クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
サイヤ人が地球に襲来したところから魔人ブウ討伐までの、孫悟空の激闘を追体験しよう。修業や食事、ライバルとの交流などによって、悟空のスキルをアップさせられる。
発売日
2020年01月16日
価格
7600円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
https://dbar.bn-ent.net/
詳細を見る

ドラゴンボールZ KAKAROT(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

キャラのモーションや“気弾”の動きなど、躍動感溢れるバトルの描写が見事。難しくない操作で『ドラゴンボール』らしい戦闘を体験できるのもナイス。開放的なフィールドを舞空術で飛び回れるのは気持ちいいけれど、“Zオーブ”や食材集め、ザコ戦などのくり返しが、ちょっと面倒に感じられることもあるかな。マップも、もう少し見やすいとよかった。原作シーンの数々の再現は、見応えがあります。

週刊ファミ通1623号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS4
8

原作アニメの色味や質感までもが再現されたフィールドを、気の済むまで寄り道できる点が新鮮。キャラアイコンである“ソウルエンブレム”やアニメの名シーンフォトといった、ファンの心をくすぐるコレクション要素も豊富です。ロングレンジの間合い取りと、反撃タイミングの見極めが重要となってくる戦闘パートでは、スーパーファミコン版の『超武闘伝』シリーズに通じるプレイ感覚を味わえます。

週刊ファミ通1623号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
9

疾走感のあるエネルギッシュなバトルが立体的に表現され、カッコいい。何度も描かれてきたおなじみの死闘が、また違った風に見えます。『ドラゴンボール』というと戦闘がメインですが、初期は冒険色も濃かった印象があり、その要素をRPGライクな形で味わえるのはうれしい。空間の広さに対して、遊びの密度や多様さ、発見は少々物足りない気も。操作方法をつねに表示できるなどの配慮がグッド。

週刊ファミ通1623号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 PS4
9

再現と言うよりも、まんまアニメ版『ドラゴンボールZ』の世界。核となるバトルでは“気弾”と格闘攻撃、そして縦横無尽の高速移動による駆け引きが、悟空を始めとするZ戦士気分を盛り上げる。フィールドの冒険も、バトルのはし休めに終わらないボリューム感。「あのワンシーンをクエストに!?」という原作愛溢れる作りにニヤリ。広大なフィールドでのオーブ集めや料理作りで、若干の作業感を覚えることも。

週刊ファミ通1623号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
サイヤ人が地球に襲来したところから魔人ブウ討伐までの、孫悟空の激闘を追体験しよう。修業や食事、ライバルとの交流などによって、悟空のスキルをアップさせられる。
発売日
2020年01月16日
価格
7600円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
https://dbar.bn-ent.net/
詳細を見る

ドラゴンボールZ KAKAROTに関連

すべて見る

ドラゴンボールZ KAKAROTに関連

すべて見る
  1. 1
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  2. 2
    【かわ余】ホロライブ×ファミマコラボ第6弾が発表。湊あくあ、百鬼あやめ、大空スバル、夜空メル、癒月ちょこ、アキロゼなどがバレンタイン衣装に!
  3. 3
    『一番くじ 鬼滅の刃 ~宇髄天元 見参!~』全ラインアップが公開。宇髄天元のド派手でかっこいいフィギュアなどが登場
  4. 4
    PS4、PS5でのゲームプレイの成果を振り返る“あなたのPlayStation2021”が公開。4種類のアバターを無料ダウンロードできるコードのプレゼントも
  5. 5
    【ホロライブ】宝鐘マリンのファンブックが1月27日に発売。マリン船長のいまと過去に迫るインタビュー、豪華作家陣によるアンソロ漫画やイラストなど収録