クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
伝説のベルトスクロールアクションが26年ぶりに復活。屈強な主人公を操作して、拳を武器に、コンボや必殺技で犯罪組織に立ち向かう。最大4人までのマルチプレイ対応。
詳細を見る

ベア・ナックルIV(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

まず。長い時を経てシリーズの続編を遊べることが熱い。絶妙な間合いからの攻撃など、敵の動きにいやらしさを覚えつつも、それを踏まえていかにうまく立ち回るかを考えるのは楽しく、懐かしいベルトスクロールアクションの手触り。移動スピードがゆっくりめなのは、昨今の軽快なアクションに慣れているとストレスに感じるか。レトロな姿のままの、シリーズ過去作のキャラが使用できるのはナイス。

週刊ファミ通1642号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
9

複数の敵を一度に吹き飛ばしたり、ギミックを利用したりして仕留める痛快さと、接近戦に強い敵と対峙する緊張感が断続的に押し寄せるゲームテンポは、まさに「ベア・ナックル」。独自のアートスタイルを貫きつつも、スコア累計でシリーズ過去作のプレイヤーキャラが開放される要素なども盛り込み、おっさんゲーマーの共感を得やすい作りです。ストーリーがやや尻すぼみな点以外は、とくに不満なし。

週刊ファミ通1642号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
9

キーコンセプトを貫いた続編。アメコミ風に変化したビジュアルは、「当時は気づかなかったけど、ドット絵を通して脳内で見ていたのはコレなんじゃないか」と思えるほどの相性のよさ。ひたすら殴ってコンボをつなげる快感は、不変のものと再確認しました。数が増えたプレイアブルキャラは、選択時にキャラの特性が示されず、ゲームオーバー後の再挑戦時などに若干不便。手ごろな価格で満足度が高い。

週刊ファミ通1642号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
8

1990年代初頭のベルトスクロールアクションの雰囲気を色濃く残しつつ、操作性や演出が現代仕様にチューニングされたプレイ感。必要最低限のイベントでありながら、ストーリーを感じつつ戦えるステージ構成、攻撃タイプごとに外見が異なる視認性抜群の敵キャラたちなど、丁寧な作りが光ります。最大4人でのプレイや幅広い難易度設定により、エンジョイ勢からガチ勢まで遊べる間口の広さもいいね。

週刊ファミ通1642号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
伝説のベルトスクロールアクションが26年ぶりに復活。屈強な主人公を操作して、拳を武器に、コンボや必殺技で犯罪組織に立ち向かう。最大4人までのマルチプレイ対応。
詳細を見る

ベア・ナックルIVに関連

すべて見る

ベア・ナックルIVに関連

すべて見る
  1. 1
    『ガキ使』一番くじよりムキムキマッチョな松本のフィギュアや子ゴリラ浜田のぬいぐるみなど爆笑不可避の賞品ラインアップが公開【デデーン】
  2. 2
    映画『ゆるキャン△』本日(7/1)公開! グッズ情報&新規カット一挙解禁。原作者あfろコメントが到着「飯テロもしっかり“劇場版”です」。
  3. 3
    『モンハンライズ:サンブレイク』狩猟解禁記念:攻略情報まとめ【全14武器種編】 自分にピッタリの武器を見つけよう
  4. 4
    【FGOフェス2022】カーマの描き下ろしイラストが公開。英霊召喚フォトスタジオのコンセプトアートも解禁
  5. 5
    “ハローキティ”デザインのベイブレードが9月17日に発売。プリティーなお顔を中央にドドン!とデザイン。バトルでもちゃんと強い