クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
“マンボ”と呼ばれる生命体を操作して、対戦相手のマンボを画面外へ押し出せば勝利となる。豊富なステージと3種類のモードを収録。最大4人までのオフライン対戦が可能。
発売日
2017年06月29日
価格
1363円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクション
メーカー
コーラス・ワールドワイド
詳細を見る

デ・マンボ(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
7

対戦、協力、ソロと、3つのモードで違った楽しみかたがあるところがいい。最大4人プレイが可能な対戦モードは、『スマブラ』風で、落とし合いに夢中になれる。画面上部から迫り来る敵を撃退する協力モードは『スペースインベーダー』風で、足場を気にしながらの駆け引きがアツい。ひとり用のソロモードは難易度の幅が広く、やり込み甲斐あり。あとは、価格がもう少しだけ安ければ、さらによかった。

週刊ファミ通1491号より

ブンブン丸
ファミ通公式 Switch
9

基本的なアクションが移動+ワンボタンで、溜め押しのみで出せるシンプルかつ簡単な操作は、直感的でわかりやすい。レスポンスやゲームのテンポもいいし、ひとりプレイも楽しいけれど、やはりマルチプレイが非常におもしろい。Joy-Conの操作でも違和感なく遊べるので、本体を持ち運び、複数のJoy-Conでプレイするニンテンドースイッチとの相性は、かなりよいかと。価格も安いですな。

週刊ファミ通1491号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

“マンボ”の動きが軽快ゆえに、制御するのにあたふたしてしまうような操作感になっているのがミソで、スピーディーかつスリリングなプレイ感につながっている。ソロモードは、短いステージの連続で、最初こそぬるめに感じるが、徐々に難度が高まり、緊張感のあるものに。マンボモードはみんなでワイワイ遊べて、ステージごとに展開が変わるのもナイス。ただ、全体的にシンプルで、やや地味な印象。

週刊ファミ通1491号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
7

ひとつのボタンで3種類の攻撃を使い分けるアイデアが独創的で、操作自体におもしろみを感じます。協力モードは、仲間のジャマになってしまうことも多々あって笑いを誘い、対戦モードはステージごとに異なる展開へ導く構成が見事。キャラの動きが速くて集中力を要するうえに、1回のプレイ時間が長めになることが多く、パーティーゲームとして何度も続けて遊ぼうという気にはなりづらいかな。

週刊ファミ通1491号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
“マンボ”と呼ばれる生命体を操作して、対戦相手のマンボを画面外へ押し出せば勝利となる。豊富なステージと3種類のモードを収録。最大4人までのオフライン対戦が可能。
発売日
2017年06月29日
価格
1363円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクション
メーカー
コーラス・ワールドワイド
詳細を見る

デ・マンボに関連

すべて見る

デ・マンボに関連

すべて見る
  1. 1
    任天堂旧本社の社屋を利用したホテル“丸福樓”が4月に開業決定。本日(1/20)より宿泊予約を開始。既存棟は当時の建築様式や内装を活かした空間に
  2. 2
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  3. 3
    【ウマ娘】サクラチヨノオーはサクラ軍団の悲願を達成したダービー馬だった。現役時代の活躍やゲームの元ネタを紹介
  4. 4
    『MOTHER』モデルの“G-SHOCK”が本日(1/20)11時より抽選販売開始。文字盤に『MOTHER』のロゴと“SMAAAASH!!”のドット文字がプリント
  5. 5
    『TERA』が4月20日をもってサービス終了。スク水アバターブームを牽引した(?)MMORPGが11年近い歴史に幕