クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
与えられたカードでデッキを組み、ボード上の駒を進め、バトル時はアクションによる攻撃を行う、テーブルゲームとアクションゲームが融合した作品。全22ステージを収録。
発売日
2018年11月22日
価格
2500円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
日本一ソフトウェア
詳細を見る

Hand of Fate 2のレビュー・評価・感想

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
7

テーブルトークRPGと3Dアクションを足して2で割ったようなゲーム性で、プレイ感覚は新鮮。敵との戦闘は3Dアクションで、攻防の駆け引きが存分に味わえる。それ以外は、カードやサイコロ、選択肢などによって物語を進めるが、こちらは戦術よりも運要素が比較的高め。物語がどう展開するかわからないドキドキはあるけれど、ただ読んでいるだけ感も。凝ったテキストアドベンチャーという印象。

週刊ファミ通1564号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

テーブルとカードに加えて、3Dアクションバトルを取り入れたRPGという、欲張りな作品。各要素がちぐはぐになっておらず、うまく融合されているのがお見事! 全編に漂うダークファンタジーな雰囲気には味があるし、要所要所でダイスを振るなど、テーブルトークRPGファンをニヤリとさせる場面があるのもいい。ただ、日本語訳の文章が硬めで、読みづらいことがある点は、少し気になりました。

週刊ファミ通1564号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

ゲームマスターの話を聞き、プレイヤーが行動を選ぶことで冒険が進行していく、テーブルトークRPGの手法を用いつつ、戦闘部分はアクションで行うという構造がユニーク。仲間や武器のほかに、ステージの道中で発生するイベントについても、カードを選んでデッキを組むことで内容が変わる戦略性も○。バトルとの切り換わりのロードがちょっと長めだが、戦闘もイベントも緊張感が味わえます。

週刊ファミ通1564号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
7

怪しげなディーラーとテーブルを挟んでのやり取りが雰囲気たっぷりで、惹きつけられる。マップを兼ねる、伏せられたカードを選ぶことで発生するイベントは、どれもテーブルトークRPGらしい先の読めない展開。悩ましい選択肢やダイスの出目に一喜一憂してしまう。戦闘になると3Dのバトルに移行するのは画期的。主人公や仲間がイカついのもまたよし。切り換え時の読み込みが、もう少し短ければ。

週刊ファミ通1564号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
与えられたカードでデッキを組み、ボード上の駒を進め、バトル時はアクションによる攻撃を行う、テーブルゲームとアクションゲームが融合した作品。全22ステージを収録。
発売日
2018年11月22日
価格
2500円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
日本一ソフトウェア
詳細を見る
  1. 1
    【PS5】ヤマダ電機、3月7日まで抽選販売のエントリー受付中。特別な応募条件はないため、気軽に申し込める!
  2. 2
    テレビアニメ『はたらく魔王さま!』2期制作決定。第1期から約8年、あのフリーター魔王さまが帰ってくる
  3. 3
    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の同時視聴イベントは本日(3/6)20時から。明日(3/7)は『シン・エヴァ』冒頭12分10秒10コマが初公開
  4. 4
    『呪術廻戦』×読売ジャイアンツのコラボで五条悟がグータッチ。3月19日の千葉ロッテ戦で虎杖悠仁役の榎木淳弥さんが場内アナウンスに出演し、オリジナルグッズは3月12日予約開始
  5. 5
    『テイルズ オブ アライズ』2021年春に続報公開! テイルズ オブ フェスティバル 2020で予告