クロスレビュー

平均

8.8

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ初となるオープンワールドを採用。素材の採取や、フィールド上の街では武具の売買なども可能。アクションも刷新され、新システム“ステートコンボシステム”を搭載。
詳細を見る

真・三國無双8(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

オープンワールドになったことで、遊びの幅が大きく広がった。釣りや狩り、隠れ家のカスタマイズなども盛り込まれ、これまで以上にやり込み甲斐のある内容になっている。中国大陸の壮大さが感じられる反面、何もなくてだだっ広い平原も多く、移動や寄り道の楽しさが薄いという印象も。また、オートラン機能がファジーだったり、キャラの動きがときどきもっさりするなどの気になる部分も少々。

週刊ファミ通1522号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

オープンワールドのフィールドは開放感があり、素材集めや狩りなどの要素も加えられていて新鮮。自由に目的を達成しながら、好きなタイミングでメインの任務に挑める作りは、自由度が高く、各武将の立場で戦いに身を投じている没入感があって○。できることが大幅に変わり、シリーズ過去作と比べると気軽さがちょっと薄れたが、アクションも新しくなって、マンネリから脱却した点に関しては好印象。

週刊ファミ通1522号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
9

ひと続きのフィールドを渡り歩き、戦い続けるうちに、武将として壮大な歴史ドラマの中に生きている気持ちに。マップは広大で、中国大陸のスケールを実感。時間を気にせず景勝地や獲物を探せるのもいいね。任務遂行にさまざまな方法があり、史実とは異なる攻めかたを試すのも楽しい。敵の状態に応じた技が出ることで、流れるような立ち回りができ、自分なりのコンボを組み立てるおもしろさがある。

週刊ファミ通1522号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS4
9

オープンワールドで表現された、中国大陸のスケールは圧巻。広大な世界で自由に物語を進められるので、これまで以上に武将になりきってプレイできた。鉤縄で壁を上って侵入し、内部に攻め込めるのも、新鮮でおもしろい。刷新された戦闘システムは、爽快感はもちろん、攻撃を組み立てられる自由度の高さが好印象。正直、粗削りな部分もあるが、『真・三國無双』シリーズの新たな可能性が感じられた。

週刊ファミ通1522号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.8

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ初となるオープンワールドを採用。素材の採取や、フィールド上の街では武具の売買なども可能。アクションも刷新され、新システム“ステートコンボシステム”を搭載。
詳細を見る

真・三國無双8に関連

すべて見る

真・三國無双8に関連

すべて見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    米津玄師出演のプレイステーションCM先行公開スタート。PS5やPS4を起動すると、新曲「POP SONG」が聴ける!
  4. 4
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作
  5. 5
    アニメイトで『ゆるキャン△』&『mono』の漫画を買うと特製ブロマイドがもらえる血液センターコラボ応援フェアが開催!