作りは苦難の連続。「どうか神様」は「マジで神にすがる叫びのように」