クロスレビュー

平均

7.8

1ユーザー

スコア

;">
7.0
人気RPG『テイルズ オブ シンフォニア』の続編。新主人公エミルを中心に、前作から2年後の世界を描く。モンスターと契約し育成するなど、新システムを多数追加。
発売日
2008年06月26日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
RPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-(Wii)のレビュー・評価・感想情報

こけし
Wii 2008-07-02 21:44:56投稿
7

■Wiiになって
Wii独特の機能は一部対応くらいのもので、
あまりWiiコンでプレーする意味はない。
コントローラーの仕様上、
+と−が使いにくいので若干ストレスを感じる。
特にターゲット切り替えの−ボタンは致命的。
操作性は、他のテイルズよりも一段落ちている。
素直にクラコンやGCコンに対応して欲しかった。
■戦闘
操作キャラが実質二人のため、戦闘は飽きが早い。
多種多様な戦い方が出来るテイルズはここにはない。
前作キャラはレベル・装備固定で、ただのおまけ。
モンスターも折角たくさんいるのオート行動。
いつも以上にAIの出来が悪く、
敵の真横で詠唱を始める味方にイラつく事も多々。というかいつも。
作戦指示も少ないし、ターゲット選んでも言う事を聞かない。
また、配置は一応いじれるのだが、
一番遠くに設定しても敵に隣接する。意味が分からない。
他のテイルズシリーズと比べても、戦闘は単調になりがち。
アビスと比べると同じフリーランでも大分つまらない。
ユニゾンアタックは演出がウザくてあまり使う気にならなかった。
そしてもうのダメ要素。フィールドの属性概念。
これがボス戦で異様にウザい。
極悪過ぎる程のリジェネ効果が敵に付く。
属性を書き換えても、あっさり元に戻される。
魔法連打で書き換え→戻される→書き換え→・・という作業がダルい。
■シナリオ
こればかりは好き好きだから、良し悪しは言い辛いが、
前作ファンがシンフォニアの世界を満喫しようと思っても期待はずれかと。
二重人格の主人公とツンデレヒロインの物語が見たいならどうぞ。
■まとめ
決してつまらなくはないのだが、消化不良な感じ。
前作キャラの物語を満喫できないのが大きい要因。
あとは、戦闘。アビスの後だと、やはり、つまらない。
全体的な作りも気になる。
旧ハードのシリーズと比べても、ちょっとしょぼい。
おそらく、プレーすると、
予算少なかったのかな?という印象を受けるはず。
アニメムービーも全くと言って良いほどないし、
クエストも場所の使い回しがひどい。
ダンジョンから町までマップの使いまわしが激しい。
操作キャラが少ないのも調整の手間を省きたかったのか?
モンスターは強制オート行動。
フィールドマップすらないのも悲しい。
グラフィックもPS2レベル。
GCコンやクラコンにも対応してない。
手抜きとは違うと思うし、簡略化とも違う。
普段、他のゲームなら、そう思うのだとうけど。
そういうった全体構造を見ると、一番似合う評価は低予算なゲーム。
■希望
自分は、こんな訳わからん新キャラ主人公じゃなくて、
コレット主人公にして、
ロイドを追った方が絶対面白かったと思うのだが・・・。
そこまで行くと、FF10と似すぎですかね?(笑)
まぁ、なんか、PS2でも発売しそうな気もするので、
その時にコレットサイドみたいのが追加されて出たりして。
というか、出して欲しい(笑)

クロスレビュー

平均

7.8

1ユーザー

スコア

;">
7.0
人気RPG『テイルズ オブ シンフォニア』の続編。新主人公エミルを中心に、前作から2年後の世界を描く。モンスターと契約し育成するなど、新システムを多数追加。
発売日
2008年06月26日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
RPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-に関連

すべて見る
  1. 1
    【ポケモンSV攻略】最強ゲッコウガレイド対策、おすすめはシャワーズ【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    ユンゲラーが『ポケカ』に21年ぶりに復活。騒動の元になったユリゲラーがみずから明かす
  3. 3
    【ポケモンSV攻略】最強ゲッコウガ育成論。げきりゅう型や特殊型など4パターンを紹介【スカーレット・バイオレット】
  4. 4
    『ウマ娘』バレンタイン衣装のアイネスフウジン&メジロライアンが発表。セガ『スターホース4』とのコラボ育成シナリオ実装も
  5. 5
    『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記「知らなかったの オレだけかよ!」 レベル上げで新たな場所を発見(第410回)