クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
『レフト4デッド』の制作陣が手掛けるFPS。人類を脅かすゾンビ“リドゥン”に、固有の能力を持つ“クリーナー”が立ち向かう。最大4人での協力プレイやPvPが可能。
発売日
2021年10月12日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS5 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
Warner Bros. Interactive Entertainment
詳細を見る

Back 4 Blood(PS5)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS5
8

『レフト4デッド』のよい味を残しつつ、よりプレイに深みが増す方向性に昇華。ゲーム展開が刻々と変化するカードシステムによってローグライク的な醍醐味が生まれ、また武器にレア度が設定されたことでハクスラ的な楽しさが味わえるようになった。チュートリアルが説明不足で慣れるまでルールやシステムが少々わかりにくいのは気になるが、遊ぶごとに発見があるゲーム性でやり込み甲斐は十分。

週刊ファミ通1717号より

ウワーマン
ファミ通公式 PS5
8

自身を強化できるデッキの構築が予想以上に楽しい。特定武器に特化させるなど、いわゆるビルド的な用途なのでカード集めにも俄然熱が入りますね。お金やスタミナの存在は単なる枷ではなく、ゲームのおもしろさアップにしっかり貢献しています。武器種がそれなりに多いので射撃訓練場の存在が地味に便利。システム解説がムービーだったりして導入からしばらくは少し説明不足に感じたかな。

週刊ファミ通1717号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS5
8

シューティングゲームとしての基本的な部分はスタンダードだけど、ゾンビ的な存在の“リドゥン”は素早い個体や巨大なものもいて、ハラハラさせられる戦闘がエキサイティング。また、カードを選んでデッキを組み、キャラを強化させるシステムが独自のおもしろみをプラス。これによって、プレイスタイルに幅が出るし、カード集めも楽しみに。難度の上昇度合いは、もう少し緩やかだとよかったかな。

週刊ファミ通1717号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS5
8

速いゾンビの草分け『レフト4デッド』の後継作らしく、軽快なスピード感がナイス。自身やチームを強化するカードをインターバルごとに引くというシステムもユニーク。ステージのクリアー報酬でカードデッキをさらに充実させていくサイクルですが、ソロキャンペーンは報酬がほぼないのが残念。やはりフレンドと助け合いながら、もしくは野良プレイヤーと緊張感を持ちながら遊ぶのがいいですね。

週刊ファミ通1717号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
『レフト4デッド』の制作陣が手掛けるFPS。人類を脅かすゾンビ“リドゥン”に、固有の能力を持つ“クリーナー”が立ち向かう。最大4人での協力プレイやPvPが可能。
発売日
2021年10月12日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS5 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
Warner Bros. Interactive Entertainment
詳細を見る

Back 4 Bloodに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
  5. 5
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
特設・企画