クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
舞台は2091年の大都市“Rengkok City”。誘拐された弟を救うべく、主人公がさまざまな武器を手に、残虐的かつ華麗な戦いをくり広げていく見下ろし視点のアクション。
発売日
2017年09月26日
価格
1943円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
GHI Media
詳細を見る

RUINER(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

ノーマルの難度がやや高めだったり、遊びが多めの操作感覚に振り回される感こそあるものの、わらわらと迫る敵を倒し続ける、アクションゲームならではの爽快感は存分に味わえます。ひたすら好きな戦法で突き進むもよし、新たな特殊技をどんどん試すのもアリというバランス調整もいいですね。ド直球なサイバーパンク的世界で展開する、粗野でどこかユーモラスなやり取りも、絶妙なアクセントに。

週刊ファミ通1504号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
8

ちょっと古典的なサイバーパンクという世界観が、BGMと相まって、じつにいい雰囲気に浸れます。アクションは、レスポンスが良好な反面、いちばん簡単なモード以外は全体的に難しく、高めの難度設定。カスタマイズの幅も広く、それによってステージの攻略法も変わってきたりと、やり込める内容にまとまっています。ところどころ粗削りな部分もあるものの、そこを差し引いても楽しめるかと。

週刊ファミ通1504号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

海外の制作者が、日本のコミックやB級映画などにおける独特の世界観を意識したと思われる作風は、味がある。スピーディーで多彩なアビリティを駆使できるアクションは、おもしろみと同時に、操作や状況判断の忙しさがあって、なかなか難しめのバランス。くり返し挑戦する死にゲー的な側面もあり、ボスなどの強敵は、攻略法に気づくまで苦労しがちかも。思いのほかボリュームがあるのはうれしい。

週刊ファミ通1504号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
7

舞台設定やビジュアル、音楽など雰囲気はバツグン。猥雑な街を歩き回るのがおもしろく、中へ入れる店や使える施設がもっとあれば最高でした。素早くて手強い敵に対処するのがスリリングな、難しめのアクションですが、ミスしても、すぐに近くで復活できるので、心が折れません。ただ、ボス戦で直前に巻き戻されると、より適切な武器を探して交換することができず、苦戦を強いられるケースも。

週刊ファミ通1504号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
舞台は2091年の大都市“Rengkok City”。誘拐された弟を救うべく、主人公がさまざまな武器を手に、残虐的かつ華麗な戦いをくり広げていく見下ろし視点のアクション。
発売日
2017年09月26日
価格
1943円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
GHI Media
詳細を見る

RUINERに関連

すべて見る
  1. 1
    『FF10』新作歌舞伎、ユウナ役・中村米吉による“異界送り”のスペシャル映像が公開。振付・尾上菊之丞や音楽監督・新内多賀太夫らのコメントも到着
  2. 2
    『ホグワーツ・レガシー』いよいよ発売! 実機プレイで判明したゲームシステムの詳細など、1800年代の魔法界をより楽しめるポイントを解説する18ページの大特集【先出し週刊ファミ通】
  3. 3
    【FGO】2部7章ナウイミクトラン後編攻略まとめ【ストーリーネタバレ注意】
  4. 4
    【ポケモンSV攻略】最強ゲッコウガ育成論。げきりゅう型や特殊型など4パターンを紹介【スカーレット・バイオレット】
  5. 5
    『Apex Legends Mobile』のサービス終了が発表。日本時間の5月2日午前8時をもってシャットダウンへ