クロスレビュー

平均

9.3

2ユーザー

スコア

;">
5.0
1998年発売の『ポケットモンスター ピカチュウ』をベースに、シナリオや遊びかたを再構築。駆け出しのポケモントレーナーとなって、相棒とともに大冒険をくり広げる。
発売日
2018年11月16日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
RPG
メーカー
ポケモン
詳細を見る

ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
9

1998年発売の『ポケットモンスター ピカチュウ』がベースだが、全体的に手が加えられているのが好印象。操作性や演出面の大幅強化で、懐かしさと新しさを同時に味わえるのがいい。モンスターボールを投げる動作に見立てて、Joy-Conを振ってポケモンを捕まえる仕組みも楽しいし、ひとつのソフトでふたりで同時に遊べるのも◎。『ポケモン GO』との連携や、“モンスターボール Plus”への対応もナイス。

週刊ファミ通1563号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
9

野生のポケモンがシンボルエンカウントでバトルがないのは、大胆な仕様だが、捕まえて集める楽しさを気軽に味わえるし、サクサク進行するのもグッド。これまでのシリーズ作を遊んだ人にはすべてが新鮮な体験というわけではないけれど、Joy-Conや“モンスターボール Plus”を振ってのプレイは、トレーナー気分も高まる。つねにそばにいて、着せ替えなどもできる、相棒のポケモンの特別感も最高です。

週刊ファミ通1563号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
9

より鮮やかに、かわいらしくリファインされたポケモンたちの存在を身近に感じられる各種演出に圧巻。Joy-Conや“モンスターボール Plus”によるポケモンゲット操作には多少の慣れとコツが必要ですが、お手軽に童心に返れます。ふたりプレイモード以外でも親子二世代で楽しめる作りになっている点は、歴史あるシリーズ作ならでは。新ポケモンなどの“未知の存在”がよいアクセントになっています。

週刊ファミ通1563号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
10

時代とニンテンドースイッチとにマッチした再解釈がすばらしく、初めて遊ぶ人はもちろん、懐かしさを覚える勢のハートもガッチリつかむ作品です。お茶の間で家族といっしょに楽しめる仕掛けも、作品性に合っていて◎。『ポケモンGO』との、ごく自然な連携もよく練られています。ともに冒険するうちに、ポケモンたちとの絆が少しずつ強まっていくのが感じられる演出がステキで、グッときました。

週刊ファミ通1563号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.3

2ユーザー

スコア

;">
5.0
1998年発売の『ポケットモンスター ピカチュウ』をベースに、シナリオや遊びかたを再構築。駆け出しのポケモントレーナーとなって、相棒とともに大冒険をくり広げる。
発売日
2018年11月16日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
RPG
メーカー
ポケモン
詳細を見る

ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイに関連

すべて見る

ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイに関連

すべて見る
  1. 1
    『焼肉シミュレーター』がSwitch、スマホにて配信決定。好きなだけ肉が焼けるシミュレーションゲーム。PC版では4つのモードをアップデートで追加
  2. 2
    『ヴァルキリーエリュシオン』最新トレーラーが7月6日9時に公開
  3. 3
    『ヘブバン』麻枝 准氏インタビュー。今後5年の構想もラストシーンも、その先も頭の中に。完成させるまで死ねないプレッシャーと戦い続けるクリエイターの真意
  4. 4
    きみくら×『ゆるキャン△』第3弾が発表。志摩リンが抹茶ティラミスと一緒に注文したお茶のモデル“きみくらの庵”が7/8より販売開始
  5. 5
    『ヘブバン』主題歌・劇中歌担当のやなぎなぎさんにインタビュー。楽曲作りは苦難の連続。「どうか神様」は「マジで神にすがる叫びのように」