クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
1920年代のアメリカ。原因不明の洪水に見舞われ、水没しつつある街にたどり着いた私立探偵のチャールズが、不可解な謎に立ち向かう。物語はマルチエンディング形式。
発売日
2019年10月31日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る

The Sinking City(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

クトゥルフ神話を題材にした、不気味な世界観の表現が見事。現実世界にオーバーラップしてくる幻覚などにより、狂気の世界をしっかり体感できる。“心の眼”の能力を使い、過去の幻影を見て証拠を集めたり、事件を解決する行程も興味が湧く。推理の結論など、プレイヤーが選択する部分があるのもグッド。ただ、ムダに広いフィールドや、機械的に感じることのあるNPCといった、少々荒削りなところも。

週刊ファミ通1612号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS4
9

決定的な“歪み”を抱えた陰鬱な都市の描写は絵画的であり、やや冗長な構造さえ、作品世界の深淵に引きずり込む仕掛けのように感じます。現場捜査や異形の者どもとの戦闘は、決して難しくはないものの、主人公の精神が侵されていく演出とセットで体験することで、ダウナーな充実感を得られます。やや貧弱なUIやナビゲーション関連のシステムを許容できるかどうかで、没入感も変わってくるでしょう。

週刊ファミ通1612号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
7

捜査アドベンチャーとオカルトファンタジーの取り合わせに、好奇心が刺激されます。薄気味悪い舞台や個性的な登場人物にも興味津々です。『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』と同様の推理システムが独特で◎。しかし、一部のメニューや操作がわかりにくいため、流れるようにプレイできず、シナリオへの没入を妨げられるのが残念。ガイダンスは用意されていますが、理解には時間がかかります。

週刊ファミ通1612号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 PS4
8

ホラー系アクションアドベンチャーに、“推理”要素と“クトゥルフ神話”を注ぎ込み、独自の個性を放つ作品に。舞台となる世界や登場人物の設定など、プレイヤーが整理する情報量がかなり多いうえに、一度手にしてから回転させてチェックするアイテムなど、操作まわりがやや煩雑。慣れるまでは少々戸惑うが、そこを乗り越えると、クリーチャーと戦いながら、同時に行う事件の調査がグッと楽しくなる。

週刊ファミ通1612号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
1920年代のアメリカ。原因不明の洪水に見舞われ、水没しつつある街にたどり着いた私立探偵のチャールズが、不可解な謎に立ち向かう。物語はマルチエンディング形式。
発売日
2019年10月31日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画