クロスレビュー

平均

8.8

1ユーザー

スコア

;">
5.0
1993年にゲームボーイで発売された名作のグラフィックを刷新し、新たな“あそび”やアイテムを追加。嵐でコホリント島に流れ着いたリンクが、島の謎を解き、脱出を目指す。
発売日
2019年09月20日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る

ゼルダの伝説 夢をみる島(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
9

原作を丁寧にリメイクしつつ、現代に合わせてプレイしやすくなっていて好印象。フィギュアのような質感のかわいらしいグラフィックもナイスです。独特の味わいがある物語や、任天堂の別作品のキャラが登場するなど、ほかの『ゼルダ』シリーズにはない特徴は、いまも色褪せない魅力。新要素の“パネルダンジョン”は、クリアーすればご褒美がもらえるし、お題に合わせてダンジョンを作るのも楽しい。

週刊ファミ通1606号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

プレイが行き詰まりそうで詰まることがない、絶妙な新展開の発生タイミングによって、中断のしどころを完全に見失ってしまいます。いかにも旧来のアクションゲームらしい、リンクの操作感覚や敵の行動の“グリッド感”さえ気にならなければ、通常の戦闘もパズルの要領で楽しめるでしょう。表現がリッチになったことにより、逆にとぼけた味わいが増した画面エフェクトなど、見どころが随所にあります。

週刊ファミ通1606号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
9

再び夢を見る機会に恵まれてハッピー。結末を知ったうえでのプレイは、最初から世界を見る目が変わる、不思議な感覚に包まれました。スピンオフ的なお楽しみを散りばめつつ、見下ろし視点で適度に歯応えのある謎解きアクションは、「これぞ『ゼルダ』!」と言えるもの。音楽もとても魅力的です。再リメイクということもあり、もう少し進化した姿を見たい気もしますが、ちょうどいい塩梅とも思います。

週刊ファミ通1606号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
9

ジオラマ風のグラフィックやコミカルな動きも、他作品からゲストが多数出演する本作ならではの世界観にマッチ。説明やヒントが少なめで、昨今の至れり尽くせりのゲームに慣れていると、一部の謎がわかりにくい部分も。ただ、手持ちのアイテムを駆使して謎を解き、強敵を倒していく“やりくりの楽しさ”は、やっぱり『ゼルダ』です。“パネルダンジョン”はお題に沿うだけでなく、自由に作れるのもいいね。

週刊ファミ通1606号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.8

1ユーザー

スコア

;">
5.0
1993年にゲームボーイで発売された名作のグラフィックを刷新し、新たな“あそび”やアイテムを追加。嵐でコホリント島に流れ着いたリンクが、島の謎を解き、脱出を目指す。
発売日
2019年09月20日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る

ゼルダの伝説 夢をみる島に関連

すべて見る

ゼルダの伝説 夢をみる島に関連

すべて見る
  1. 1
    『ワンピース』92巻までの無料開放が本日スタート! 7月25日の連載再開までに“ワノ国編”の序盤までをイッキ見しよう
  2. 2
    『タワーオブファンタジー(幻塔)』プレイレビュー。とにかく細かいキャラクリや爽快感あふれる戦闘、美麗なオープンワールドは必見。夏リリースに備えて予習しよう!
  3. 3
    今週発売のゲームソフト一覧。『モンハンライズ:サンブレイク』『ボイド・テラリウム2』『DNF DUEL』などが発売【2022年6月27日〜7月3日】
  4. 4
    アニソンを24時間365日配信する“Anileap アニリープ”が始動。キングレコードが携わってきたアニメ作品から厳選されたOP・EDを楽しめる
  5. 5
    『ちいかわ』ダンボールウォッチが7月中旬よりカプセルトイ、ブラインドBOXに登場。ちいかわの勉強姿、ハチワレの居眠り姿などに癒される
特設・企画