クロスレビュー

平均

8.8

1ユーザー

スコア

;">
10
"感染者"と呼ばれるゾンビがうごめく街から、協力者たちとともに脱出しよう。最大4人での協力プレイのほか、ゾンビ側と人間側に分かれて対戦することも可能。
発売日
2009年01月22日
価格
7300円 [税抜]
対応機種
Xbox 360
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る

レフト 4 デッド(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

ドラ麦茶
Xbox 360 2009-03-03 14:17:05投稿
10

「LEFT 4 DEAD」は、「ハーフライフ」や「カウンターストライク」シリーズ、
最近のXBOXでは「ポータル」を作ったValve社制作の、
4人で協力してゾンビと戦うFPS(1人称視点のシューティング)です。
最大の特徴は、ゾンビが走ること。
すでに映画では何作かで取り入れられている手法ですが、
ゲームに導入されたのは、おそらく本作が初めてなのではないかと思われます。
そうです。本作のゾンビ(正確には「感染者」)は、走ります。
遠く離れた場所にいる分には普通のゾンビよろしく、
ゆらゆらと歩いたり、ボーと突っ立ってたりするだけですが、
こちらに気づくや否や、全速力で走ってきます。
壁があったらよじ登り、
高いところかも飛び降ります。
まっすぐ走ってくる奴もいれば、
射線からはずれようとしてるのか、ジグザグに走ってくる奴もいます(笑)。
それが数匹ならまだしも、
何かの拍子に大きな音を立てようものなら、
どこに潜んでいたのか、
数十数百のゾンビが津波の如く押し寄せてきます。
その光景は恐怖を通り越して大爆笑間違いなし。
筆者もゲームでこんなに笑ったのは、
ニンジャ爆死ゲーム「N+」以来です。
協力プレイがウリの今作は、
1人では切り抜けられない仕掛けが満載です。
XBOXLIVEを使っての4人プレイが醍醐味ですが、
1人でもCPUが担当するNPCと共にプレイできます。
面白いのが、「Director AI」と呼ばれる新システム。
詳しいシステムは不明ですが、
プレイヤーの進行状況を逐一判断し、
腕前に応じてアイテムの設置場所やゾンビの出現位置などを
そのつど調整するというもの。
プレイ毎に変わった展開が楽しめるという、画期的なシステムです。
といっても、実際にプレイしてみると
「腕前を判定されている」という実感はあまりありません。
単にアイテムやゾンビがランダムに配置されているような印象はぬぐえず、
さほどすごさを感じないのが正直なところです。
また、マップ数も4つと少なく、
ボリューム不足な感は否めません。
ゾンビが走るという点で、ファーストインパクトは絶大なのですが、
それも当然慣れてきますので、
すぐに物足りなさを感じてくることでしょう。
と、言ったところで、
70点をつけて早々に投稿しようと思ったのですが、
難易度をノーマルからひとつ上げ、アドバンスで遊んでみると、
その評価は激変します。
アドバンスではゾンビ一体あたりのダメージ量が跳ね上がり、
難易度は劇的に変化。
力押しだけでもどうにかなるノーマルと違い、
綿密な作戦が必要となる中では、
前述の「Director AI」が生きてきます。
あるべきところにアイテムが無い……
予想外の場所でゾンビラッシュに合う……
緊張感は格段に増し、
別のゲームと言っても過言ではないくらいに楽しめます。
また、この難易度からNPCの役立たず具合が露見してきますので、
協力プレイの重要さにも気が付きます。
このゲームの真価は、
難易度アドバンス以上にあると断言します。
また、生存者チームとゾンビチームに分かれて戦う、
対戦プレイも用意されています。
生存者側は通常プレイとあまり変わりませんが、
ゾンビ側はまったく別のゲームになるという、
非常にユニークな仕様になっています。
ゾンビにはそれぞれ特徴があり、
お互いの長所・短所を活かした戦い方で
仲間をフォローしあう戦いが非常にアツイです。
うまく連携が決まったときの爽快感は、
1度味わうと病み付きになることでしょう。
が、ゾンビ側での1人プレイが無いのは残念です。
マップにはゾンビでしか行けない場所が多数あり、
各ゾンビの操作方法や、
どういう場所で戦うのが理想的なのか、 等、
プレイ感覚は実戦で覚えるしかないのが不満と言えば不満ですね。
FPSの対戦において、
事前にマップを独り歩きして構造を熟知しておくのは基本中の基本なので、
この辺りのフォローはほしかったところです。
また、ゲーム的にボイスチャットでの連携は必須と言えます。
「ギアーズ・オブ・ウォー」のレビューでも述べましたが、
XBOXでの対戦相手は海外のプレイヤーが中心になりがちで、
言葉が通じないのは大きなハンデとなります。
日本人のフレンドが多くいる方は問題無いですが、
筆者のように友達のいない寂しい人は、
このゲームを100%楽しむことはできません。
言葉が通じない中でも連携が取れた時の楽しさも、
それはそれで味のあるものですが、
みんなでワーキャー言いながら遊ぶのが一番の楽しみであることは
言うまでもありませんね。

クロスレビュー

平均

8.8

1ユーザー

スコア

;">
10
"感染者"と呼ばれるゾンビがうごめく街から、協力者たちとともに脱出しよう。最大4人での協力プレイのほか、ゾンビ側と人間側に分かれて対戦することも可能。
発売日
2009年01月22日
価格
7300円 [税抜]
対応機種
Xbox 360
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る
  1. 1
    『スプラトゥーン3』ローラータイプのブキの情報が公開。スプラローラーとダイナモローラーの登場も発表
  2. 2
    【Amazon】タイムセール祭りが5月28日より開催。Fire TV Stickやnasne、ワイヤレスイヤホン、アニメ『ウマ娘』Blu-rayなどの一部対象商品が発表!
  3. 3
    『星のカービィ』ד特茶”のコラボCM“カービィとおなかのヒミツ篇”が公開。吸い込まれたワドルディとともにおなかの中へ入り、特茶の秘密に迫る
  4. 4
    『ドラゴンズドグマ』が発売10周年。従者を連れてパーティ戦闘ができるハイ・ファンタジーのアクションRPG。巨大モンスターにしがみついて攻撃するのがユニーク【今日は何の日?】
  5. 5
    【ホロライブ×ファミマ】ホロマート初夏のホロまつり第2弾は本日10時よりスタート。今回はあくたん、スバル、ポルカの3人が6絵柄で登場!