クロスレビュー

平均

9.5

ユーザー

スコア

;">
-
『ポケットモンスター』シリーズ完全新作。ガラル地方を巡って各地のポケモンジムでバトルし、チャンピオンを目指す。新ポケモンを追加したほか、通信を用いた遊びを拡充。
発売日
2019年11月15日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
RPG
メーカー
ポケモン
詳細を見る

ポケットモンスター ソード・シールド(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
9

広いフィールドに、レベルも含めて多彩なポケモンが出現する“ワイルドエリア”の仕組みが革新的。ボックスに預けたポケモンの入れ換えが街に戻らなくても可能なのと、ポケモンセンターでは技の覚え直しができることも合わさって、編成をより自由に、より楽しめるようになった。ストーリーが若干あっさりめの印象もあるけど、ジム戦はポケモンの巨大化などのほか、演出面も凝っていて燃えます。

週刊ファミ通1618号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
9

ポケモンや登場人物の造形デザインは丁寧かつキャッチー。直線的なシナリオに成長物語としての起伏をもたらす、凝ったフィールド構成もいいですね。タイプの相性が如実に出るバトルと、道中での回復機会の多さは従来のシリーズ作品通り。ネットワーク経由で見知らぬ相手との対戦とレイドは、勝利への貪欲な姿勢と対策が求められますが、交換系でユルくつながることができる手段も充実しています。

週刊ファミ通1618号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
10

タイムレスである『ポケモン』が、いまの時代と子どもたちに受け継がれた様相。スポーツを意識した演出やチャンピオンのキャラデザインなど、小学生がおもしろがりそうな味付けに好感。最初に選ばれなかったポケモンへのフォローに、作品のトーンが集約されていると感じます。いろいろな要素がリセットされてスッキリしましたが、バトル後にポケモンをお手入れする仕組みの廃止は、ちょっと残念。

週刊ファミ通1618号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
10

探索、バトル、ポケモンとの触れ合いと、すべてにおいて正統進化。ダイマックスではカッコよく、ポケモンキャンプではよりかわいくと、ポケモン自体の魅力も増していて◎。レイドバトルやオープンワールドなどの人気要素を『ポケモン』の世界に落とし込み、独自の魅力を打ち出しているのも好印象。自転車での移動や着せ替えなど、冒険のいたるところに散りばめられた小さな“楽しさ”もいいんだよね。

週刊ファミ通1618号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.5

ユーザー

スコア

;">
-
『ポケットモンスター』シリーズ完全新作。ガラル地方を巡って各地のポケモンジムでバトルし、チャンピオンを目指す。新ポケモンを追加したほか、通信を用いた遊びを拡充。
発売日
2019年11月15日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
RPG
メーカー
ポケモン
詳細を見る

ポケットモンスター ソード・シールドに関連

すべて見る

ポケットモンスター ソード・シールドに関連

すべて見る
  1. 1
    『原神』★5夜蘭(イェラン)&★4久岐忍(くきしのぶ)が実装。魈&荒瀧一斗が復刻。【アプデVer.2.7情報まとめ】
  2. 2
    スイッチ『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』帝国編キャラ紹介動画が公開。ベルナデッタやヒューベルト、ドロテアらのアクションを確認可能
  3. 3
    【PS5】ヤマダデンキが抽選販売を実施。エントリー受付は5月20日17時まで【ヤマダ電機】
  4. 4
    『ヒロアカ』一番くじ“Begin the HERO!”が本日(5/20)発売。緑谷出久、爆豪勝己、轟焦凍、オールマイトのフィギュアやサコッシュなどのグッズが登場
  5. 5
    『ライブアライブ』“リメイク発売記念生放送”配信まとめ。影山ヒロノブが『GO!GO! ブリキ大王!!』を歌う! 西部編&近未来編の新PV、声優情報が公開。
特設・企画