クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
2018年にPCでリリースされたインディーゲームの移植作。ゾンビに制圧された東京の地下で育った主人公のひさこが、多彩な武器を使って凶悪な敵に立ち向かい、地上を目指す。
発売日
2019年08月29日
価格
3980円 [税抜]
ジャンル
アクション / RPG
メーカー
Studio Nanafushi
詳細を見る

DEAD OR SCHOOL(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

独特の作風や世界観が魅力的。ハクスラと探索型のアクションをベースにしつつ、しっかり描かれる物語もプレイを牽引。スキルツリーの画面の見せかたや、合間に入るちょっとした演出なども凝っていて、気分が高まります。3種類の武器を切り換えながらのバトルは爽快で楽しい。引きの視点で自キャラが小さいのと、背景やエフェクトなどに隠れてしまい、視認性があまりよくないのは若干気になるかな。

週刊ファミ通1604号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

移動範囲を広げつつ、より強力で有用なアビリティーが付与された武器類を獲得、という一連のゲームプレイの中毒性が、“スタミナ”パラメーターの静的および動的管理のおもしろさにより引き立ちます。ゲームオーバー時のペナルティーの少なさもいいですね。引きのアングルで処理速度が極端に落ちるなど、気になる部分は散見されるものの、作者のこだわりどころがはっきりした作りは好感が持てます。

週刊ファミ通1604号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
7

アクションゲームとしてはやや一本調子ですが、武器の強化や改造、持ち替えの要素にはおもしろみがたっぷり。モブキャラにも設定が用意されているなど、情熱的に作り込まれた作品世界には光るものが。この世界観とヒロインに惹かれたなら、楽しめるノリのサブエピソードも充実しています。粗削りな点も目立つけれど、クリエイターのやりたかったことが伝わってくるエネルギッシュな仕上がりがいい。

週刊ファミ通1604号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
8

“女子高生+ディストピア”という設定は定番だが、東京の地下鉄をダンジョン化し、そこにハクスラを持ち込むことで、独自の世界を構築。ザクザク手に入る武器にワクワクし、持ち運べる武器の総重量と、刀にも設定された使用回数で悩むのもいい感じ。地下鉄ゆえ、2Dスクロールアクションとの相性も良好です。イベント演出やメニュー画面に粗削りな部分があり、探索のテンポが損なわれている箇所も。

週刊ファミ通1604号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
2018年にPCでリリースされたインディーゲームの移植作。ゾンビに制圧された東京の地下で育った主人公のひさこが、多彩な武器を使って凶悪な敵に立ち向かい、地上を目指す。
発売日
2019年08月29日
価格
3980円 [税抜]
ジャンル
アクション / RPG
メーカー
Studio Nanafushi
詳細を見る
  1. 1
    【ポケモンSV攻略】最強のリザードンレイド対策&おすすめのポケモン【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    『ウマ娘』ローソンコラボキャンペーンが12月13日より開催。キタサンブラック、サトノダイヤモンドたちの限定クリアファイルがもらえる!
  3. 3
    『ガンダム 水星の魔女』12月18日の放送は休止。第1クール最終回となる12話までの放送スケジュールを公開
  4. 4
    『ドラゴンクエスト』堀井雄二氏が“グリコのおもちゃ”を制作! ゲームにも活きるオマケ的発想の根源と『DQ』最新情報に迫る
  5. 5
    『ワールドトリガー』天羽月彦が適合した黒トリガーの情報などが公開。天羽が玄界人(三門市民)ということも公式TwitterのQ&Aで明かされる
特設・企画