機械生物の種族によって侵略された世界を舞台に、広大なマップを移動して敵機を一掃する、360度全方位シューティング。前作から、システム面がさらに改良されている。
発売日
2016年12月16日
価格
1200円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
シューティング
メーカー
クロスファンクション
詳細を見る

Dogosのレビュー・評価・感想

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
6

ストーリーに合わせて、味方を護衛や特定の敵を倒したり、はたまた迷路のようなステージを高速で駆け抜けるなど、全方位型シューティングとして目新しいシステムも多い。広いマップを縦横無尽に飛び回って敵を倒していく自由度がある一方で、同じようなミッションが多く、作業的になりがち。セーブデータがひとつしか保存できず、プレイする機体を変えるごとにデータが削除されてしまう仕様は難。

週刊ファミ通1464号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
6

いきなり、ザコ敵が積極的に攻撃してくるうえに硬めなので、最初のうちはあまり爽快感がない。しかし、ゲームを進めにつれて強力な武器がアンロックされていき、徐々に楽しくなってくる。ステージ構成に変化があるのと、迫力のあるボス戦も○。マップをオンにすると、画面中央に表示されるため、敵などが見にくくなるのは気になった。半透明処理にして、画面を見やすくするなどの配慮があれば。

週刊ファミ通1464号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
7

全方位に機体の向きを変えて移動でき、広いステージを飛ぶのは開放感がある。基本、指示に従って目標地点に向かうため、探索の醍醐味はやや薄めかな。敵が回り込んで来たり、背後からも攻撃してくるので対処はたいへんだが、各個撃破しながら進むなど、自分のペースで戦えるのがいい。途中で挿入されることのある、自機の後方からの視点で峡谷などを飛ぶ強制スクロールのシーンは、スリルがある。

週刊ファミ通1464号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
7

見下ろし型の弾幕シューティングにマップ探索要素があるのが目新しい。ただ、視点と機体を目まぐるしく動かしつつ進むうちに、酔ってしまった。マップはバラエティーに富んでいてキレイだし、ミッションもあるのでやり応えがある。ショットの使い勝手はいいけれど、それと比べると対地砲は種類も少なく、扱いにくいかな。そのわりに地上の敵の出現数が多いので、停滞感が出てくるのがもったいない。

週刊ファミ通1464号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

機械生物の種族によって侵略された世界を舞台に、広大なマップを移動して敵機を一掃する、360度全方位シューティング。前作から、システム面がさらに改良されている。
発売日
2016年12月16日
価格
1200円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
シューティング
メーカー
クロスファンクション
詳細を見る
  1. 1
    『たべごろ!スーパーモンキーボール』がSwitch/PS4で10月31日発売。Wii『ウキウキパーティー大集合』リメイク作でSteam版も。名越氏が語る本作の魅力とは?【先出し週刊ファミ通】
  2. 2
    『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』竜司、杏、祐介の“新たな”ペルソナが判明! 新スポット“吉祥寺”や3学期に関する新情報も!【先出し週刊ファミ通】
  3. 3
    『ファイアーエムブレム 風花雪月』情報総まとめの発売直前特集! ひと足先にプレイしたライターのレビューも掲載【先出し週刊ファミ通】
  4. 4
    『ジージェネ クロスレイズ』にシェンロンガンダム(EW版/獠牙装備)、マーズジャケットなどが初参戦【先出し週刊ファミ通】
  5. 5
    【FGO攻略】ぐだぐだファイナル本能寺イベント周回効率ランキング