『マリオカート8』に、発売後に追加配信されたコンテンツをすべて収録。マシンやコース、ルールに新要素が追加されている。登場キャラクターは42人、収録コースは48種類。
発売日
2017年04月28日
価格
5980円 [税抜]
ジャンル
レース
メーカー
任天堂
詳細を見る

マリオカート8 デラックスのレビュー・評価・感想

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

ゲーム性は『8』とほぼ変わらず、キャラやアイテム、バトルモードなどが新規で追加された、完全版といった作り。『8』で配信されたダウンロードコンテンツの収録はうれしいが、それでも価格的には高めに感じた。レース用の新規コースがないのは少し残念だけど、今後のコンテンツの追加に期待。ニンテンドースイッチの特性的に、Wii U版よりも手軽にどこでも遊べるのは最大の利点で、その魅力は◎。

週刊ファミ通1481号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
9

Wii U版の『マリオカート8』をベースに、さまざまな追加コンテンツを収録し、現時点でシリーズ最大ボリュームの『マリオカート』に。新アイテムが2種類追加されたほか、アイテムをふたつまで持てるようになり、戦略性や駆け引きの幅がさらに広がっている。コースアウトしなくなる“ハンドルアシスト”機能が搭載されたおかげで、アクションが苦手な人もいっしょにレースを楽しめるところもうれしい。

週刊ファミ通1481号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
9

新キャラ追加のうえに、これまでのダウンロードコンテンツも収録され、ボリュームたっぷりの内容。“バトルモード”のコースも一新されたほか、“ハンドルアシスト”をオンにすればコースアウトせずに走れるなど、幅広いプレイヤーがいっしょに遊べるようにさらに工夫されているのが好印象。200ccクラスや“ウルトラミニターボ”の追加で、『8』をやり込んだ上級者にも新鮮味のある要素が入ったのも○。

週刊ファミ通1481号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
9

ベースの部分は『8』と変わらないけれど、落下防止の“ハンドルアシスト”の導入など、細かい部分が遊びやすくなっています。アイテムが2個持てるようになったことも、戦略の幅を広げているね。追加された200ccクラスは、スピード感がグンと増して迫力十分。バトルモードは混戦が楽しい。速いだけでは勝てないので、ルールに合ったマシンやパーツの組み合わせを見つける楽しさも引き出されています。

週刊ファミ通1481号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

『マリオカート8』に、発売後に追加配信されたコンテンツをすべて収録。マシンやコース、ルールに新要素が追加されている。登場キャラクターは42人、収録コースは48種類。
発売日
2017年04月28日
価格
5980円 [税抜]
ジャンル
レース
メーカー
任天堂
詳細を見る

マリオカート8 デラックスに関連

すべて見る

マリオカート8 デラックスに関連

すべて見る
  1. 1
    『ライザのアトリエ』伊織もえさんのライザ愛はふとももにまで及ぶ! DMM版特典も発表されたステージをリポート【TGS2019】
  2. 2
    『マリオカート ツアー』先行レビュー。スマホ版『マリオカート』の操作方法や新システムなどを詳しく解説。フィーバーモードが超爽快!
  3. 3
    『ドラゴンクエストXI S』進化した“冒険の書の世界”を紹介。新たに2Dで描かれた歴代シリーズ作品も登場!
  4. 4
    【FGO】数々の新発表にマスターが沸いた! ユーザー還元の真意をカノウヨシキ氏に直撃
  5. 5
    『ブレイブルー クロスタッグバトル』“スサノオ”や“セリカ=A=マーキュリー”など5人が新たに参戦! Ver2.0からの新システムも公開
特設・企画