クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
原作アニメの質感を見事に再現した対戦ゲーム。纏流子と鬼龍院皐月の視点から紡がれるオリジナルのストーリーはもちろん、深い駆け引きやド派手なアククションが魅力。
発売日
2019年07月25日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
アクション / 格闘
メーカー
アークシステムワークス
詳細を見る

キルラキル ザ・ゲーム -異布-(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

コントローラで遊びやすく調整されているのがうれしいですね。アニメさながらの、怒涛の連続技を簡単にくり出せるので、とにかく気分爽快。戦闘中の会話をゲームに落とし込んだ“血威表明縁絶”もいいアイデアだと思いました。物語がほぼノンストップで展開するので最初は驚きましたが、勢いのある本作にはピッタリかも。対戦や練習モードも充実しており、いろいろ楽しめるのがよかったです。

週刊ファミ通1598号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

アークシステムワークスならではの、アニメのような見た目で3Dのキャラが滑らかに動く映像表現は、見栄えがよく、演出も迫力があってさすがのデキ。ストーリーモードも見応えがあります。複雑な操作を必要とせず、スピード感のある爽快なバトルを体験できるのも○。“血威表明縁絶”を当て、3すくみの読み合いに勝つとメリットがあるシステムは、好みが分かれそうだが、戦いのスパイスになっている。

週刊ファミ通1598号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

バンカラで熱いノリは原作アニメそのまま。作品を知っているファン向けタイトルだけど、物語のあらすじや用語集もある。イベントシーン満載で、割合で言えばお話の合間にバトルといった印象ながら、皐月や流子のアクションは見応え十分。必殺技に挿入される演出はド迫力でカッコイイし、各戦闘モードの動きひとつひとつから、“極制服”の性能の高さが感じられる。コマンドがシンプルなのもいいね。

週刊ファミ通1598号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 Switch
8

ボタンを連打するだけで、アニメさながらのド迫力のバトルを堪能できる。操作はシンプルだが、打撃、ガード、“ブレイク攻撃”の3すくみで奥深いバトルが楽しめるのが好印象。舌戦を再現した“血威表明縁絶”もユニーク。敵味方が入り乱れる乱戦時にカメラが見にくいこともあったが、超必殺技や“戦維喪失奥義”の演出は見惚れるほどのデキ。“神衣純潔”の最終形態である“純潔神髄”を使えるのもうれしい。

週刊ファミ通1598号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
原作アニメの質感を見事に再現した対戦ゲーム。纏流子と鬼龍院皐月の視点から紡がれるオリジナルのストーリーはもちろん、深い駆け引きやド派手なアククションが魅力。
発売日
2019年07月25日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
アクション / 格闘
メーカー
アークシステムワークス
詳細を見る

キルラキル ザ・ゲーム -異布-に関連

すべて見る

キルラキル ザ・ゲーム -異布-に関連

すべて見る
  1. 1
    『アーマードコア6』小倉プロデューサーインタビュー。「『エルデンリング』などで得たノウハウとACシリーズのコンセプトを合わせた新しいアクションです」
  2. 2
    アニメ『鬼滅の刃』上弦の鬼役として宮野真守、古川登志夫、鳥海浩輔、置鮎龍太郎が参加決定! 新PVも公開
  3. 3
    『新作歌舞伎 FF10』キャスト扮装ビジュアルが解禁。幼少期のティーダ役として尾上丑之助(9歳)が出演決定
  4. 4
    【ポケカ】拡張パック“トリプレットビート”が3月10日発売。トリッキーな“マスカーニャex”や高火力の“ラウドボーンex”などが登場
  5. 5
    マンガドキュメンタリー『浦沢直樹の漫勉neo』新シリーズが2月4日1時より放送。初回は『ブラック・ジャック』『鉄腕アトム』の“手塚治虫”回
特設・企画