クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
『ペルソナ5』のエンディングから約半年後の物語。怪盗団のメンバーたちが、新たに発生した怪事件の真相を探るべく、日本各地を飛び回る。本作ではメンバーの操作も可能に。
詳細を見る

ペルソナ5スクランブル ザ・ファントムストライカーズ(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
9

『無双』っぽさもありつつ、環境を利用した特殊動作“ファントムムーヴ”がアクセントとして効いており、操作がメリハリのあるものになっている。『ペルソナ5』らしい仕掛けも数多く盛り込まれているし、アクション初心者でも楽しめる敷居の低さも感じられる。全体的に演出が秀逸でテンポがよく、飽きさせない作りはいいが、カットシーンがこまめに挿入され、そのたびに操作が中断されるのは気になった。

週刊ファミ通1628号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
9

事件の謎を探るストーリーと、仕掛けを解きつつダンジョンを攻略する感覚のどちらも、オリジナルの『ペルソナ5』さながら。単純に『無双』的作品と思っていたので、衝撃を受けました。久々に再会する怪盗団のメンバーと、心を同じくして体験できる物語もすばらしいデキで、都心を離れての冒険がまたいいんですよ。“ペルソナ召喚”などの各種要素をうまく落とし込んだバトルも最高レベルで楽しい。

週刊ファミ通1628号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
9

全体的にスピーディーなアクションが爽快。ザコと強敵の強さの差が激しい印象はあるけど、怪盗団のメンバーを操作し、“ペルソナ”をくり出しながら派手に戦えるのは楽しい。探索する“ジェイル”の構造が凝っていて、“ファントムムーヴ”で高所を素早く飛び移り、移動できるのもいいね。バトルばかりではなく、ドラマ部分もたっぷり描かれるのがうれしいし、日本各地を巡る旅の雰囲気もいい感じです。

週刊ファミ通1628号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
9

バトルが『無双』のようになり、仲間との共闘感がさらに際立っています。敵シンボルとのエンカウントでワラワラとシャドウが湧き、弱点を突けば瞬時に総攻撃に移れたり、“SHOWTIME”が“無双乱舞”のようにくり出せたりと、両者の融合がすごい。ギミックを利用するアクションもクール。ストーリーパートも充実で、夏休みにキャンピングカーで各地を旅するのが楽しすぎる。新キャラたちも好印象です。

週刊ファミ通1628号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
『ペルソナ5』のエンディングから約半年後の物語。怪盗団のメンバーたちが、新たに発生した怪事件の真相を探るべく、日本各地を飛び回る。本作ではメンバーの操作も可能に。
詳細を見る

ペルソナ5スクランブル ザ・ファントムストライカーズに関連

すべて見る

ペルソナ5スクランブル ザ・ファントムストライカーズに関連

すべて見る
  1. 1
    『ヴァルキリーエリュシオン』最新トレーラーが7月6日9時に公開
  2. 2
    『焼肉シミュレーター』がSwitch、スマホにて配信決定。好きなだけ肉が焼けるシミュレーションゲーム。PC版では4つのモードをアップデートで追加
  3. 3
    『ヘブバン』麻枝 准氏インタビュー。今後5年の構想もラストシーンも、その先も頭の中に。完成させるまで死ねないプレッシャーと戦い続けるクリエイターの真意
  4. 4
    きみくら×『ゆるキャン△』第3弾が発表。志摩リンが抹茶ティラミスと一緒に注文したお茶のモデル“きみくらの庵”が7/8より販売開始
  5. 5
    『ヘブバン』主題歌・劇中歌担当のやなぎなぎさんにインタビュー。楽曲作りは苦難の連続。「どうか神様」は「マジで神にすがる叫びのように」