クロスレビュー

平均

8.8

ユーザー

スコア

;">
-
中世ヨーロッパの暗黒時代が舞台のオープンワールドRPG。ヴァイキングのリーダーとして戦士団を率い、敵地に赴いて熾烈な戦いをくり広げながら拠点を開拓、発展させていく。
詳細を見る

アサシン クリード ヴァルハラのレビュー・評価・感想

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

仲間とともに行う襲撃やロングシップでの航海など、ヴァイキングの文化や生きかたをゲームシステムに落とし込みつつ描いているのが見事。雪深いノルウェーや美しい風景が広がるイングランドの作り込みもすばらしく、探索するのが楽しい。序盤こそ、アクション面に物足りなさを若干覚えるが、スキルツリーでの成長や物語の進行につれてできることが増えていくと、どんどんおもしろくなっていく。

週刊ファミ通1669号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS4
8

シリーズ定番の暗殺(教団)要素が、武闘派主人公のサイドストーリーから徐々に浸透していくさまが新鮮。キャラの強化はスキルポイントの割り振りで比較的簡単に行えますが、戦闘自体は的確な回避操作ができてこそのバランス調整です。メインストーリーは、登場人物の関係性がしっかり描写されているだけに、寄り道しつつも飽きることなく追い続けられます。直感的ではないナビ関連表示が少々残念。

週刊ファミ通1669号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
9

北欧神話と深く結びついたヴァイキングの文化や生き様を体験できるのがすばらしい。派手に武勲を立てる醍醐味が、隠密なアサシンらしさより優先されていますが、これはこれでエキサイティング。前作と共通の、どこへでもスイスイと上っていけるアクションが、ダイナミックさとステルス性とを両立しています。新天地での建築要素は、ノース人の歴史を感じながら、モチベーションが保てるのがいい。

週刊ファミ通1669号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 PS4
9

アサシンのステルスと一見ミスマッチと思える、ヴァイキングの荒々しいアクションとキャラクターとの組み合わせが、刺激的な化学変化をもたらしシリーズに新たな魅力を生み出すことに成功。仲間と集団で敵の拠点を強襲&略奪するときの高揚感は、ゲームだからこそ味わえる格別な体験。フィールドも、高低差や気候などでさらなる広がりを見せて、魅力である探索の手応えもパワーアップしている。

週刊ファミ通1669号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.8

ユーザー

スコア

;">
-
中世ヨーロッパの暗黒時代が舞台のオープンワールドRPG。ヴァイキングのリーダーとして戦士団を率い、敵地に赴いて熾烈な戦いをくり広げながら拠点を開拓、発展させていく。
詳細を見る

アサシン クリード ヴァルハラに関連

すべて見る

アサシン クリード ヴァルハラに関連

すべて見る
  1. 1
    これが34年ぶりの新作『月風魔伝』だ! やめどきを失う地獄の周回『GetsuFumaDen: Undying Moon』先行プレイレビュー
  2. 2
    【PS5】セブンネットショッピングにて抽選販売が実施。応募受付は5月24日15時まで
  3. 3
    『星のカービィ』×GUコラボコレクションが本日(5月14日)発売。カービィの“やわらかさ”や“愛くるしさ”をイメージしたパジャマやトートバッグがラインアップ
  4. 4
    『ドラゴンクエスト』シリーズ最新作の発表も! 35周年記念生放送が5月27日に配信決定
  5. 5
    ゲーム『ウマ娘』ヴィクトリアマイル応援ミッション登場。阪神ウマ娘ステークスの開催時期は?【春のGIキャンペーン第2弾】