任天堂の『マリオ』とユービーアイソフトの『ラビッツ』がコラボ。3人ひと組のチームを組み、移動、攻撃、“スペシャルスキル”の3つから行動を選んでターン制バトルを展開。
発売日
2018年01月18日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る

マリオ+ラビッツ キングダムバトルのレビュー・評価・感想

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
9

いままでも多彩な展開を見せてきた『マリオ』ですが、かなりアクの強い『ラビッツ』とのコラボは、異色ながらも非常にユニークな仕上がりに。全体的に移動力が高めで、加えて“どかん”を利用したショートカットや、仲間との“チームジャンプ”を活用することで、幅広い戦略が楽しめるところがグッド。バトルものだけど、まったく殺伐としておらず、スポーツライクで明るい雰囲気なのがいい感じですね。

週刊ファミ通1519号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

移動の途中にスライディングをして敵を攻撃できたり、仲間と協力してジャンプするなど、独自性のあるシステムを活用して戦うのがおもしろい。さらに、敵も同じことをしてくるので、簡単には行動が読めず、バトルは考え甲斐といい緊迫感がある。“どかん”を利用しての移動や、高低差のある地形など、マップのギミックも○。チャプター間の物語に、先が見たくなるような引きがもっとあるとよかった。

週刊ファミ通1519号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
9

戦略パートは驚きが満載。“どかん”でのワープや仲間を踏み台にしてのジャンプなどを組み合わせることで、予想をはるかに超える距離を一気に移動できるため、想定外の攻撃をしたりされたり。体当たりをした後に距離を取り、銃撃で追加ダメージを与えるなどの作戦が取れるのも新鮮です。ドラマ性や冒険のワクワク感、マリオらしさは若干低めですが、意外性と歯応えのあるバトルに熱中しました。

週刊ファミ通1519号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
10

フィールドの探索や謎解きも楽しいが、何と言ってもバトル! 遮蔽物に隠れながら遠距離武器主体で挑む戦闘は、雪合戦に似たワクワク感がある。キャラの移動範囲を軽く上回る“チームジャンプ”や、スライディングを交えての連続攻撃といった軽快なアクションが、シミュレーションバトルの進化に新たな1ページを刻んでいる。『マリオ』の世界で爪痕を残しまくるラビッツたちの暴れっぷりにもニヤリ。

週刊ファミ通1519号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

任天堂の『マリオ』とユービーアイソフトの『ラビッツ』がコラボ。3人ひと組のチームを組み、移動、攻撃、“スペシャルスキル”の3つから行動を選んでターン制バトルを展開。
発売日
2018年01月18日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
任天堂
詳細を見る

マリオ+ラビッツ キングダムバトルに関連

すべて見る

マリオ+ラビッツ キングダムバトルに関連

すべて見る
  1. 1
    PS4『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』2020年に発売決定。第1弾PVが公開
  2. 2
    『FF』の新グッズ発売決定! トンベリのジャンボぬいぐるみやティファのブレスレットについているチョコボ、ボムがシルバーネックレスに
  3. 3
    『デス・ストランディング』、『CoD:MW』など全350タイトルが最大80%OFFで購入できる“HOT WINTER SALE”がPSストアで開催中!
  4. 4
    完全新作アニメ『デジモンアドベンチャー:』が4月より放送決定! TCGや玩具などの商品展開もスタート
  5. 5
    映画『ソニック・ザ・ムービー』ソニック役は中川大志に決定! 恩師と慕う山寺宏一も「大志は“たいし”たもんだ」と演技に太鼓判!
特設・企画