マリオとルイージ、クッパを操作し、それぞれの特技を駆使してステージを進むのだ。バトルでは、タイミングよくボタンを押すことで大ダメージを与えられる。
発売日
2009年02月11日
価格
4571円 [税抜]
対応機種
DS
ジャンル
アクションRPG
メーカー
任天堂
詳細を見る

マリオ&ルイージRPG3!!!のレビュー・評価・感想

ファミ通公式レビュー準備中

太刀魚
DS 2017-10-17 23:54:51投稿
10

良かった点
戦闘が非常に面白い。
プレイヤーの腕次第ではノーダメージクリアもできる仕様になっている。
敵の攻撃方法も豊富で、色々な敵と戦って見たくなるのが素晴らしい。
フィールドでもアクションができて、色々な場所へ行きたくなってくる。
収集要素もあり。

悪かった点
小学生向きのゲームだと思いますが、フリガナがないので
子供は読めない漢字等が出てくるかもしれません。

総評
久しぶりにマリオをやりましたが、めちゃくちゃ面白かったです。
今までマリオRPGはやって来なかったですが、他の作品もやってみたく
なりました。

クッパ軍団可愛い。

ayanka141
DS 2013-07-18 14:14:44投稿
7

良かった点
アクションRPGならではの緊張感のあるバトル。
多彩な攻撃が楽しいボス戦。
レベルアップ時のステータス上昇が全体のステータスが上がりつつ任意の一項目だけスロットゲームでのボーナスが貰えるというのもお得感とやりすぎないカスタマイズが出来て良かったです。

悪かった点
タイミングが厳しいアクション。
マイクが必須や連打が厳しいアクションが多く屋外でのプレイ(私の場合は電車内でのプレイ)が厳しい。
下画面のメニューがタッチペンに対応してない。

総評
マリオならではの緊張感のあるアクションが多いRPGで同じようにマリオを題材にしたアクションRPGのペーパーマリオシリーズより爽快感も難易度もこちらの方が若干上かと思います。
室内でプレイするには問題なく遊べると思いますが、携帯機なので屋外でのプレイを考えるともう少し敵の攻撃力が弱くても良い気がしました。
私の場合は自分で割り振れるステータスのポイントを全て攻撃にしたのも原因かと思いますが…。

くぱ
DS 2009-03-13 22:54:55投稿
9

シリーズ1・2と経験済み。
クッパが参戦して、ゲームに広がりが増してボリュームも1に匹敵する。
クッパとM&Lで探索する感触が異なるので、使い分けが楽しい。
ドット絵のクッパが、こんなに滑らかにアニメーションをするゲームはいままでなかったし、その出来も良い。もちろんM&L、サブキャラも。
戦闘も飽きることなく、
イベントも盛りだくさんでゲーム初心者にもオススメしたい一品です。
続編に期待が出来ますね。

Myoma
DS 2009-02-24 14:16:03投稿
8

M&LRPG3のレビューです。
一応マリオRPGシリーズは64版、GC版ペーパーも含めてプレイ済みです。
ネタバレタグはつけていませんが、
説明書に載っている範囲でのネタバレはあり得ます。
どうかご容赦ください。
※最初に公開した記事に少し加筆しました。
点数内訳
独創性 15/15
音楽 11/15
グラフィック 14/15
爽快感 12/15
快適さ 13/15
シナリオ 6/15
気に入り度 10/10   
合計 81点 
良い点
◎ドットの質。M&LRPGシリーズ通してですが、ドットのマリオ達の動きが非常にきれいです。また、かなり多くのポーズや動きがあり、見ていて楽しめます。
◎独創性。フィールドギミックもそうですが、特に戦闘にかなりのこだわりを感じます。戦闘アクションで大ダメージをぶち込むと爽快ですし、敵の攻撃パターンもかなり凝っています。巨大クッパ戦には驚きました。
◎アクション。M&Lとクッパでは、戦闘中の攻撃、反撃、防御アクションが違うのは勿論、フィールドでのアクションも異なるので、同じ敵と戦う、同じマップを進んでいく場合でも別の発見があります。
○音楽。ゲームの雰囲気に合った曲ばかりです。
○その他やりこみ要素やミニゲーム。
○これまでのM&Lシリーズより戦闘難易度が上がっているので、なかなか歯ごたえがあります。
○謎解きにめんどくささを(あまり)感じませんでした。
○程よいボリューム。一直線にクリアするなら20時間かからず、やりこむと30時間程度。
○お笑い要素。
○いろいろな面でお約束だったり予想外だったりで、進んでいくのが楽しい。
○特殊効果がある装備品がそれなりにあるので、何を装備させるか、程良く悩める。
悪い点
△音楽が、雰囲気に合っているものの、耳に残る曲が少ない。
△敵の攻撃時間が長い。反撃アクションがあるから許せる範囲だが…
△回復アイテムが手に入りやすすぎる。戦闘難易度が上がったからこれぐらいがよいのかもしれないが、私の場合、強力な回復アイテムがかなり余った。
△フィールドグラフィックに、初代M&LRPGのような華やかさが感じられず、少しさみしい。
△M&Lのアクションに鬼のように強いものがあり、バランスが少々崩壊しました。
△レベルアップ時のルーレットボーナス。同じパラメータを強化し続けると、ルーレットの値が減ってしまう。これでは結局誰がやっても同じような育て方しかできません。
△初代M&Lのひげパチのような、スコアアタック型ミニゲームがない。…ないというとウソになりますが、ミニゲームにアクションパズル要素がないので、初代のミニゲームほどの満足感が得られない。
×自由度が低い。一直線にひかれたレールの上を進んでいくだけ。自由度重視の人には合わないでしょう。キャラ育成面でも、先述のルーレットボーナスのため、自由度が低い。…むしろ無い。
×謎解き、フィールドギミックが簡単すぎる…。
評価
戦闘バランスは初代M&Lの方が良い(M&Lに鬼技があるため)と思うが、ボリュームや独創性はレベルアップしたと思います。特に主人公キャラにクッパを入れ、かつM&Lとクッパの行動(?)を分けたことでフィールドギミック(謎解き)が面白くなり、戦闘の独創性もかなり向上しました。総合的にみるとシリーズで一番の出来だと思います。
次回作を作るのなら、是非自由度を強化してほしいですね。せめて育成面だけでも。

マリオとルイージ、クッパを操作し、それぞれの特技を駆使してステージを進むのだ。バトルでは、タイミングよくボタンを押すことで大ダメージを与えられる。
発売日
2009年02月11日
価格
4571円 [税抜]
対応機種
DS
ジャンル
アクションRPG
メーカー
任天堂
詳細を見る
  1. 1
    【FGO】サバフェスが復刻! ライト版の変更点や監獄島イベント開放権の情報が公開
  2. 2
    『スプラトゥーン2』2周年&ファイナルフェス記念の78ページ総力特集。2周年の振り返り、舞台裏に迫るインタビューなど盛りだくさんの完全保存版!【先出し週刊ファミ通】
  3. 3
    『モンハンワールド:アイスボーン』など、最新作の試遊やステージイベントたっぷりの “PlayStation祭 TOKYO 2019”開催!
  4. 4
    『ファイアーエムブレム 風花雪月』情報総まとめの発売直前特集! ひと足先にプレイしたライターのレビューも掲載【先出し週刊ファミ通】
  5. 5
    【FGO攻略】ぐだぐだファイナル本能寺イベント周回効率ランキング