クロスレビュー

平均

9.5

1ユーザー

スコア

;">
2.0
“翔蟲”を駆使してくり出す新アクションを多数追加した、シリーズ最新作。ハンターをサポートする“オトモガルク”や、新環境に生息する未知のモンスターも登場する。
発売日
2021年03月26日
価格
7990円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
カプコン
詳細を見る

モンスターハンターライズ(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
10

“翔蟲”を使ったアクションにより、空中を飛び回れるのが『モンハン』としては新鮮。高低差のあるフィールドを自在に駆け、幅の広がったアクションを駆使して狩りを行うのが楽しい。“オトモガルク”に乗っての移動も便利。和風のテイストや妖怪モチーフのモンスターなども○。できることが多いぶん、操作が複雑化してしまった側面もあるけれど、動きの自由度や爽快感が高まっているのが好印象です。

週刊ファミ通1686号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
9

ガルクに乗ってのエリア移動の快適さは、初心者にもうれしい要素。ガルクは戦闘要員としても頼もしく、シングルプレイでも共闘感を満喫できます。“翔蟲”アクションは覚えることが多めですが、使いこなすとよりスタイリッシュに狩猟できるのがいいですね。和風に振り切った舞台設定は演出面でも独自の魅力を発揮。里の住人も個性派揃いで、クエストをこなして反応を見るだけでもイメージが広がります。

週刊ファミ通1686号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
9

自分と近い技量のプレイヤーとマッチしたときのオンラインプレイと、気心の知れた仲間とのローカルプレイ、どちらも楽しい! 後者にはPSP時代の興奮も蘇りました。根幹の部分はそのままに、新規採用の“翔蟲”アクションで移動がラクになったり、ボイスでモンスターや仲間の動きがわかるようになったりで遊びやすい。のっけから覚えることが多く、初心者の参入障壁は依然としてちょっぴり高めかな。

週刊ファミ通1686号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
10

空中や壁も移動範囲になる“翔蟲”アクションが、フィールドの探索にワクワクをプラス。山の頂上を目指すなど寄り道が楽しい一方で、“オトモガルク”の登場と大型モンスターの位置表示で、移動自体が快適に。肝心の狩りも“翔蟲”を駆使した空中攻撃や特殊技、そしてモンスターに乗って狩る“操竜”と、映えるアクションが増えて爽快感がアップ。和テイスト溢れる世界と演出、モンスターも新鮮です。

週刊ファミ通1686号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.5

1ユーザー

スコア

;">
2.0
“翔蟲”を駆使してくり出す新アクションを多数追加した、シリーズ最新作。ハンターをサポートする“オトモガルク”や、新環境に生息する未知のモンスターも登場する。
発売日
2021年03月26日
価格
7990円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
カプコン
詳細を見る

モンスターハンターライズに関連

すべて見る

モンスターハンターライズに関連

すべて見る
  1. 1
    『ヴァルキリーエリュシオン』最新トレーラーが7月6日9時に公開
  2. 2
    『ヘブバン』麻枝 准氏インタビュー。今後5年の構想もラストシーンも、その先も頭の中に。完成させるまで死ねないプレッシャーと戦い続けるクリエイターの真意
  3. 3
    『焼肉シミュレーター』がSwitch、スマホにて配信決定。好きなだけ肉が焼けるシミュレーションゲーム。PC版では4つのモードをアップデートで追加
  4. 4
    きみくら×『ゆるキャン△』第3弾が発表。志摩リンが抹茶ティラミスと一緒に注文したお茶のモデル“きみくらの庵”が7/8より販売開始
  5. 5
    『ヘブバン』主題歌・劇中歌担当のやなぎなぎさんにインタビュー。楽曲作りは苦難の連続。「どうか神様」は「マジで神にすがる叫びのように」