2014年に配信されたプレイステーション Vita版本編に、全9個のDLCを同梱して登場。ヒーローとなり、多彩な武器やスキルを駆使して、平和な世界を取り戻すために戦う。
発売日
2018年01月25日
価格
1111円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
アークシステムワークス
詳細を見る

ファンタジーヒーロー 〜アンサインドレガシー〜のレビュー・評価・感想

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
7

ハック&スラッシュタイプのアクションRPGとしてはオーソドックス。4人の操作キャラがヒーロー、という設定がユニークなのと、それぞれがくり出す攻撃が個性的で、キャラによって戦いかたが大きく変わるところがよかった。世界観や敵キャラがファンタジーテイストで親しみやすい反面、新鮮味は薄めかな。PS Vita版の追加DLCをすべて収録して1200円[税込]という価格設定は、お得感があります。

週刊ファミ通1523号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

キャラごとに攻撃方法やスキルが異なり、見下ろし視点のハクスラ系のゲームとしては、アクションがなかなか多彩。スキルの習得や武器の強化といった育成を楽しめる一方で、プレイ感がちょっとあっさりめのところも。協力を意識したスキルなどが用意されているのに、マルチプレイが未実装なのはちょっと残念。PS Vita版よりも価格が安くなり、DLCも収録されてお得になっているのはうれしいね。

週刊ファミ通1523号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
7

各ヒーローで攻撃特性が大きく異なり、それぞれ個性的なスキルを習得し、使いこなしていく道のりにおもしろみを感じます。クリアー条件はバラエティー豊かなのに、やることはどれもあまり変わらないミッションが惜しい。持ち物の管理や武器の解体などがもう少し便利に行えたら、ハクスラ要素によりのめり込むことができたかな。取扱説明書をいつでも参照できる仕様はユーザーフレンドリー。

週刊ファミ通1523号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
7

ミッションごとに4段階の難易度が選べる、初心者から上級者までフォローしたシステムが〇。同じアイテムを一定時間連続で使えない縛りや、スタミナの存在により、力押しが通用しにくく、戦闘の戦術性と手応えを高めている。ただ、スタイルが異なる4人パーティーで出撃するからこそ、敵味方入り乱れて戦いたかった。出現する敵の数に比べると、ステージがやや広めで、移動が単調に感じることも。

週刊ファミ通1523号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

2014年に配信されたプレイステーション Vita版本編に、全9個のDLCを同梱して登場。ヒーローとなり、多彩な武器やスキルを駆使して、平和な世界を取り戻すために戦う。
発売日
2018年01月25日
価格
1111円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
アークシステムワークス
詳細を見る

ファンタジーヒーロー 〜アンサインドレガシー〜に関連

すべて見る

ファンタジーヒーロー 〜アンサインドレガシー〜に関連

すべて見る
  1. 1
    『ファイアーエムブレム 風花雪月』ストーリーは第2部へ! 5年の時を経て成長した級長たちの姿を公開【先出し週刊ファミ通】
  2. 2
    『FF7 リメイク』北瀬佳範プロデューサーのコメントとデモプレイで固有アビリティの存在などさらなる新情報が判明! 2作目の企画・プロットも並行して進行中【E3 2019】
  3. 3
    スマホアプリ『ドクターマリオ ワールド』が7月10日に配信決定! 限られた数のカプセルでウイルスの全滅を目指すステージクリアー型のモードやオンライン対戦モードなどを搭載
  4. 4
    『FF7 リメイク』ブースの模様やレアグッズ、設定画展示をフォトリポート【E3 2019】
  5. 5
    FPS『スナイパー ゴーストウォリアー』シリーズ最新作“Contracts”は、『ヒットマン』テイストを取り入れたサンドボックススタイルに【E3 2019】
特設・企画