捕らえられた仲間を救い出すため、オバケを吸い込む“オバキューム”や相棒“グーイージ”を活用して、ルイージが奇妙なホテルを大冒険する。最大8人でのマルチプレイも可能。
発売日
2019年10月31日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る

ルイージマンション3のレビュー・評価・感想

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

コミカルなホラーテイストと、意外と頭を使わされる謎解きやオバケの捕獲といった、シリーズの特徴はしっかり健在。新アクションの“スラム”は痛快で、オバケとの攻防にメリハリが生まれて○。“グーイージ”と操作を切り換えて仕掛けを解く要素もナイス。ボスの倒しかたもそうだけど、よく観察したり、ひらめきが必要となるところがおもしろさのうちなのだけど、ちょっと難しく感じる人もいるかな。

週刊ファミ通1612号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

“手続きを踏んでいく律義な喜び”に特化したアクションゲームとしての方向性は、シリーズ過去作と同様。バキュームで吸い込めるものの質や量が向上しているぶん、爽快感は増しています。ゲームテンポ自体はゆったりしているので、それを独特のユーモアセンスとともに楽しめる人であれば、贅沢な時間を過ごせるでしょう。多人数プレイが前提となるミニゲームは、ほどよい座興としても利用できます。

週刊ファミ通1612号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

扉を開けるたびにドキッ。コミカルなホラーハウスにハロウィン気分も盛り上がる~。探索を進めるうちにオバケ捕獲機能が追加され、多彩なアクションがくり出せるようになって飽きません。いつもの『ルイージマンション』というのが正直な感想ではありますが、ハードに合わせたナチュラルなアップデートはさすが。シリーズの持ち味であるユニークさはそのままに、古さを感じさせない仕上がりです。

週刊ファミ通1612号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
9

舞台となるオバケホテルの、各フロアの作り込みがスゴイ。「えっ、ここが動くの! 入れるの!?」という驚きと、部屋中のあらゆる小物を吸い込む楽しさで、ついつい寄り道ばかり。お金集めと宝石探しに熱中して、マリオたちを助けるのを後回しにしてしまいがちに……。隠し要素が多いから、ワイワイしゃべりながら探索できる、おすそわけプレイとの相性もバッチリ。敵オバケたちもユニークでいいね。

週刊ファミ通1612号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

捕らえられた仲間を救い出すため、オバケを吸い込む“オバキューム”や相棒“グーイージ”を活用して、ルイージが奇妙なホテルを大冒険する。最大8人でのマルチプレイも可能。
発売日
2019年10月31日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る

ルイージマンション3に関連

すべて見る

ルイージマンション3に関連

すべて見る
  1. 1
    ポケモン×吉野家のポケ盛コラボ。モンスターボールデザインのどんぶりに“ドン”がつくポケモンのフィギュアが付属。12月19日より全国販売開始
  2. 2
    『バイオハザード RE:3』が2020年4月3日に発売決定! 『プロジェクト レジスタンス』改め『バイオハザード レジスタンス』も収録【State of Play】
  3. 3
    かくして快作『十三機兵防衛圏』は生まれり──インタビュー・総括編。「キラキラしたものを詰め込んだ」開発のヴァニラウェア神谷盛治氏らに訊く
  4. 4
    ニンテンドースイッチおすすめソフト43選! 歴代クロスレビュー高得点まとめ
  5. 5
    『キングダム ハーツ3』DLC“リマインド”1月23日配信開始。エアリス、レオン、ユフィの登場に加え、カイリのバトルシーン公開【State of Play】
特設・企画