クロスレビュー

平均

8.3

1ユーザー

スコア

;">
6.0
大人の欲望が渦巻く前作の物語をベースに、新エピソードを追加。新キャラクター“リン”の登場によって、主人公ヴィンセントとふたりのキャサリンの修羅場がさらに激化。
発売日
2019年02月14日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションパズル / アドベンチャー
メーカー
アトラス
関連サイト
http://fullbody.jp/
詳細を見る

キャサリン・フルボディ(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

前作同様、各種インターフェースやグラフィック演出がスタイリッシュで、制作者のこだわりが感じられる作り。オートプレイや自動UNDO、リトライアシストなどの救済要素が追加され、アクションパズルが苦手な人でも楽しめるように間口が広がったのは◎。ブロックの形が異なるアレンジモードも加わって、遊びの幅もアップ。全体的に遊びやすくなり、リメイク作品としては非常によい完成度。

週刊ファミ通1575号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

浮気による修羅場が描かれるドラマパートは、相変わらずハイクオリティーで、先の展開が気になる作り。パズル部分は、よくできているものの難度が高すぎた前作のウイークポイントを、見事に解消。オートプレイを始め、パズルが苦手な人でもドラマが楽しめるようになったのは親切。ライト寄りになっただけでなく、より高難度のパズルやオンラインランキングが追加されたのもナイスです。

週刊ファミ通1575号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

物語やパズルのベースの部分は前作と同様だが、新たなキャラやエピソードの追加で、前作をプレイ済みの人でも興味をそそられる内容に。もっともやさしい難度では、ステージを自動でクリアーしてくれるオートプレイなどの機能により、パズルが苦手な人もストーリーを最後まで堪能できるのがありがたい。アレンジモードなど、手強いパズルが好きなファンにもうれしい追加要素があるのもいいね。

週刊ファミ通1575号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

ふたりのキャサリンに揉まれるなか、ゆるふわなリンに心かき乱されるヴィンセント。リンの衝撃的な事実に揺れ動く物語から目が離せない。パズルは前作がベースだが、リンのピアノで制限時間が緩和されたり、オートプレイやスキップなどの救済機能が盛り込まれたりしているのはうれしい。一方で、高難度で味わう、追われる恐怖もスリル満点。ブロックの塊を動かすアレンジモードもいいスパイス。

週刊ファミ通1575号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ayanka141
PS4 2019-06-30 01:10:26投稿
6

良かった点
難易度をセイフティーにすればステージをクリアしなくてもスキップできるのでアクションパズルが苦手でもエンディングまでプレイできる。
ペルソナシリーズが好きだと声優さんやキャラクターなどが登場していてさらに楽しめます。

悪かった点
マルチエンディングだが、複数のエンディングを見る条件を満たすのが大変でひたすらムービーやステージをスキップするのがめんどくさい。

総評
アトラスならではのストーリーの良さ、グラフィックのきれいさが引き込まれますが、結構癖のあるアクションパズルでこの手が苦手な人はかなり苦戦するのではないでしょうか?
私はノーマルでクリアは断念しました…。

クロスレビュー

平均

8.3

1ユーザー

スコア

;">
6.0
大人の欲望が渦巻く前作の物語をベースに、新エピソードを追加。新キャラクター“リン”の登場によって、主人公ヴィンセントとふたりのキャサリンの修羅場がさらに激化。
発売日
2019年02月14日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションパズル / アドベンチャー
メーカー
アトラス
関連サイト
http://fullbody.jp/
詳細を見る

キャサリン・フルボディに関連

すべて見る

キャサリン・フルボディに関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画