クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
発売日
2020年08月06日
価格
4500円 [税抜]
ジャンル
アクション / RPG / アドベンチャー
メーカー
アークシステムワークス
詳細を見る

モンスターボーイ 呪われた王国(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

『ワンダーボーイ』の生みの親である西澤龍一氏の新作なだけに、アクションRPGとしてのツボを押えた良作に仕上がっています。システムやギミック面での目新しさはあまり見当たりませんが、安定のゲームデザインでプレイヤーの欲求を満たしてくれます。主人公がモンスターに変身し、特殊能力を使って道を切り拓く展開が楽しい。古代祐三氏や桜庭統氏など、豪華作曲陣を起用したサウンドもいい感じ。

週刊ファミ通1570号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

カラフルに描かれるフィールドやかわいらしいキャラなど、温かみと懐かしさのある雰囲気がステキ。動物に姿を変え、それぞれの能力を駆使してフィールドを進んでいくのは、王道的な楽しさを味わえる。ただ、いやらしい動きをする敵など、昔のゲームらしさを残した部分がきびしく感じる人はいるかも。往年のゲームファンなら驚くような、名だたる作曲家陣による音楽も、気分を盛り上げてくれる。

週刊ファミ通1570号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

2Dアクションとしてしっくりくる操作性を実感しつつ、ガチガチのパズル要素に取り組む内容。豚や蛇の操作を強いられる序盤の物語展開、不意打ち一発死トラップ上等のフィールド構成など、何かとストレスが溜まりやすい作りではありますが、ボス撃破時など要所要所での“解放感の演出”に優れているため、プレイ時間を費やす価値は十分にあります。ほどよく見つかるコレクション要素もいいですね。

週刊ファミ通1570号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

カラフルな舞台でコミカルなキャラが動き回る様子は、見ていてハッピーな気持ちに。マップの下に、奥に、裏側に隠された空間が広がっていて、隅々までチェックせずにはいられません。新鮮味は感じられないものの、懐かしのスタイルを現行ハードでストレスなく楽しめるコンセプトが◎。ちょっと意地悪に思える部分がある一方、パズルまわりは詰まないように配慮されているなど、構成も見事。

週刊ファミ通1570号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
発売日
2020年08月06日
価格
4500円 [税抜]
ジャンル
アクション / RPG / アドベンチャー
メーカー
アークシステムワークス
詳細を見る

モンスターボーイ 呪われた王国に関連

すべて見る

モンスターボーイ 呪われた王国に関連

すべて見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    米津玄師出演のプレイステーションCM先行公開スタート。PS5やPS4を起動すると、新曲「POP SONG」が聴ける!
  4. 4
    アニメイトで『ゆるキャン△』&『mono』の漫画を買うと特製ブロマイドがもらえる血液センターコラボ応援フェアが開催!
  5. 5
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作