クロスレビュー

平均

8.3
『勇者警察ジェイデッカー』や『ナイツ&マジック』などが新規参戦したシリーズ30周年記念作品。“タクティカル・エリア・セレクト”や“AUTOバトル”などの新要素を実装。メーカーアンケートメ
発売日
2021年10月28日
価格
8600円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

スーパーロボット大戦30(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

シリーズで培ってきたテンポのよいゲーム性はそのままに、“AUTOバトル”が搭載されたことで未経験者でもより手軽に物語展開が楽しめるようになったのは◎。ただ、大量のテキストのみのチュートリアル、英語と日本語表記が混在するメニューUIなど気になる部分も多く、欲を言えばもう少し“洗練されたわかりやすさ”が欲しかった。とは言いつつも、戦闘や育成の楽しさはそのまま。安定感のある完成度。

週刊ファミ通1717号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

プレイするミッションを選べる形式に変わり、自分のお気に入りの機体やキャラが登場するミッションを優先して進められるようになったのがうれしい。“AUTOバトル”の機能が追加されたのも便利で、それほど戦略にこだわらなくても平気な場面や、経験値稼ぎのバトルに大活躍。これらの仕様が、ゲームにあまり時間を割けない現代人にもマッチしている。戦闘シーンの演出は相変わらずド派手で痛快。

週刊ファミ通1717号より

梅園ウララ
ファミ通公式 PS4
8

出撃するエリアを選べることで、プレイスタイルに合わせた進めかたができたり、好きな機体を早めに獲得できるのがいいですね。相変わらず細やかなバトルアニメや、原作アニメの出撃シーンにも見入ってしまいます。“AUTOバトル”は機体の移動に充てるターンなどで重宝。すぐにオンオフできるのも便利です。大きな変化ではないけれど、コマンドなどのUIがスッキリ見やすくなっているのも○。

週刊ファミ通1717号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS4
9

戦闘シーンは『スパロボ』シリーズでも最高峰の仕上がり。カットインが豊富でいろいろな武器を試したくなる。選んだミッションによってストーリーの展開や、ユニットの入手順番が変化する新システムも好感触。“AUTOバトル”は攻略に使うには心もとない印象だが、ながらプレイで稼ぎに利用するなら便利かも。Hi-νガンダムや『サクラ大戦』シリーズなどの参戦はうれしい反面、DLCなので賛否が分かれそう。

週刊ファミ通1717号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3
『勇者警察ジェイデッカー』や『ナイツ&マジック』などが新規参戦したシリーズ30周年記念作品。“タクティカル・エリア・セレクト”や“AUTOバトル”などの新要素を実装。メーカーアンケートメ
発売日
2021年10月28日
価格
8600円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

スーパーロボット大戦30に関連

すべて見る

スーパーロボット大戦30に関連

すべて見る
  1. 1
    新型PS5比較まとめ。値段やサイズ、重さ、入出力端子の違い、ディスクドライブの取り外し方などを前モデルの写真と合わせてお届け
  2. 2
    『Travellers Rest』ファンタジー世界で酒場を営むシミュレーション【とっておきインディー】
  3. 3
    『Identity V 第五人格』並行世界が舞台の新企画“トゥルース&リーズニング”が発表。小説やマンガなどメディアミックスで展開予定
  4. 4
    『ペルソナ3』が発売された日。スタイリッシュなデザインと新たなシステムで生まれ変わった、シリーズの転換点【今日は何の日?】
  5. 5
    『スト6』キャンセルドライブラッシュの“→→入力”が苦手な人も安心の新入力が追加。ラシードとともに7月24日実装