『ゼルダの伝説』シリーズの最新作。リンクを操作し、さらわれた仲間を捜すため旅をしよう。会話や攻撃、アイテムの使用などはすべてタッチペンで行うぞ。
発売日
2007年06月23日
価格
4571円 [税抜]
対応機種
DS
ジャンル
アクションRPG
メーカー
任天堂
詳細を見る

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計のレビュー・評価・感想

ファミ通公式レビュー準備中

みゆき
DS 2013-06-23 19:17:56投稿
9

良かった点
DS機能を最大限に活かしてます。
いつものゼルダとは違う操作、謎解き、デザイン。
ボス戦もタッチで面白いです。
親子でクリアしました。

悪かった点
某神殿を何回も行き来します…時間制限もあるので小さいお子様には難しいかも…

総評
とても面白かったです、クライマックスは感動的です

よしくん
DS 2008-10-31 00:43:20投稿
10

このゲームのレビューはいまさらな気がしますが、文句無くおもしろいゲームだと思います。DSの上下2画面の性質もうまく使っているし、剣や弓、鉤爪ロープなどアイテムもそれぞれ工夫されていてとてもおもしろい。またステージ毎に新しいアイテムが出てくるがそれをいかに上手く使うかがステージクリアーの鍵になっていてよく作りこまれている。ミニゲームも本編以上にハマリます。まだプレイしていない方は是非やってみてください。

まあち
DS 2008-02-20 20:36:15投稿
10

ゼルダの伝説はSFC版を途中で放棄した以来でした。初めはやや苦手意識はあったものの、程よい難易度、ところどころにあるナゾが解けたときの手ごたえ!抜群で、ストーリーにもぐいぐい引き込まれました。個人的にはミニゲームのダーツゲームはムキになるほどお気に入りです。
値段以上に楽しめるゲームでした。

こけし
DS 2007-09-01 23:29:47投稿
8

■ライト向け
う〜ん。他のソフトレビューでも散々書いているが、
毎度おなじみになってきた低ボリュームと低難易度。
残念な事に、ゼルダにもその傾向が強く出てしまった・・・。
ボスが弱すぎる上に、謎解きが簡単。
雑魚なんて、適当に突くだけで死ぬ。
トワプリも歴代ゼルダと比べて、かなり簡単だと言われたが、
夢幻はトワプリよりさらに全ての難易度が下。
■タッチペン
全てタッチペンというのは、かなり大胆な事をしたと思う。
ただ、やはり、前転等、思い通りに動かないアクションもある。
逆に攻撃なんかは適当につついてれば良かったりする。
ブーメランは良かったと思う。
慣れるまでは、新鮮でそれなりに楽しいが、
慣れてくると爽快感がないだけでダレてくる。
■移動の面倒さ
タクトの欠点が改善されてない。舟の移動速度遅すぎ。
その上、同じ場所(海や神殿)を何度も何度も、
行ったり来たりする事になるので、かなり面倒。
■セーブ
セーブして、再開すると入り口から。
お手軽にサクっとがモットーのDSではないのか?
ゲームのボリュームを減らす前に、
まず最初に、こういうとこに拘るべきだと思う。
■価格
トワプリが、6800円でクリアまで、50時間程。
砂時計 が、4800円でクリアまで、15時間程。
何故、+2000円するだけで、トワプリは、35時間も多く遊べるのか・・・
短さへの不満を数字で表すと、こんな感じかな(笑)
結局、いつものDS3Dゲーム特有の割高感。
長けりゃ良いってものでもないですけど、
他機の同シリーズと比べても、
損したなという感覚はどうしても強くなる。
■まとめ
ゲーム経験やゼルダ経験の少ない人向けです。
アクションアドベンチャーとしてはそれなり。
ボスも弱いし、謎も簡単だし、
ファンとしては楽しみ所が良く分からなかったが・・・

猫まくり
DS 2007-08-18 05:37:40投稿
9

リンクたちを乗せた海賊船は、濃霧の中にウワサの幽霊船を発見する。
勇んで幽霊船に乗り込んだのは、海賊のお頭のテトラ。
だが、待っていたのはテトラの悲鳴と、そのまま去っていく幽霊船。
テトラを助けようとしたリンクは海へ落ち、ある島に流れ着いた……。
基本は上から見下ろした形のアクションRPGです。
ダンジョンやフィールドで、画面にヒントをメモしながら、
あるいは、道具やユーザーの発想を駆使しながら攻略するのが特徴です。
シリーズの続編らしいのですが、ストーリー的には外伝にあたるようで、
私は前知識なしでもまるで問題ありませんでした。
タッチペンでこれだけ自在に操作できることにまず驚きます。
DSのふたつの画面を上手につかったボス戦と、独特の攻略法は、
能力値を高く設定しただけの退屈なボスが出るゲームとは楽しさが違います。
また、タッチペンの特性を活かしているのがメモ機能。
ヒントや地図情報などを自分で書き込んでいくのは達成感があり、
まさにDSのための謎解きアクションRPGです。
本編とは別に、wi-fi通信を含むパズル的な対人対戦モードもいいです。
実力の近い人、回線の切断数に応じたマッチングがなされていて、
本編で手に入れたおたからなどの交換もできます。
アクション難度は普通ですが、回復アイテムがどんどん出ます。
なので、なかなか死にませんが、先に進めないことは多々あります。
とにかく謎解きの難度が絶妙なので。
ライト感覚のゲームが多いDSのゲームを中心にやっていた人で、
そろそろ本格ものに手を出そうかと思う人にうってつけのゲームです。

0成り
DS 2007-08-01 21:02:52投稿
8

 見出しのとおり,サクサク進む=謎解きは簡単という事である。
 だが,ゼル伝シリーズに慣れていない人は難易度は高めに感じるかもしれない。しかしダンジョン攻略は攻略本無しでも本当にサクサク進むので,攻略本は隠し要素を見る為だけに買えばいいと思う。
 今までの携帯機ゼル伝のシリーズとは違い,一フロアごとの画面の切り替えが無い。その点でもサクサク進む。
 アクションは,けっこう爽快。敵を剣でバッサバッサ倒していくのは気持ちいい。
 タッチペンを使ったブーメランやスコップなどの武器の使用は使っているだけでも面白い。自分としてはストーリー終盤の武器が好き。
 ムービーも良かった。特に動きが素晴らしく,数年前のフルCGアニメのの様だった。しかし,ムービー中など顔がアップするシーンのドットの粗さが少々気になった。
結論:アクションや謎解きが好きな方は買って損は無いと思う。面白いです。DSを持っているのだったら買ってみたほうがいいと思う。

砂糖醤油
DS 2007-07-10 00:40:58投稿
9

まだ始めて2時間ぐらい、途中なのですが、タッチペン操作による
小気味良いアクションがヒジョーによいですねー!
海に出たときの勇ましい音楽、ゼルダらしいBGM、効果音の数々は
文句のつけどころが無いです。
海図に関する謎解きギミックにも感動。
海のボス戦は、操作が斬新(!?)で、面白いです。
しかし、DSポリゴンのドットの荒さが正直、
気になってしまいます。いっそ、3Dはやめて2D(背景だけ3Dとか)が
よかったのでは…なんて風にも思います。マリオカートみたいにね。
せっかくのカワイイキャラの顔のドットがつぶれて見えるのが
ちと残念です。。。
でも、いつでもどこでも、時間を問わずにサクっと始めて
サクっとやめられる軽快さは、DS最大の武器ですね〜!
かといって、ゼルダはコンパクトなゲーム、って感じじゃなくて、
しっかり身の詰まった感じ。じっくり、遊びますよー。

リオン
DS 2007-07-04 19:15:03投稿
10

みんな最初は、タッチペンだけだと操作が不安だ!
って人がほとんどだと思う。しかし、
想像以上にタッチペンでの操作性は良い
スグに不安感は無くなり、コレもありだなと思うはず。
(前転だけは、やりずらいかな)
 
謎解きも最初は簡単で、中盤以降段々と
難しくなるのだけど、どれもやっていて楽しい。
(中には超難しいのも何個かある)
敵との戦闘も、タッチペンだと操作が楽で
ボス戦は、適度の難易度なので初心者にも
受け入れられるはず。
 
リアルショップでは、どこも売れきれで、
店頭価格が安いのに、買い取り価格は超高値!
 
読めない漢字があっても、読めない漢字に
タッチペンをあてるとヒラガナで表示がUP
されるので、子供にも優しい。
 
左利きの人の為の配慮もされてて
手の届かない所まで丁寧に作られている。
 
タッチペンで文字を書きながら
進めるシステムが新鮮!
マイクも使うし、フO使ったり
システムがマジで良いです。
 
余計な所まで、作りこまれているので
ボリューム不足が心配な人もいると思うが
そんな事はなく、驚くほどの大ボリューム!
複数のミニゲームやダンジョンのタイムトライアル
船の改造など、書ききれないほどの
やりこみ要素があるので、初心者だけじゃなく
マニアの人にもうけること間違いなし!
(終わってからのセーブとってからの
オマケ要素はナシ)

『ゼルダの伝説』シリーズの最新作。リンクを操作し、さらわれた仲間を捜すため旅をしよう。会話や攻撃、アイテムの使用などはすべてタッチペンで行うぞ。
発売日
2007年06月23日
価格
4571円 [税抜]
対応機種
DS
ジャンル
アクションRPG
メーカー
任天堂
詳細を見る
  1. 1
    『スプラトゥーン2』最後のミステリーゾーン“ディアセンパイ”でメガホンレーザー復活。イイダの想いがこもったエモすぎるステージを解説
  2. 2
    アーシェとフランのEX武器が真化対応! フランは覚醒70解放も実施【2019.7.22アプデ情報】 - 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト
  3. 3
    『シン・エヴァンゲリオン劇場版』新映像“特報2”Web公開。シンジ、レイ、アスカ、マリら主要人物とともに渚カヲルの姿も
  4. 4
    アニメ最新作『SAO アリシゼーション』最新PV&キービジュアルが解禁! 10周年記念イベントのCMや追加グッズの情報も
  5. 5
    『ファイアーエムブレム 風花雪月』レビュー。キャラクターひとりひとりの育成と、悩みどころ満載の戦闘が楽しい!