クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
闇から息子を救い出すために、戦士Haggisとなって、神々から忘れ去られた暗黒の世界を冒険。道中で武具やアイテムを調達しながら、襲い来る強靭な敵たちに立ち向かう。
発売日
2019年08月08日
価格
1185円 [税抜]
ジャンル
アクション / RPG
メーカー
eastasiasoft
詳細を見る

Odallus: The Dark Call (オダラス: 闇の呼び声)(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

『悪魔城ドラキュラ』や『魔界村』シリーズを彷彿させる、ゴシックファンタジーの作風が魅力的。ファミコン以上、スーパーファミコン未満といった趣のレトロさ加減は不思議な感じ。シンプルなアクションをベースにしつつ、クリアー済みのステージを再び訪れて探索する構成は、ひと捻りあっていいね。懐かしのスタイルだけど、主人公の強化の要素などもあってハードすぎない調整で、意外と遊びやすい。

週刊ファミ通1602号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
7

足場につかまるアクションや、サブウェポンを使い分ける要素が、基本的に大味な間合いとタイミング取りに対して多彩な選択肢を与えています。新たなアクションを獲得してからクリアー済みのステージに再挑戦し、隠し部屋を探す楽しみもあり、ファミコン後期に見られた、極まった作りのアクションゲームっぽさを堪能できます。セーブ時に、フィールド内の場所が記録されない点は、少々不便です。

週刊ファミ通1602号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
7

MSXを連想させるビジュアルやUI、そして本格派RPG登場以前の“RPG風味”が特徴的。ただ、いまや1980年代の作品にインスパイアされたタイトルが多いだけに、独自の要素がほかにも欲しかった。アクションが苦手な向きにはなかなかハードですが、強力な武器や回復アイテム、成長要素に助けられ、先を目指す気になれます。意外性のある攻撃を仕掛けてくる、ボスキャラたちとの対決がチャレンジング。

週刊ファミ通1602号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
8

グラフィックや音楽だけでなく、キャラのカクカクした動きから敵との間合いにいたるまで、パソコン黎明期のゲーム“のような”ではなく、もはや“そのもの”の出で立ち。アクションにハメや理不尽さを残しつつ、ステージ探索の自由度が高く、遊びの質は現代に寄せている。購入するたびに商品の値段をつり上げる店など、難度は高めだが、死亡時にアイテムが没収されないやさしさに“いま”を感じます。

週刊ファミ通1602号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
闇から息子を救い出すために、戦士Haggisとなって、神々から忘れ去られた暗黒の世界を冒険。道中で武具やアイテムを調達しながら、襲い来る強靭な敵たちに立ち向かう。
発売日
2019年08月08日
価格
1185円 [税抜]
ジャンル
アクション / RPG
メーカー
eastasiasoft
詳細を見る
  1. 1
    『ドラゴンクエスト』堀井雄二氏が“グリコのおもちゃ”を制作! ゲームにも活きるオマケ的発想の根源と『DQ』最新情報に迫る
  2. 2
    『ウマ娘』ローソンコラボキャンペーンが12月13日より開催。キタサンブラック、サトノダイヤモンドたちの限定クリアファイルがもらえる!
  3. 3
    【ポケモンSV攻略】最強のリザードンレイド対策&おすすめのポケモン【スカーレット・バイオレット】
  4. 4
    『ガンダム 水星の魔女』12月18日の放送は休止。第1クール最終回となる12話までの放送スケジュールを公開
  5. 5
    『ワールドトリガー』天羽月彦が適合した黒トリガーの情報などが公開。天羽が玄界人(三門市民)ということも公式TwitterのQ&Aで明かされる
特設・企画