クロスレビュー

平均

8.0
発売日
2020年08月06日
価格
4500円 [税抜]
ジャンル
アクション / RPG / アドベンチャー
メーカー
アークシステムワークス
詳細を見る

モンスターボーイ 呪われた王国(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

『ワンダーボーイ』の生みの親である西澤龍一氏の新作なだけに、アクションRPGとしてのツボを押えた良作に仕上がっています。システムやギミック面での目新しさはあまり見当たりませんが、安定のゲームデザインでプレイヤーの欲求を満たしてくれます。主人公がモンスターに変身し、特殊能力を使って道を切り拓く展開が楽しい。古代祐三氏や桜庭統氏など、豪華作曲陣を起用したサウンドもいい感じ。

週刊ファミ通1570号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

カラフルに描かれるフィールドやかわいらしいキャラなど、温かみと懐かしさのある雰囲気がステキ。動物に姿を変え、それぞれの能力を駆使してフィールドを進んでいくのは、王道的な楽しさを味わえる。ただ、いやらしい動きをする敵など、昔のゲームらしさを残した部分がきびしく感じる人はいるかも。往年のゲームファンなら驚くような、名だたる作曲家陣による音楽も、気分を盛り上げてくれる。

週刊ファミ通1570号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

2Dアクションとしてしっくりくる操作性を実感しつつ、ガチガチのパズル要素に取り組む内容。豚や蛇の操作を強いられる序盤の物語展開、不意打ち一発死トラップ上等のフィールド構成など、何かとストレスが溜まりやすい作りではありますが、ボス撃破時など要所要所での“解放感の演出”に優れているため、プレイ時間を費やす価値は十分にあります。ほどよく見つかるコレクション要素もいいですね。

週刊ファミ通1570号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

カラフルな舞台でコミカルなキャラが動き回る様子は、見ていてハッピーな気持ちに。マップの下に、奥に、裏側に隠された空間が広がっていて、隅々までチェックせずにはいられません。新鮮味は感じられないものの、懐かしのスタイルを現行ハードでストレスなく楽しめるコンセプトが◎。ちょっと意地悪に思える部分がある一方、パズルまわりは詰まないように配慮されているなど、構成も見事。

週刊ファミ通1570号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0
発売日
2020年08月06日
価格
4500円 [税抜]
ジャンル
アクション / RPG / アドベンチャー
メーカー
アークシステムワークス
詳細を見る

モンスターボーイ 呪われた王国に関連

すべて見る

モンスターボーイ 呪われた王国に関連

すべて見る
  1. 1
    懐かしのPCゲーム『エアホッケー@GAMEPACK』のブラウザ版が無料公開。新たな対戦相手やランキング機能などを追加して復活
  2. 2
    骨は拾ってやる――『ソウル・コヴェナント』体験プレイ漫画。“死の追体験”を中心とした、VRならではのゲームデザイン。漫画家・酔coが神とのバトルに挑んだ
  3. 3
    『ポケモンフレンダ』が7月より順次稼動開始。『ポケモンメザスタ』の後継機で、ツイン筐体はそのままにアクション性をより高めるタッチパネルを搭載
  4. 4
    『たまごっち』サンリオ&ハローキティとのコラボ商品が予約開始。最新機種『Tamagotchi Uni』。『Tamagotchi nano』は2色展開
  5. 5
    『バニーガーデン』Switch、Steam向けに今春発売。バニーガールとお酒を飲んだり、お会話したり、お紳士様向けの遊びでイチャイチャできる恋愛ADV