クロスレビュー

平均

8.3

1ユーザー

スコア

;">
9.0
凶悪な怪物たちが巣食うダンジョンの踏破を目指す、横スクロールアクション。敗北し、死を乗り越えるたびに新たな武器や魔法が解放され、主人公の肉体も変化していく。
発売日
2018年08月07日
価格
2296円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
Motion Twin
詳細を見る

Dead Cellsのレビュー・評価・感想

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

テンポのよさ、快適な操作性、攻防の駆け引きの心地よさなど、2Dアクションゲームの“楽しさ基本”がギュッと詰め込まれている作品。武器の種類は近接・遠距離ともにさまざまで、どのスキル(攻撃補助)と組み合わせるかで、多種多様な戦略性が生まれる幅の広さが◎。さらにキャラをどう変異(カスタマイズ)させるかで毎プレイごとに違ったプレイ感覚が味わえる。難度は高めだが、やり込み甲斐アリ。

週刊ファミ通1555号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

数多くリリースされている“メトロイドヴァニア”系の横スクロールアクションの中でも、本作は間違いなく傑作。グラフィックの雰囲気、操作性、ローグライク要素のどれもが良好。難度が高めで、何度もスタート地点からのやり直しとなるが、一度アンロックした武器やアイテムは引き継がれ、“セル”で手に入れた能力は失わないなど、努力したぶんの見返りがあるので、何度も再チャレンジしたくなる。

週刊ファミ通1555号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

くり返し挑むローグライクの作りだが、入手した“セル”を使って恒久的なアップグレードを獲得し、プレイが着実に有利になっていくのは、やり甲斐を感じられる。多彩な要素をアンロックするたびに新たな発見や喜びがあり、そのさじ加減やステージの設計も絶妙。プレイにスピード感が生まれる仕組みもあって、周回のわずらわしさを感じさせないのも秀逸。ダークな雰囲気やグラフィックも魅力です。

週刊ファミ通1555号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
7

『悪魔城ドラキュラ』など硬派な作品の雰囲気がある。アクションはスピーディーで小気味いいし、ワープなど探索に便利な機能も。強い武器を探し求めるトレジャーハント要素が色濃いが、隠しアイテムや、ちょっとした調査ができる秘密の部屋など、ダンジョンに飽きさせない仕掛けが散りばめられているのがいいね。力尽きると装備は失うけど、取得したスキルは引き継げるので、コツコツ遊べる。

週刊ファミ通1555号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

omin
PS4 2018-10-11 09:55:19投稿
9

良かった点
2D横スクロールと探索型である「メトロイドヴァニア(メトロイド+悪魔城ドラキュラ)」と「ローグライク(ランダム要素と死亡すると全てが無になる運と根気が必要なジャンル)」が融合した作品が「Dead Cells (デッドセルズ)」になります。

「ローグライク」は運と根気が必要で、せっかく頑張った集めた武器や防具、レベル要素などの全てが死亡すると無くなってしまうというかなり人を選ぶジャンルなのですが、この作品ではそれらを若干緩和した「ローグライク」ならぬ「ローグライト」になっていますので苦手意識がある方にも登竜門となって楽しめると思います。
緩和している部分としては、収集した武器やスキルの中からのランダムで選ぶ事、マイナス要素だけ面が殆んど無い事(被ダメージが上がる代わりに攻撃力が高いなど)、休息地(使用した回復アイテムの回数分が回復)が各ステージクリア毎にある事、そして簡単操作でお手軽に遊べる事ですね。

悪かった点
○悪いと感じたところ
●一部の敵(エリート)とボスには意味をなさないデコイボム
エリートとボスはタレットやデコイボムは一切見向きもせずにプレイヤー目掛けて突っ込んでくるので、デコイボムが目を逸らす意味で調整して欲しいと思いました。
●成長スクロールの取得量によって敵のレベルが変化
ステージが進む毎に少しずつ難易度が上がるのですが、成長スクロールの取得量が増えるにつれてステージクリアとは別に難易度が跳ね上がるので出来れば探索と収集の楽しさを味わえるように成長スクロールの難易度の上昇は無くして欲しいです。
細部まで探索(成長スクロールの収集)すれば今後のステージに挑戦するにはやや楽になるみたいな感じですね。

○改善して欲しいところ
●回復アイテム使用する際には長押しが必要
只でさえエリートとボス戦では早い動きと隙の無さの中で長押しによる回復はとても辛いです。
特にボスは身動きを止めるトラップやスキルを連続使用すると耐性(一定時間らしいです)を持ってしまいますので、後半戦(体力が半分以降)になるにつれて過激になるので大変になります。
出来ればワンタッチで簡単に回復が出来るようにして欲しいところですね。

総評
簡単操作で尚且つ探索・収集・スピードアクションが楽しめ、少しずつ成長がする事が味わえますので、「ローグライク」ならぬ「ローグライト」である「Dead Cells (デッドセルズ)」は登竜門としてはとても良い作品だと思います。

こういった探索とランダムマップがあって何度も楽しめる作品がもっと増えると嬉しいですね。

クロスレビュー

平均

8.3

1ユーザー

スコア

;">
9.0
凶悪な怪物たちが巣食うダンジョンの踏破を目指す、横スクロールアクション。敗北し、死を乗り越えるたびに新たな武器や魔法が解放され、主人公の肉体も変化していく。
発売日
2018年08月07日
価格
2296円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
Motion Twin
詳細を見る

Dead Cellsに関連

すべて見る
  1. 1
    『エルデンリング』国内独占インタビュー。フロム・ソフトウェア最大規模となる新しいダークファンタジーをディレクター宮崎英高氏が語る【E3 2021】
  2. 2
    “カプコン ライブ ショウケース at E3 2021”発表まとめ『バイオ ヴィレッジ』『モンハンライズ』の新情報など【E3 2021】
  3. 3
    くにおくんシリーズから『熱血硬派くにおくん外伝 リバーシティーガールズ』続編と『新・熱血硬派 くにおたちの挽歌』現行機種版が海外で発表
  4. 4
    【ウマ娘】ジェミニ杯・グレードリーグに臨む微課金戦士の攻略。強いと噂のタキオンの使用感や、ゴルシの育成目標、スタミナ1200は無理だから諦めよう……の話など
  5. 5
    『モンハンライズ』にて『モンハンストーリーズ2』コラボイベントが開催決定。さまざまなイベントクエストも配信予定【E3 2021】
特設・企画