クロスレビュー

平均

7.8
北欧神話をベースにした世界を冒険するリアルタイムストラテジー。広大な新大陸“ノースガード”で、動物や亡霊の戦士などと戦いながら、資材を集めて町を築いていく。
発売日
2020年11月26日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
リアルタイムストラテジー
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る

ノースガード(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
7

食料や資源を集め、ときには敵と戦いながら、コツコツと未開の土地を開墾していく達成感が心地よい。インターフェースデザインはよく練られておりストレスのない操作性が◎。ただフォントがかなり小さく、文章の改行位置も変なのでメッセージが読みにくいのは難。また最低限のルール説明はあるが、何をどうすればどうなるのかの流れがわかりにくく、手探りで覚えていく展開は好みが分かれるか。

週刊ファミ通1668号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

バイキングたちを指揮しながら、未開の地を開拓していくのがめちゃくちゃ熱い。村人に役割を与え、思い通りに事が運んだときは何とも言えない達成感がありますね。見張り台などの軍事施設を除けば、施設の配置場所はほぼ考慮しなくていいのが楽チン。クランごとに攻略のアプローチが異なるのもいい感じです。ただ、もう少し丁寧な解説が欲しいかな。スイッチのTVモードだと文字が小さいのもツライ。

週刊ファミ通1668号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

限られた資源や村人を運用して領土を拡大していくのは緊張感があり、最初のうちは各要素のバランスが破綻しないように生き延びるだけでもたいへんだけど、試行錯誤して覚えるのも楽しい。訓練所や狩猟小屋などの施設を建て、そこに割り当てるだけで、村人を多彩な役職に従事させられる仕組みもわかりやすくていいね。複数種類の勝利条件があり、“クラン”ごとの特徴を活かす戦略性もナイス。

週刊ファミ通1668号より

梅園ウララ
ファミ通公式 Switch
8

カジュアルなRTSですが、内政と領地取りの楽しさがバランスよく味わえる作品。大陸は小さめの区画に分かれ、建設可能な建物が異なっているため、どこから取るか、何を建てるべきかわかりやすい。ストーリーモードは章仕立てで、コツをつかむのに最適ですね。他勢力と争うモードでは、覇権を取るために複数の手段があったり、スピード感があるのも○。全体的に表示がもう少し大きければよかった。

週刊ファミ通1668号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8
北欧神話をベースにした世界を冒険するリアルタイムストラテジー。広大な新大陸“ノースガード”で、動物や亡霊の戦士などと戦いながら、資材を集めて町を築いていく。
発売日
2020年11月26日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
リアルタイムストラテジー
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る
  1. 1
    FPS『The Cycle: Frontier』が9月27日でのサービス終了を発表。初期のチート問題から立ち直りきれず、継続を断念
  2. 2
    話題の『ストグラ』考。ここはストリーマーが夢を叶える街。特別じゃない人のロールプレイをする花火のようなひととき【GTAオンライン】