クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
『Rewrite』のファンディスクの移植版。6人のヒロインとの後日談を描いたスピンオフストーリーを始め、ダンジョン探索型RPG“リライトクエスト”などを収録している。
発売日
2017年05月18日
価格
5200円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
プロトタイプ
詳細を見る

Rewrite Harvest festa!(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
8

各ヒロインの、スピンオフや“if”の物語が収録されて、ファンディスクとして、プレイヤーのニーズにしっかりと応えている内容。シナリオごとのボリュームが少なめに感じられたが、多彩なノリが楽しめる、バリエーションに富んだものとなっているので、トータルの充実感はなかなかのもの。条件を満たすと3DダンジョンRPGが遊べるようになる仕掛けもユニーク。全キャラのフルボイス化もうれしい。

週刊ファミ通1484号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

ファンディスクゆえか、各キャラのシナリオは短め。でも、どのヒロインも後日談というわけではなく、“if”のストーリーなどもあり、各キャラの個性を出しつつハッピーな展開が描かれているのがグッド。PCからの移植に際してフルボイス化されたのもうれしいポイント。機能面も優れていて快適にプレイできる。やり応えのあるダンジョン探索型RPGも収録され、物語以外も楽しめる仕様がユニーク。

週刊ファミ通1484号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 PS Vita
7

各ヒロインがメインのショートストーリーは、ボリュームこそ少ないけど、キャラクターたちの想いを深く知ることができて大満足。ギャグ要素満載のテンポのいい会話劇の中に、シリアスな展開があり、グッと物語に惹きつけられる。“リライトクエスト”はかなり骨太なRPGで、小難しいシステムがなくてのめり込みやすい。全体的に操作は非常に快適。ただ、本編を知らないと、魅力が十二分に伝わらない。

週刊ファミ通1484号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
7

後日談はサックリ読める長さですが、その中にイチャラブ要素や笑いが凝縮されています。イラストにはやや時代を感じるけれど、画質はキレイ。おまけのダンジョンRPGは、ユルい雰囲気ながらもなかなか本格的で遊びやすい。敵や味方の魔物、“アトリエシステム”など、本編のネタが盛り込まれていてファンサービスが厚い。フルボイス化や壁紙のほかに大きな追加はないが、PC版を未所持なら買いの1本。

週刊ファミ通1484号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
『Rewrite』のファンディスクの移植版。6人のヒロインとの後日談を描いたスピンオフストーリーを始め、ダンジョン探索型RPG“リライトクエスト”などを収録している。
発売日
2017年05月18日
価格
5200円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
プロトタイプ
詳細を見る

Rewrite Harvest festa!に関連

すべて見る

Rewrite Harvest festa!に関連

すべて見る
  1. 1
    映画『THE FIRST SLAM DUNK』(12月3日公開)本編の一部を視聴できる映像が解禁! 映画館にて湘北メンバーたちが描かれたポスターも掲載中
  2. 2
    『英雄伝説 黎の軌跡2』に『創の軌跡』からレンが参戦。フリーダンジョン+キャラ強化+アイテム収集が合わさった新要素《お伽の庭城》も明らかに
  3. 3
    『遊戯王』原作者の高橋和希氏が死去。沖縄県名護市の沖合で見つかる
  4. 4
    『ちいかわ』レトルトカレーが本日より期間限定で発売。ちいかわやハチワレたちが描かれた丸美屋オリジナルのキラキラシールが付いてくる
  5. 5
    【スタバ新作】“桃MORE フラペチーノ”が7月13日より期間限定で発売。キンキンに冷えた桃をまるかじりしたかのようなジューシーな味わいが楽しめる