インクを地面に塗って陣地を広げ、イカとヒトのふたつの姿を使い分けてバトルを展開。新しいステージやブキ、ギアを多数収録。オンライン対戦やローカル無線通信対応。
発売日
2017年07月21日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクション / FPS・TPS
メーカー
任天堂
詳細を見る

スプラトゥーン2のレビュー・評価・感想

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
10

前作のファンの期待を裏切らない正統進化でありながら、本作から遊び始める初心者にもやさしい作り。対戦だけではなく、協力プレイの“サーモンラン”が追加され、パーティーゲーム感もさらに高まった。一部のモードがローカル通信でのプレイに対応したことで、遊びの幅と質が昇華した印象も。ストリートカルチャーを意識したグラフィックデザインもパワーアップし、見た目もより楽しくなっている。

週刊ファミ通1496号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
9

独創性が高くて魅力的なキャラと世界観、TPSなのに対戦が殺伐としておらず、幅広いプレイヤーが参加しやすいマルチプレイなど、前作のいいところはそのまま継承。そのうえで細部の改善や進化があり、よりよいバランスのゲームに仕上がっています。続編というよりは“DX版”といった印象も受けるけど、対戦は相変わらず時間を忘れて夢中になれるし、新たな協力プレイの“サーモンラン”も楽しい!

週刊ファミ通1496号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
9

インクを塗るだけでもチームの勝利に貢献できるという、初心者でもとっつきやすい仕組みや、もう1回、もう1回とくり返し遊びたくなる中毒性は変わらない、安定のおもしろさです。前作から際立った変化は見られないものの、新たなブキやステージ、モードの追加など、新鮮味を感じる部分も。協力プレイの“サーモンラン”は1ゲームが短く、テンポよく遊べて、対戦に疲れたときの気分転換にもいいね。

週刊ファミ通1496号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
9

勝っても負けても、「もう1回!」と続けてしまう中毒性の高さ。初心者でも、塗ることで勝利に貢献できる感触が味わえ、バトルを重ねるほどに上達を感じられてうれしくなる。オンライン対戦のステージが2時間ごとに更新され、飽きずに遊べるのも〇。“ヒーローモード”はチュートリアルを兼ねているが、仕掛けやネタ満載で歯応え十分。協力プレイの“サーモンラン”はシャケが手強く、いい緊張感あり。

週刊ファミ通1496号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

たあ
Switch 2017-10-08 22:32:29投稿
3

良かった点
新しいブキ、ギアパワー、ステージは新鮮。
前作同様のルールで楽しさがある。

悪かった点
ノヴァ、ローラーが弱体化しすぎてる。
スペシャルも使えない。
特にジェットパック、マルチミサイルが役に立たない。
ギアパワーにメインブキに関するパワーがなくなり、人によってメインブキの違いがなくなってしまった。
サブのセンサーが多すぎ。

総評
完全に前作の劣化版。
これで有料になるなら、続ける気にはならない。
前作並みに改善されなければ、おすすめはできない出来。

Speck0
Switch 2017-08-13 17:52:56投稿
10

良かった点
いやもう才能の塊ですねこのタイトルは

非常に親しみのあるイカというチョイス
どこかの野蛮人共が考えた殺し会うだけの糞ゲーとは一線をひくインクを塗りあうと言う単純かつ面白い作業
各所に散りばめられたイカギャグ
看板等の文字のセンス
歌のイカ語の耳当たりの良さ
シオカラーズという存在

全てにセンスが光っています

完全にスプラトゥーンという新ジャンルを確立しており
それは揺ぎ無いものになっています

悪かった点
服の種類少ない
キャラメイクの種類少ない

これでは個性が出ませんよ
非常に残念な点です
ブキの製作を止めて有料DLCでも良いからキャラメイクを豊富にすべき

1の時点で感じていたのびしろをなぜのばさないのか
こんなに才能のあるチームがこれをなぜ怠るのか不思議でなりません
ブキはもういいです
十分でしょ

あと自分の色を固定させてマッチングさせて欲しいのと
一年に一回は闘会議でもなんでも良いんで人間界出張シオカライブをやってほしいです
あれはとても素晴らしいので世界的にも展開していくべきです

総評
非常に面白いゲームです
ただそこまでですね
長くやろうって気にならないです

プレイヤーが何のために頑張ってるのかって事を考えたほうが良いです
キャラのドレスアップに対しての優先度が低すぎると思う

あとシオカラーズに対しての優先度も低すぎる
というか扱いが雑すぎる
この二つをスタッフは見誤ってますね
とても残念です

唯一無二のジャンルを確立した事に胡坐をかいている様に思いますね
売れてるんだからもっと製作スタッフを増やすなりすべきだと思います
PS4のサードを見習うべきです

総合評価90点
コミニー市場補正10点

インクを地面に塗って陣地を広げ、イカとヒトのふたつの姿を使い分けてバトルを展開。新しいステージやブキ、ギアを多数収録。オンライン対戦やローカル無線通信対応。
発売日
2017年07月21日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクション / FPS・TPS
メーカー
任天堂
詳細を見る

スプラトゥーン2に関連

すべて見る

スプラトゥーン2に関連

すべて見る
  1. 1
    PS4などでテレビ番組が録画できる“nasne(ナスネ)”が近日出荷完了。torneやnasneACCESSサービスは「いましばらく継続」
  2. 2
    【動画あり】『サムライスピリッツ』超必殺技集。全16人の剣豪たちの武器飛ばし必殺技、一閃、秘奥義の動画をお届け!
  3. 3
    任天堂元社長の岩田聡氏の発言録『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』が発売決定。元週刊ファミ通編集者の永田泰大氏が編集を担当
  4. 4
    『ファイアーエムブレム 風花雪月』本作のストーリーが二部構成であることが明らかに! 謎の商人アンナとは? 新たに判明した要素を解説します
  5. 5
    『FF7 リメイク』『KH3 リマインド』ディレクター・野村哲也氏を独占直撃――E3 2019での発表内容について訊く【E3 2019】
特設・企画