亜種生命体“ブレイド”のホムラに命を救われた主人公のレックスが、彼女と運命を共有する“ドライバー”として、巨大生物が生息するアルストを冒険し、伝説の楽園を目指す。
発売日
2017年12月01日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
RPG
メーカー
任天堂
詳細を見る

ゼノブレイド2のレビュー・評価・感想

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
9

世界設定がしっかりしていて、登場キャラたちも魅力的なので、物語に惹き込まれていく。ここぞというシーンでしっかり盛り上げてくれる演出が最高! 音楽もステキです。バトルは、覚えることがかなり多くて複雑だけど、進行に応じて要素が段階的に開放されていく作りが○。3タイプのブレイドを、状況に応じて切り換えて戦う“ブレイドスイッチバトル”により、奥深い戦略が味わえる点もよかった。

週刊ファミ通1512号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
9

イベントを見る場面が多めという印象を受けるが、アツい展開の物語に思わず引き込まれて、アニメを見るような感覚で楽しめる。ブレイドを切り換え、使用可能な技や戦闘での役割を変更できるのはいいし、キャラの立った存在であるブレイドへの愛着も湧く。探索時に、手強い敵に追い回されたりして苦労させられるものの、多彩な生物が生息するファンタジックな世界を旅するのは、気分が高揚します。

週刊ファミ通1512号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

ドラマチックな物語や個性豊かなキャラ、神秘的かつ雄大な作品世界が魅力的です。ブレイドの特性やコンボによる封印効果など、戦術性の高いバトルも○。ブレイドの生成にもドキドキします。ただ、お金稼ぎといった作業的なプレイが必要になるなど、テンポが損なわれて辛く感じる場面も。世界が広大なだけに、若干わかりづらいマップに戸惑うこともありましたが、“スキップトラベル”は快適でした。

週刊ファミ通1512号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
9

世界樹、天の聖杯、巨神獣“アルス”など、最初の依頼から息もつかせぬ展開の連続で、物語に引き込む手腕はさすが。巨大獣の体がそのままフィールドとなった世界は、それぞれ景色や構造、生態が異なり、探索するだけでも楽しい。戦闘も、パートナーのブレイドを切り換えられるようになると、選択肢が無限に増えてアツい。1回の戦闘時間が長くなりがちだが、多彩な戦いを楽しめると考えたらアリ。

週刊ファミ通1512号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
9

本編をベースにしたよくあるタイプの追加シナリオではなく、新しい冒険の舞台や主人公に加え、システム面も変更されているので、しっかりとした作りの外伝として楽しめます。本編の500年前の時代を舞台に、シンやラウラの活躍が描かれる物語はとても興味深い。シェイプされて遊びやすくなったバトルシステムも○。本編を遊んだ人はもちろん、本作だけでも楽しめる作りになっているのもいいね。

週刊ファミ通1554号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
9

ラウラやシンを中心に、本編の過去が描かれるのは興味深く、胸が締めつけられる物語に引き込まれます。追加シナリオでありつつ、単体でも遊べる形態があるのがいいし、本作から入る人でも楽しめるように構成されている点もナイス。アタッカーやブレイドを切り換えながら戦うバトルは展開がテンポアップし、体力の回復やスキルのチャージなどの効果もあって、交代が戦略の肝になっているのが○。

週刊ファミ通1554号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

本編で非常に魅力的だった、シンの事情を浮き彫りにする物語に引き込まれます。さまざまな経験を提供してくれるヒトノワシステムが、作品世界に長く浸っていられるいい仕掛けに。美しいアルストを駆け回るのが楽しいだけに、マップまわりには少々不便に感じられる点も。本編のシステムが一部割愛され、コンパクトでわかりやすくなっていることもあって、パッケージ版でこちらから遊ぶのもアリ。

週刊ファミ通1554号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
9

ドライバーとブレイドの関係性はそのままに、新しい戦闘システムで戦えることに驚き。物語のボリューム感も含め、追加エピソードというより、“外伝”や“続編”に近い作り。ブレイドは少数精鋭だが、バトル中に自由に切り換え、直接動かせるのはうれしい。長くなりがちな戦闘も、技の組み合わせを楽しむためだと思うと、断然アリ。記憶を受け継がないブレイドの設定が、いい感じで物語に活きています。

週刊ファミ通1554号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

22
Switch 2019-10-31 17:14:09投稿
4

良かった点
美麗なグラフィック

悪かった点
値段がまだ高い
マップが見にくい
キャラクターのノリにもまったくついていけない。
世界観がペラペラで肝心のストーリーがつまらな過ぎ

総評
買って損したとかは思って欲しくないです。決して悪いゲームではない

あぶさん
Switch 2019-07-08 09:31:21投稿
9

良かった点
・BGMが良い
どこの都市、場面をとっても音楽が非常に良かったです。心地が良い

・ゼノブレイドからの繋がり
やってて嬉しかったのはゼノブレイドとの繋がりを感じれた事。この世界を作った元凶と、後半に行くに連れてゼノブレイド1と似ている部分が多くて、やってて嬉しくなった

悪かった点
・セーブが一つだけ
これが良く分からなかった。色んなサブイベント、二度と見れなくなるキズナトークがあるにも関わらず、セーブが一つはしんどかった。せめて3つは欲しい

・キズナトークでのBGMの大きさ
キズナトークでせっかくのフルボイスが、その場のBGMに書き消され、聞きたいトークで聞き取りづらい場面もあり、残念だった

・マップが見づらい
ゼノブレイドからマップは、見やすくなっていたものの、段差などが存在する所では、目的の場所がどこにあるのかわからなくなってしまい、もどかしかった

総評
ゼノブレイドをクリアしてから、すぐにプレイしてグラフィックの進化に驚いたり、操作方法では戸惑いはあったものの、自分の中では、かなりやり込めたと思うので、エンディングの瞬間はかなり満足感がありました。


以下 個人的メモ
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・エーテル瘴気は、人間でいう老廃物
・ブレイドは死ぬと、コアクリスタルに戻る。しかし再びブレイドとして生まれることは出来るが、記憶は全て失ったまっさらな状態で戻ってくる
・ホムラのドライバーは居なかった。元のドライバーはどこへ?
・敵の部隊の名は、「イーラ」
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

・アデルとホムラ?が協力して、メツを打ち倒した。しかしその代償にホムラは死んだ
・ホムラが、その戦いでアルスト(大地)を破壊したと思われている
・シン(白い奴)がホムラ (天の聖杯)を望む理由は、人々を抹殺するため

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
・レックスは両親とも亡くしている。両親とともに逃げてきて、父は村の前で、母は村についた瞬間に亡くなった。

・スペルビアとインヴィディアとを戦争に追い込もうとしたシン達イーラ
・フアンはシンに殺されたが、クリスタルに戻らず人のように死んでいった。フアンのコアは、ひし形の上の部分だけが光っている状態だった。残りの半分はどこへ? マルベーニ聖下が奪った? 聖下とファンはマンイーター(人とブレイドの間のモノ)?
・ルクスリアは鎖国中、外に出ることも御法度
・ジークは王子ではあるが、勘当された身だった
・エーテルネットはONE PIECE、ルクスリアのエーテル篭?はNARUTOからのインスパイア?

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
・シンの本当の力に破れ、ホムラを失った
・アルス達と共存を目指していたアデル派と
人間達による統治し、アルスやブレイドの利用しようとしていた反アデル派
・反アデル派が、サンクトスチェイン(デバイスを動かす為の核)を偶然みつけ、アデルの血筋が無いにも関わらず、アデル名を利用し、ルクスリアを作った
・アデルの血を利用している事を隠すために、ルクスリアは鎖国をした
・アーケディアは、ルクスリアに「コアチップ」を一定量納めさせる事で、ルクスリアの存在を黙認した

・アルスは雲海を食べて、活動エネルギーにしている。それを結晶化したものがコアチップ
・活動エネルギーを利用しているため、極寒の寒さが続き、ルクスリアは作物も育ちにくい状況

・ホムラとヒカリのほかにもう一本 真の天の聖杯の剣があった。ここは前作ゼノブレイドのモナドと似てる
・ホムラは自分を消滅させる前に、レックスに自分のコアを与えて、完全に心臓を復活させようとしていた。
・メツが本来の力を取り戻すためにホムラが必要だった。メツはマスターブレイド

・イヤサキ村は、アデルが作ったものだった。そしてお守り様の奥、アルスの深層にもうひとつの剣を隠していた
・ジークの胸元が、気になっていたがブレイドイーター(マンイーターだった。マルベーニ聖下に救われたのだった

・ニアは元々ブレイド。アーケディア法王庁に追われていた。父の形見であるビャッコと逃げていたところ、シンに拾われた
・メレフとジークの名前を言ってあげないレックス

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
・メツは破戒の力、ニアは再生の力
・メツはアイオーンを目覚めさせるのが目的。
・モルスではゾンビのような敵
・コア→ブレイド→アルス→様々な生命 が繰り返される
・イーラはブレイドを恐れていた

亜種生命体“ブレイド”のホムラに命を救われた主人公のレックスが、彼女と運命を共有する“ドライバー”として、巨大生物が生息するアルストを冒険し、伝説の楽園を目指す。
発売日
2017年12月01日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
RPG
メーカー
任天堂
詳細を見る

ゼノブレイド2に関連

すべて見る

ゼノブレイド2に関連

すべて見る
  1. 1
    PS4『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』2020年に発売決定。第1弾PVが公開
  2. 2
    完全新作アニメ『デジモンアドベンチャー:』が4月より放送決定! TCGや玩具などの商品展開もスタート
  3. 3
    『デス・ストランディング』、『CoD:MW』など全350タイトルが最大80%OFFで購入できる“HOT WINTER SALE”がPSストアで開催中!
  4. 4
    『FF』の新グッズ発売決定! トンベリのジャンボぬいぐるみやティファのブレスレットについているチョコボ、ボムがシルバーネックレスに
  5. 5
    『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス』アーケード最新作が始動!
特設・企画