クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
数々のゲーム機で遊ばれた名作アクションパズル『ロードランナー』の最新作。床に穴を空けて金塊を手に入れたり、敵を落とし穴に誘い込んで、ステージクリアーを目指す。
発売日
2018年03月29日
価格
1112円 [税抜]
ジャンル
アクションパズル
メーカー
Tozai Games
詳細を見る

ロードランナー・レガシー(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

往年の名作をリメイク。見た目こそいま風に昇華しているが、アクションとパズルの絶妙なバランスはオリジナル版と変わらず。特筆すべきは、掘った穴が埋まるまでの時間を色で表現したり、キャラが立った床に影をつけるなど、視覚的に遊びやすくしている各種演出。コースだけではなく、キャラもエディット可能な遊びの幅もいい。エディットモードが、タッチパネル操作ができればよかったのにな。

週刊ファミ通1532号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

名作レトロゲームがベースだけど、ボクセルスタイルのビジュアルで、いま風の見た目に。パズルとアクションをバランスよく融合させたゲーム性は、いま遊んでも十分おもしろい。敵が登場しない“詰めロードランナー”や、昔っぽいグラフィックの“クラシック”などがあり、満足できるボリューム。ステージ以外にキャラもエディットできるのはうれしいが、後者はツールを使いこなすのに慣れが必要。

週刊ファミ通1532号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

“穴を掘りながら金塊を集める”という基本ルールはそのままに、横側の壁を掘って進んできたり、穴に埋まると爆発とともに周囲の壁を壊してくるなど、新たな種類の敵が増えたモードも用意されて、アクションパズルとしての幅が広がっている。ステージ作りだけでなく、ボクセルグラフィックのキャラやアイテムが作れて、さらに世界中のプレイヤーたちとシェアできるのは、コツコツ遊べるいい仕組み。

週刊ファミ通1532号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
7

キャラのモデルなどが、イマドキのブロック風になってはいるけれど、独特のシステムやルール、制限がある中で頭をひねるステージ構成は健在。チュートリアル面を終えた後は、グッと難しくなり、テクニックが要求される場面もある一方で、リトライ時は獲得済みの金塊が省かれるといった配慮も。おなじみの“クラフトモード”のほか、パズルモードやクラシックモードも収録されているのはうれしい。

週刊ファミ通1532号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
数々のゲーム機で遊ばれた名作アクションパズル『ロードランナー』の最新作。床に穴を空けて金塊を手に入れたり、敵を落とし穴に誘い込んで、ステージクリアーを目指す。
発売日
2018年03月29日
価格
1112円 [税抜]
ジャンル
アクションパズル
メーカー
Tozai Games
詳細を見る

ロードランナー・レガシーに関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画