クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
物語の舞台は、電波塔に支配された歪んだ世界。主人公の少年“モノ”は少女“シックス”とともに電波塔へ向かい、ふたりで助け合いながら多くの困難が待つ道を進んでいく。
詳細を見る

リトルナイトメア2(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
9

前作と比べ、リトライ時のロード時間がほばなくなったのはいい進化。ひらめきや瞬時の判断などがバランスよく要求される数々のギミックは秀逸で、NPC(仲間)を活かした謎解きもよく練られている。画面が暗すぎて奥行き感などがつかみにくい仕掛けもあるけれど、先に進むごとに“遊びが変化する”魅力的な展開が◎。いい意味で、狂ったビジュアル演出は圧巻。物語の考察も含めて楽しめるゲーム性もよい。

週刊ファミ通1679号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

プレイ感覚自体は前作から大きく変わっていない印象。追跡者から逃れる際の緊迫感は今回も心臟バクバクでした。ビジュアルは美しく、それゆえか登場する何もかもが不気味に見えますね。屋内外の変化に富んだステージのおかげで、多彩な謎解きが体験できるのもいい感じ。シックスの協力する姿が健気で手を引かれるところもかわいかったです。謎めいた世界観は相変わらずで考察も楽しい。

週刊ファミ通1679号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

不気味なムードとかわいさのあるキャラが混在する独特のテイストは健在。インパクトのある町の住人から逃れる緊張感や、ほどよく考えさせられる謎解きも相まって世界観に引き込まれる。シックスと手を取り合って進んでいくのも心をつかまれる要素。前作を知っていれば、謎めく物語を考察するのがより楽しみに。リトライ時のロード時間がほぼなくなり、やり直しが苦ではなくなったのはうれしい。

週刊ファミ通1679号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

恐怖や気味の悪さを感じさせる演出が一級品。登場するボスたちもトラウマものです。シックスがいる安心感と、別離の不安が緩急をより強調していますね。彼女も協力してくれますが、仕掛けは固定観念に縛られていると突破できないうえ、解法がエグいのも精神を削られます。でも失敗してもすぐ再開できるのはありがたい。アイテムの回収で周回するため、各章が場面ごとに細分化されていれば、とも。

週刊ファミ通1679号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
物語の舞台は、電波塔に支配された歪んだ世界。主人公の少年“モノ”は少女“シックス”とともに電波塔へ向かい、ふたりで助け合いながら多くの困難が待つ道を進んでいく。
詳細を見る

リトルナイトメア2に関連

すべて見る

リトルナイトメア2に関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画